カタテマ日記



2005/12/31
俺IN大晦日。
うわーー!!今日はもう大晦日やないか。
一年の終わり。はえーー。
今日渋谷O-WESTにてDJがあったので、急いで京都から東京へ。
O-WESTの客入りは悪かったが最後には年末らしいワイワイとした感じのイベントになったのではないでしょうか。
ニートビーツが終わってカウントダウン。
ホールには時報の音が分刻みでカウントをアナウンス。ドキドキ。l
最後はヤムヤムオレンジというバンドが10カウントをしてくれて、俺は「100本出ます」と書いてあったバズーカ砲のようなクラッカーをぶっ放しました。ドカーン!!こえー。えらいこっちゃ。
風船が天井から200個ぐらい降ってきて、あらまーパラダイス。
そのまま急いで高円寺ライナーに。
タンスジャンプスという色んな人寄せ集めバンドに参加。
これには俺も一曲だけオリジナルソングで参加させてもらっているのでそれをウオリャーと歌い、皆ワイワイと楽しくやる。ライナーは異常なまでの熱気で最高でした。
はー新年やね。
今年も頑張るぜーー。



2005/12/30

俺IN京都。
今日は京都MUSEにてサイクロンズ企画の「探検僕らの町」というイベントに出演。
今日は本当に京都の同窓会というような感じのメンツが集まってワイワイとした楽しいイベント。
凄く時間は押してしまって、トリだった俺らはちょっとバタバタした感はあったが久々の京都のライブをとっても楽しみました。
久々に新京極の広場でボーっとしながらたこ焼きを食べる。
俺がご愛用していたスピンズの一角にあった女物古着屋が無くなってしまっていた。ショボーン。
京都は落ち着くねー。



2005/12/29
俺IN難波。
今日はジャカランタン主催の毎年恒例、年忘れイベント「SUCK the 2005」の日!
まったく今回も凄い演奏を繰り広げるバンドばかりが集っている。
こんなこと言うのはアレだけど、まったくよくこんな面白いバンドばっかり集めれるよなーといつも思う。
これもやはりジャカランタンの滝井さんのほのぼので熱くロックな男心にみんな惹かれているんだろうなぁと。
我々サンプリングサンもそれに答えるべく奮闘。
途中ギターのボリュームノブがポイ〜ンと吹き飛ぶ小ハプニングもあったが、お客さんのテンションもポイ〜ンと吹き飛んでいていい雰囲気。ガッツリいいライブだったぜ!!
今年のサックは食べ物の店舗もめちゃめちゃ充実。
焼き鳥やら豚汁やら日本酒やらピール(サーバーで)やら、挙句の果てにはフレンチトーストまで。
ん〜ッフェスティバル!
俺はハミリーコンプータが持ってきていた日本酒を買おうとして、ここの日記に宣伝することを約束して百円で売ってもらった。このバンドは今日ライブもないのに豚汁とお酒だけを売りに来たというアホぶり。
ハミリーコンプータの出店をこれからもみんな宜しくしてやってねー。





2005/12/28
俺IN京都。
明日の大阪SUCK the 2005に向けて京都に前のり。
あー京都は寒い。東京よりもシンシンと冷える感じがするよ。
ナニゲに発見してしまった京都ホテルの看板にこんな店舗が。
凄くバブリッシュでおしゃれ手帖な雰囲気がムンムン。
先生はギバちゃんあたりか?






2005/12/25
一人で過ごす・・・
写真は昨日撮った吉祥寺駅前の照明。

なぜかバブルな雰囲気に見えるのは俺だけ?






