前へ  目次へ  次へ


   第二次国内革命戦争の時期



中国の赤色政権はなぜ存在することができるのか

(一九二八年十月五日)

     一 国内の政治情勢

 現在の国民党新軍閥の支配は、依然として都市の買弁階級と農村の豪紳階級の支配であって、対外的には帝国主義に投降し、対内的には新車閥が旧軍閥にとってかわり、労農階級にたいする経済的搾取と政治的抑圧は、まえよりもいっそうひどくなっている。広東省からはじまったブルジョア民主主義革命は、中途で買弁・一家紬階級に指導権をさらわれて、たちまち反革命の方向にむけられてしまい、全国の労・農・平民からブルジョア階級〔1〕までが、依然として反革命の支配下におかれており、政治的にも経済的にも、少しも解放されていない。
 国民党新軍閥の蒋《チァン》、桂《コイ》、馮《フォン》、閻《イェン》の四派〔2〕は、北京《ペイチン》、天津《ティエンチン》を攻めおとすまでは、張作霖〔3〕に対抗して一時的に結束していた。北京、天津を攻めおとしてしまうと、この結束はたちまちくずれて、局面は四派の内部のはげしい闘争に変わり、しかも蒋派と桂派とのあいだには戦争がはらまれている。中国内部の軍閥各派の矛盾と闘争は、帝国主義諸国の矛盾と闘争を反映している。したがって、帝国主義諸国が中国を分割している状態が存在するかぎり、軍閥各派はどうしても妥協できるものではなく、どのような妥協も一時的なものである。今日の一時的な妥協は、明日のもっと大きな戦争をはらんでいる。
 中国はブルジョア民主主義革命をさしせまって必要としているが、この革命をなしとげるにはプロレタリア階級が指導しなければならない。広東省からはじまり、長江にむかって発展した一九二六年から一九二七年にかけての革命は、プロレタリア階級が自己の指導権を断固として行使しなかったために、指導権を買弁・豪紳階級にうばいとちれ、反革命が革命にとってかわった。ブルジョア民主主義革命はこうして一時的失敗をなめた。中国のプロレタリア階級と農民は、この失敗で、大きな打撃をうけ、中国のブルジョア階級(買弁・豪紳階級でない)もまた打撃をうけた。だが、最近数ヵ月のあいだに、共産党に指導された労農階級による組織的な都市のストライキと農村の暴動は、南北各地で発展している。軍閥の軍隊の内部では兵士たちのあいだに、飢えと寒さから大きな不安がうまれている。他方、ブルジョア階級も汪精衛《ワンチンウェイ》、陳公博《チェンコンポー》一派にあおられて、沿海および長江流域の各地にかなり大きな改良主義運動〔4〕を発展させている。この運動の発展は新しい事実である。
 中国の民主主義革命の内容は、コミンテルンおよび党中央の指示によると、帝国主義およびその手先である軍閥の中国での支配をくつがえし、民族革命を達成することと、土地革命を実行し、農民にたいする豪紳階級の封建的搾取をなくすことである。このような革命の実際の運動は、一九二八年五月の済南《チーナン》虐殺事件〔5〕以後、日一日と発展している。


前へ  目次へ  次へ