2004/5/22

表紙 着物で踊る 玉すだれ劇場版 上演作品
オフィス・マリカ表紙 外人業界 オフィス・マリカ外国人
だんだんお写真増えていきますので、気長に見守っていて下さい。


横浜
振付は、ミチヒサさんです。
ルイジ風で、よかったと思います。
今、こんなレースのレオタードで踊ってくれるダンサーすくないかもね。
ソロはアルベルトさんですが、好きですよ、この人の踊っている時の顔。
バック・ダンサーは、日本人、カナダ人、ブラジル人の6名です。
信じられないですよね、ちゃんとバック・ダンサーの振付も、経験5年以上の人が練習5回しないと覚えきれないくらいのものだったなんて。
横浜

ロケは富士山でした。この日の富士山は、夏なのに、すごーく寒くて(いつも寒いのかな)、ダンサーはこんな衣裳でほんとうにかわいそうでした。
レオタードは着ていても、着ていないくらい冷えるので、撮影の合間には、コートを着て、テントの中でじっとしていてもらいました。
足先を写していないのは、わけがありまして、昔、日本軍が錬兵場として使用していた、広い土地で、ぬかるみがひどいぐちゃぐちゃな場所なのです。
それで、本番用の白いハイヒールを汚したくないので、それをはくのは、直前にして、あとは、ブーツとか、どた靴だったからなのです。

エレナとは、この仕事が初仕事でした。
6名のうちの唯一のロシア・ダンサーとして参加したのですが、今の日本は、東欧ダンサーしかいない。
紹介して下さったのは、同じくロシア人で、NHKのロシア語ラジオ放送の人でした。
アメリカ人ダンサーが当日のロケの集合現場に時間に来なかったので、その朝、電話して、ロケバスで横浜まで迎えに行き、そのまま撮影現場へ直行しました。

いい笑顔ですね。
オーストラリアから来て、日本の一番いい時に業界ダンサーをしたと思います。
コカコーラや、ピザラのCMをはじめ、ベルファーレやヒルトン・ホテル、その他、ありとあらゆる場で、金髪、ロング毛、白人、長身を生かして、もっとも成功したダンサーだったと思います。
性格もすごくよくて、なにか、お話ししていて、日本人みたいでした。
撮影のたびに会うのが楽しみでした。
 

日本テレビ「天声慎吾」
なつかしいですね、この人。
コカコーラのコマーシャルとか、ベルファーレに出ていた人です。
マリリン・モンローのそっくりショーなんか、この人がいなくなってから、できなくなりました。
結婚してスウェーデンへ行ってしまったのですよね。
日本テレビ「天声慎吾」


● BackIndexNext



Office Marika
162-0066 東京都新宿区市谷台町14-6 信川ビル207
 

info@japandanceart.comお便りはこちらまで