2005/12/24
俺INクリスマス・イヴ。
幼き日の記憶から想像するにクリスマスと聞いても、余り派手なことはしない家だったせいか、そんなにパッとしない印象だ。実家が米穀店というものを経営しているせいか、
「クリスマスなんて異教の風習知るか!それよりも餅作れ!コラ。モチモチ。てめえコラ、喋ってないで手ぇ動かす!」
なんてお家柄だったことがでかいのだろう。正月の方が盛大だった。
しかし実家を離れ幾許の年月を経て、正月のキラメキが次第に影を潜めクリスマスが頭角を現してきた。
なぜだろう。ホワイ?お年玉が無くなったせいか?いや、そんな軟派な。
とにかく今年のクリスマスはおもろかった。おもろかったらええわいもう。
下北沢モザイクというナイス空間にて一人ライブ。
ステージ上はもうハリポッターとなんとかの仲間達(うろ覚え)とかそんな雰囲気ぐらいのファンタジー空間。ツリーがキラキラとか幻想的な照明とか。俺も空間に酔いしれてファンタジーに演奏。
ギターのネックに鈴を装着させるという天才的、ニュータイプ的なアイデアを閃いてしまった俺はそれをすぐさま実行に移す。
これがリズムに合わせて揺れて、しゃんしゃん、なんつってええ塩梅になるんちゃうやろか、うへ、最高。
なんてやってみたら「シリ・・・シリ・・・」としか鳴らず大失敗に終わる。失笑。
ジョン・レノンのクリスマスソングは有名だがポール・マッカートニーのワンダフルクリスマスナイトという曲はそんなにも有名じゃねえな、こりゃと思いそれをカバーしました。いい曲です。
そして深夜オールナイトイベントに。祐一が演奏するユニコーンのコピーバンドにゲストで参加。
Suger Boyだったら歌っても良い、と前々から言っておいたのだが、バンドは完璧にカバーしてきよったのでこりゃ出演せざるを得ない。メイビーブルーまで歌う。あぁなつかし。ユニコーンいいね。青春です。
この日2回もケーキを食べる機会があり、昨日と合わせてこれで4回!まだ家にも頂いた沢山のケーキが残っていたりして、もう俺ガール。ギャルズですよ。スゥィーツまみれ。ああうま。



2005/12/23
俺IN吉祥寺&高円寺。
今日は吉祥寺でカードボードボックスのボーカル近藤邸にてホームパーティ!オーイエー!
なんだかホームパーティっていう語感でもう勝ったも同然っていうか、素晴らしいことが起きそうな響きがいいよね。イエー!って言いながらハイタッチしてしまう感じの。マイケル(J・フォックスの方ね)とかウロウロ出てきちゃう感じの。
プレゼント交換なんてあったり、場内には折り紙のリングをチョコチョコとあつらえてあったりしてなんとも素敵な雰囲気に興奮。さすがクリスマス。やったぜクリスマス。ピースピース。
そしてその後すぐ高円寺クラブライナーでライナーナイトというイベントにてDJを。
今回もガンダムから始まりキラキラポップスをガンガンだ。
ゆる〜い感じがほわほわ漂いながらもライナースタッフ一同アホなことやりつつ面白いイベントでした。
この日だけで二回もホールケーキを食べる機会があってしまった。
いやー嬉しい。カモン!甘物!



2005/12/20
夜のTV番組を音なしで見もしないのに点けておく癖がある。
なぜか興味もない番組とかそんなのどうでもいいのだけど、電力無駄遣いだけど、パチリ。
今日もそうしていたらTV番組では「あいのり」という番組が始まっていた。
人の噂では聞いていたがちゃんと見るのは初めての体験。
世の中には軟派で下世話で欲求丸出しの俗物が沢山氾濫しているものなのだが、あなたこれはもう真骨頂である。日本の血気盛んな男女数名を募り、バスに「ヘーイ!ウヘヘ。」なんて阿呆面下げて乗り込み、世界を駆け巡るという企画。
そこで様々な苦労、仲間意識、疎外感を半ば強制的に与えられ、遠くの親戚より近くの友ってなもんで、皆仲間の誰かに思いを寄せて奮闘している姿を中継するという趣旨の番組とのこと。
見ててもあからさまにおかしい部分が沢山ある。
何かがあったのだろう、若者が地獄の懺悔室にいるような顔持ちで一人孤独で恋に悩んでる姿を、3カメぐらいのアングルでガッツリ撮っていたり、全部台詞は日本語しかも標準語で喋られているのにワザとらしく全部字幕スーパーで丁寧に表示されていたり、世界各国のネイティブ住民達は嫌に親切だし、沢山のイベント事があからさまに事前の会議などで設定されているかのようにスムーズに流れているし。
見ている視聴者としても、誰かが恋をしなくては話にならない、誰かが恋に悩まないと始まらない。ただの馬鹿若者世界各国旅番組で終わってしまう。「何コレ?チョーつまんない」とこれまた下世話な視聴者はなってしまう訳で、若者達はもう恋するのを待たれてしまっているというあまりにもな緊張状態である。
なんという不埒。レベルとしてはエロビデオと変わらないものがゴールデンタイムを侵食している。あぁ日本は終わった。餓鬼道一直線。
俺はこんな嘘ハッ百で練りこまれた事実見せかけ風な性欲番組には絶対に騙されへんで・・・。まったくなんたる醜態!メディア崩壊!なんてふんふん言いながらもチラチラと横目。そして消音で見ていた。
その回は15カ国ぐらいを旅をしてきた男子が、色々告白を無下に蹴ったりしながら、自分を見つめながら、最後は他の一人の男子と一人の女子のことが好きであるというのがバッティングしてしまうという話。
番組的にはクライマックスで、二人の男子は一緒に一人の子に告白する。
んっと・・・ちょっと音出してみよ・・・。ミュート解除・・・と。
そしてその男は結果として負けた。フラレテしまった。
今までのことが走馬灯のように流れていく。長かった旅路。今までなんだったのだろう。しかし今までのそこには嘘はない!なかったのだ!と純粋な彼。
・・・あれ?俺目から水みたいなものが。
そこから彼の旅を通して得た人格、成長振りが垣間見られるシーンへ・・・。
最終的に俺は南極物語タロとジロを見たときぐらい号泣。
ウヘヘ俺軟派。




