前へ  目次へ  次へ


何百何千万の大衆を抗日民族統一戦線へ参加させるためにたたかおう

          (一九三七年九月七日)

 同志諸君! わたしの報告――『抗日の時期における中国共産党の任務』にたいして、この数日間にわたる討議で、ごく少数の同志がちがった意見をだしたほかは、みなすでに賛意を表明した。かれらのちがった意見は、かなり重要性をもっているので、わたしの結語ではまずこれらの意見を検討し、そのうえで、ほかのいくつかの問題にふれよう。

     平和の問題

 わが党が国内の平和のためのたたかいをはじめてから、ほぼ二年の月日がたった。国民党中央執行委員会第三回全体会議のあとで、われわれは、平和はすでにかちとった、「平和をかちとる」段階はすでにすぎた、新しい任務は「平和をかためる」ことである、というとともに、これは「民主をかちとる」こととつながっている――民主をかちとることによって平和をかためるのだ、と指摘した。ところが、われわれのこうした意見は、何人かの同志にいわせるとなりたたないことになる。かれらの結論は、どうしても反対のものになるか、あるいは両者のあいだを動揺するものになるのである。なぜなら、かれらは、「日本は後退した〔1〕、南京《ナンチン》はいっそう動揺してきた、民族的矛盾が低下し、国内的矛盾が上昇した」といっているからである。このような評価にしたがえば、もちろん新しい段階とか、新しい任務とかいうものはなくなり、状況はもとの段階にかえったか、あるいはそれよりも悪いことになる。わたしは、このような意見はまちがっているとおもう。
 われわれは、平和をかちとったとはいっているが、それは平和がかためられたといっているのではなく、逆に、平和はかためられていないといっているのである。平和が実現することと平和がかためられることとは別問題である。歴史が一時的に逆もどりすることはありうるし、平和には曲折もありうる。その原因は、日本帝国主義と民族裏切り者、親日派がいることである。しかし、西安《シーアン》事変ののち、平和が実現したことは事実であり、この状況は多方面(日本がとっている進攻という基本方針、ソ連と英米仏諸国の平和への支持、中国人民の圧力、西安事変における中国共産党の平和の方針と二つの政権の敵対を停止させる政策、ブルジョア階級の分化、国民党の分化など)からつくりだされたものであって、蒋介石がひとりで決定したり、くつがえしたりすることのできるものではない。平和をくつがえそうとするには、多方面の勢力とたたかわなければならないし、また日本帝国主義や親日派に近づいていかなければ、なしとげられるものではない。日本帝国主義や親日派が中国に内戦をつづけさせようといまなおたくらんでいることは、いうまでもない。平和がかためられていないのは、まさにこのためである。こうした状況のもとでのわれわれの結論は、「内戦をやめよう」とか「平和をかちとろう」とかいった古いスローガンにもどるのではなくて、一歩前進して、「民主をかちとろう」という新しいスローガンをかかげることである。そうしなければ、平和をかためることもできないし、また抗戦を実現することもできない。なぜ、「平和をかためよう」「民主をかちとろう」「抗戦を実現しよう」という三位一体のスローガンをかかげるのか。それは、われわれの革命の車輪を一歩前進させるためであり、また状況がすでにわれわれに一歩前進をゆるしているからである。もし、新しい段階と新しい任務を否定し、国民党が「転換しはじめた」ことを否定し、しかも、その論理的結論として、平和をかちとるためにたたかってきた各派勢力のこの一年半の努力のすべての成果をも否定せざるをえないとしたら、それは、一歩の前進もなく、自分をもとの位置にとどまらせているにすぎない。
 これらの同志は、なぜこのような適切でない評価をくだすのか。その原因は、かれらが時局を観察するばあいに根本的な点から出発しないで、多くの局部的な、また一時的な現象(佐藤外交、蘇州《スーチョウ》裁判〔2〕、ストライキ強圧、東北軍の東部への移動〔3〕、楊虎城《ヤンホーチョン》の外遊〔4〕など)から出発するからであり、それで暗い画面がえがきだされるのである。われわれは、国民党がすでに転換しはじめたといったが、同時に、国民党は敵底的に転換してはいないともいう。われわれおよび人民の新しいより多くの、またより大きな努力なしに、国民党の十年にわたる反動政策を、徹底的に転換させることは考えられないことである。みずからを「左」翼だと豪語している多くの人は、平素から国民党をひどくののしり、西安事変では、蒋を殺し、「潼関《トンコヮン》からうって出よ」〔5〕と主張しておりながら、平和が実現したばかりのときに蘇州裁判などの事件がおこると、おどろいたような口ぶりで、「なぜ蒋介石はまたこんなことをやったんだ」といっている。これらの人びとは、共産党員も蒋介石も仙人ではなく、また孤立した個人でもなくて、一つの政党、一つの階級のなかにいる人間だということを知らなければならない。共産党は革命を一歩一歩前進させる能力をもってはいるが、全国の悪事を、一朝のうちにきれいに取りのぞいてしまうような能力はもっていない。蒋介石や国民党はすでに転換しはじめているが、全国人民のさらに大きな努力がなければ、けっして一朝のうちに、かれらの十年間のよごれをきれいに洗いさられるものではない。われわれは、運動の方向が平和、民主、抗戦にむかっている、といっているが、努力もしないで内戦、独裁、無抵抗というこれまでの毒素を一掃できるといっているのではない。これまでの毒素、よごれ、革命の進展過程でのなんらかの曲折やおこりうる逆もどりを克服することができるのは、たたかいと努力だけであって、しかも長期にわたるたたかいと努力を必要とするのである。
 「かれらはひたすらわれわれを破壊しようとしている」。そのとおりである。かれらはいつもわれわれを破壊しようとたくらんでおり、わたしはこのような評価の正しさを完全にみとめる。この点を評価しないなら、眠っているのとおなじである。だが、問題は、破壊の仕方に変化があったかどうかにある。わたしは変化があったとおもう。戦争と虐殺の政策から改良と欺瞞の政策に変わり、強硬な政策から柔軟な政策に変わり、軍事的政策から政治的政策に変わったのである。なぜこのような変化があったのか。それは、日本帝国主義を前にして、われわれが同盟軍をブルジョア階級にもとめるのとおなじように、ブルジョア階級と国民党も一時的に同盟軍をプロレタリア階級にもとめざるをえなくなったからである。問題をみるには、この点から出発しなければならない。国際関係において、フランス政府がソ連敵視からソ連との連合に変わった〔6〕のも、これとおなじ理由である。圏内におけるわれわれの任務もまた、軍事的なものから政治的なものに変わったのである。われわれは陰謀や詭計《きけい》を必要としない。われわれの目的は、ブルジョア階級と国民党内の抗日に共鳴するすべての人びとを結集して、ともに日本帝国主義をうちやぶることにある。


前へ  目次へ  次へ