毛沢東選集 第一巻

北京 外文出版社

(1968年 初版を電子化)


     本選集の出版について

 本題集には、中国革命の各時糊における毛沢東同志の重要な著作がおさめられている。数年前、各地方ではいくつかのちがった版の『毛沢東選集』を出版したか、いずれも著者の検閲をうけていず、体裁もかなりまちまちで、字句にもあやまりがあり、さらに一部の重要な著作もおさめられていなかった。現在のこの選集は、中国共産党成立ののち経過したそれぞれの歴史的時期にしたがい、また、著作の年月順にしたがって編集されたものである。この選集には、各地方でこれまでに出版された選集にはふくまれていなかった重要著作をできるだけあつめた。この選集におさめた著作は、すべて著者の校閲をへており、そのうち、一部のところには著者が字句のうえで多少の修正をくわえ、また、いくつかの文章については内容上多少の補足と改正をくわえている。
 つぎに、出版実務上のいくつかの点についてのべる。
 第一に、こんど出版されるこの選集は、まだ完全なものとはいえない。国民党反動派が革命文献をいん滅したために、また長いあいだの戦争のなかで革命文献が散逸したために、毛沢東同志の全著作、とくに毛沢東同志が書いた多くの書簡や電報(これらは毛沢東同志の著作のなかで大きな部分をしめている)は、いまでもまださがしだせないでいる。
 第二に、これまでずいぶん読まれた一部の著作、たとえば『農村調査』は、著者の意見にしたがって、ここにはおさめていないし、また、『経済問題と財政問題』も、著者の意見にしたがって、そのなかの第一章(すなわち「過去の活動についての基本的総括」)をおさめただけである。
 第三に、この選集には多少の注釈をくわえた。その一部分は解題的なもので、本文の標題のあとにおいた。他の部分は、政治的性質のものと技術的性質のもので、これは本文の末尾においた。
 第四に、この選集には二種類の装丁本がある。その一つは、各時期の著作を合冊にした一巻本であり、他は四巻本である。四巻本の第一巻には第一次国内革命戦争の時期と第二次国内革命戦争の時期の著作がおさめられ、第二巻と第三巻には抗日戦争の時期の著作がおさめられ、第四巻には第三次国内革命戦争の時期の著作がおさめちれている。

中国共産党中央委員会毛沢東選集出版委員会  
一九五一年八月二十五日


     電子版凡例(原版の凡例相当部分を適宜変更)

一 本訳書は北京人民出版社一九六四年九月出版の『毛沢東選集』第一巻から第四巻までの完訳である。各論文の解題と注釈もこの版から訳出したものである。
一 注釈は底注と訳注にわかれ、原注は漢数字を〔 〕でかこみ(電子版は漢数字ではなく、半角数字を〔 〕で囲んでいる)、各論文の末尾においた。訳注は訳者がくわえたもので、算用数字を○(電子版では機種依存文字である@などで表現)でかこみ、原注のあとにおいた。
一 度量衡、通貨、行政区画については、一部をのぞいてすべて原文のままの単位を用い、訳注を付した。
一 読み仮名は、《 》で囲まれた範囲で示される。
一 第二水準で表現できない漢字は、基本的に[片+旁]で表現した。それ以外の表現も、適宜[ ]内で記した。
一 本電子版はMS IMEを用いて作成された。
一 傍点のある部分は斜字とし、電子版でも太字の部分は太字で示した。
一 原文では旧字体などで表現されていても、電子版で表現できないなどの理由により新字体で表現しているところがある。例えば、蒋介石は原文では旧字体だが、電子版では新字体である。


目次


参考サイトへのリンク