2005/12/19
何でもない平凡な一日を暮らそうとお仕事にも真剣に取り組み、新宿LOFTに友達のライブを観覧しに行き友情を深め、来年の予定なども精進して練りこみながら、少々のアルコールを含み、徒労の中、丑三つ時にやっと家に帰り、
「あぁ今日も平和な一日やった。日々是努力の成果である。あぁ・・・俺のアディ(12/13の日記から)。」
なんてファンシーな気分で就寝しようとしたところにいつもの事務所のメンバーからの呼び出しが。
「ハロー。何寝ようとしてんねん。早よ来いやれ。ヘイヘーイ。」
もうあからさまに酔っ払いの会合だというのは今までの経緯、テンション、時間などから一目瞭然である。
眠いから行かん。もうあかんでわし。疲れたわ。
なんて言いつつも「よっしゃ、奢ってもらえるかも。」なんて軟派な気分が頭をもたげ、結局行ってしまうダメな人。俺。




2005/12/16
俺IN 「Sampling Party vol.02!!」
今日は俺らのバンドの企画ライブ。そして兄貴分のCOILとの2-マンということで燃えない訳がない。
ゲストのゲ〜マ〜ズはとっても会心のファミコンミュージックを演奏し、周囲のノスタルジック心に火をつけ、COILはこれまた緩くも熱い素晴らしいステージ。いいバンドだよなー。あ、ユニットだよな。
そして俺らの一時間のオンステージ。
ギターがまた少し調子が悪かったのだが、そんなの知らん!
バンドは良いテンションで演奏し、お客さんはみんな素晴らしく緩んだフニャフニャの笑顔をしとった。
それはもう最高の愛とキラキラがブワッと降臨してましたよ。
少々アンコール時間が少なくなってしまったので反省。
そして俺はその後下北沢MONAレコードにてNRBQトリビュートイベントにギターで参加。
こちらは今生でワーストワンにノミネートされること間違いなしの素晴らしくダメダメなステージ。トホホ・・・
これはこれでまぁ経験。うう
なぜか俺はこの二日間食欲というものがさっぱり失せてしまっていて、豆3つしか食べてなかった。
俺のカロリーは今どこから燃焼されているのだろうなんて思いつつも大爆睡。
明日は美味しい物を食べに行こう。
写真はCOILサダさんと俺。



2005/12/15
うおっしゃー明日は
「Sampling Party vol.02ーマン」だ!!!!
皆最高の夜になるぜ!気合入りまくり



2005/12/13
俺IN池上&武蔵小金井
ちょっと見慣れない地名であるが、アルバムの最終マスタリング作業の工程をしにエンジニアさんのところへ行く。そしたらこの人まえまでそんなの居なかったのに猫を飼い始めているではないか!
俺はマスタリング作業はそっちのけで猫と戯れまくる。
猫ジャラシみたいのをペシペシ。
トームトムトム、ニャーゴ。
アメリカンショートヘアという種類の猫らしい。名前はアディとか。
色々用事を済ませつつ、寄りつつ、武蔵小金井に永井ルイさんという人のところへ行く。
この人はソロでもバンドでもプロデューサーでもあり音楽シーンについて熱く語ってくれる面白い人だ。ソロの音楽がこれまたいいのです。
しかしこの池上という土地から武蔵小金井なんていう場所までバイクで環七爆走してたのだけど、この最近の寒さ。もう体全体が痺れまくり。降りてから体が動かんの。もう途中何回か悟りを開きかけました。
あまりにも酷で、やっと・・・着いた!と思って駅名を確認したら「東小金井」という一つ前の駅だったのに愕然としてして、もうやる気がなくなり、一つの区間を電車に乗りました・・・。なんという情けなさ。ショボボボ。
写真はさっき紹介した猫。飼いたすぎる。
       



2005/12/12

よく思うのだが一人暮らしを長く続けている若者達は一体みんな何を食べて生きているのだろうか。
長く続けていて何に行き着くのであろうか。
一人暮らしやり始めの時は、よっしゃー見ておれーなんて気分で実家では出来なかったジャンクフードを白昼堂々モッサリと部屋で食べたり、スナック菓子などボソボソ食べたりして、自虐的パンク行為をして楽しんでいられるのだが、長く続けているとなかなかそうもいかなくなる。
ちょっと栄養とらなワシ死ぬんちゃうやろか?とか、骨カスカスして弱っちい人になったらどないしょ、とか、食べ物ってやっぱ大事よねーとか。まったくもって小市民的コモンセンスが忍び寄ってくるのです。あぁ大人の入り口。さらば青春。俺も思いっきりテレビとか本当は怖い家庭の医学とかをいつも楽しみにして生きる人間に成り下がってしまうのでしょか。
イカン。打開案をとらねば。
よっしゃっとばかりに。
最近の俺の主食は「鍋」だ。主食鍋。
シューショーナンと中国では言うらしい。
ウオーーとドカドカ野菜を木端微塵にして、一人用鍋に投入。誠に簡単。
適当にやっても大丈夫。そして味を適当につければなんとかなる。しかも色々栄養ありそうなのがウヨウヨ。ワラワラ。こりゃええわい。最高ですよもう。早い、簡単、適当、うまい。
素晴らしい。ウヒョ。最高じゃないのは一人で鍋を食べているという現実だけだ。
最近では日本酒、みりんも常備され、カレー味、冬だしシチュー、お好み焼き風(もう鍋ではない)など進化に進化を重ね面白いことになってきている。テキトーにガンガンだ。安いし。
いい事づくし。もう俺健康もお金も新陳代謝も美肌効果もドモホルンリンクルも全部手に入れちゃってるんじゃないでしょか。素晴らしい提案をしてしまいましたよ。そして実行中です。皆さんもやってみてはどうでしょうか。主食鍋。シューショーナンね。これ嘘ですが。
じゃ皆も明るい主食選びを!ジャンボ!



2005/12/09
四人だったサザンハリケーンというバンドが初めて関東で三人編成でライブをやるという。
ので見に行った。
なんというか音楽的にはやはり前居たマコリンというヤツの手腕がでかかったんだろうな〜と思わされるが、なんかとても三人だけの心意気が伝わるいいライブ。
とてもシンプルで歌モノで。そういうバンドのスリーピースってかっちょいいよな。
三人のキャラクターもいいし、こりゃ大丈夫じゃねー?と安心して楽しみました。
ピュー!と吹くジャガーの最新刊を買う。ほのかな幸せ。



2005/12/08
俺IN下北。
クイップマガジンの取材を受ける。
今度二月に出すアルバムの全曲解説なんてやってもうた。
一月に出る雑誌なんで、先取り情報満載の記事になること請け合いというわけだ。
そういえば下北の駅前にどでかい食料品店が出来たね。
あのすぐ近くにあるとても安い八百屋みたいなところがめちゃめちゃあおりをくらいそうで心配である。



2005/12/07

おい!なんじゃこの寒さは。馬鹿もの。いてこますぞ。
と言ってももう12月なわけで。京都ではもう初雪だとか。ひえー。
当然寒さに耐え切れず灯油を購入。
冬はこれやこれや・・・
しかしうちの石油ファンヒーターは年代物で、いつもスイッチを入れると
「ちちちち・・・・・・・・・・ボォッ!」
って火がはいる度に煙が出る。煙て。御客さん。漫画か。
「もうアカンて・・・。点けんといて・・・。」
とでも言ってるかのようにボォッ!しゅしゅしゅ・・・
今日もしゅしゅしゅ・・・
すまんが俺も寒い。頑張ってくれー。
全然関係ないけど俺の好きな「バイオハザード」の新しいのが出たとか。
やりたいな。



2005/12/04
俺IN名古屋。
今日は第3世代コンピ発売イベントイン・ナゴヤ!
いつもお世話になる名古屋クラブロックンロールだ。おっしゃここいいもんね。
ナゴヤのバンドさんも入り混じり御客さんも沢山!
今日の第3世代連中、エレキベース、ガールハントは凄くいいライブをしたと思う。本当に。
なんだろうね。何かが起こったのかな?ガールハントのBASS担当クリックは神が降りてきたって言ってたけど。神ーー!ほえー。クリックがそんなん言うなんて珍しい。
そしてこの日トリだった俺らもフル回転。というかなんか滅茶苦茶楽しかった。
妙に自然にいいライブが出来た。
素晴らしい瞬間だったね。ナゴヤの皆さんも最高にキラキラ。
あーバンドやっててよかった。この瞬間ってばサイコー。
打ち上げは近所の昭和食堂という所で宴。味噌串カツうめー。
帰りはガールハントチームと車で東京へぶっ飛ばす。
しかし凄く疲れてたせいかみんなが盛り上がってるのに俺だけ爆睡してもうた。


2005/12/03
俺IN心斎橋。
オールナイト明けの朝に行き場のない俺をジャカランタン滝井さんが泊めてくれました。
この人は凄く立派な一軒家に住んでるものだからすげー快適。
滝井さんサンキュー!昨日のジャカも最高でしたぜ!
今日は心斎橋HMVにてインストアイベント。
俺と祐一二人だけのインストア用ユニットで行いました。
「あぁ見上げれば狂騒の夜空に」のアコースティックバージョンと「烏丸通り」という今度のアルバムに収録されるアコースティックナンバーの二曲を演奏。あとはペラペーラ。平井堅についてペラペーラ。
途中祐一がとんでもなく間違えるので俺はプリプリしたがまぁなんとかなったか・・・な・・・?。イカン!練習不足!
そしてその後、ガールハントチームと一緒の車で京都に。
オォ我が愛すべき京都の街よ!
かつて俺らが主催していたSUNSHINE!!というイベントでMC担当していてくれたMC:土竜という男の結婚二次会パーティで演奏。
この日はそれこそ土竜のための選曲で、サンプリングサンでいう初期ナンバーでお祝いの意味も込めて演奏。
MC土竜の男っぷりに俺はちょっと感動してしまい、ステージ上で泣いてもうた。ううう。
お祝いに来てくれた人たちも凄く大勢でみんな気さくな人たちで、みんな土竜、新婦さんを愛して祝って。
あいつは凄い。そして幸せを掴んだのでしょう。
俺は凄くない。だから幸せを掴めないのでしょう。
あぁ精進せねば。
あいつみたいにカッコよくなろう。


2005/12/02

俺IN梅田。
今日は梅田rain dogsにて第3世代コンピ発売記念ライブイン・オーサカ!!
このライブハウスは本当に変わってて、ライブハウスに入るまでに庭が敷地内にあってそこでゆっくり出来るという造り。
出入り自由だし。音に疲れたら庭にてダラリン。ナイス。
今回はこのイベント俺仕切りだったのだけど、18時から始まって朝まで続くイベントを出来るのはここしかない!と思い即決定。
そして関西からのバンド、東京からのバンド入り混じって本当に楽しい感じのイベントになったのではないでしょうか?みんないいライブをしてくれた。
俺らも最高に楽しくて凄くいいライブになった。御客さんがかわいくてしょうがなかったよ。みんなキラキラです。
庭でもバンドマンが露店を出し、御客さんも自由にゆったりガヤガヤとしてて、その光景たるやマイケル・J・フォックスがいるようなアメリカンパーティのよう。
オーイエー。イカスぜー。
音楽最高ー
写真は庭の深夜パーティ風景。