ハヤテのごとく!REVOLUTION

 

MENU

カウンター
 
 


 
レンタルDVDを特典映像付きでダビング

DVD Decrypteer
DVD Shrink Ver3.2以降

・DVD Decrypteer
DVDドライブにDVD VideoをセットしてDVD Decrypterを
 起動します。


 1. ドライブが認識されたら、メニューから 「Mode」→
   「File F」を選択します。

   File Modeに切り替わり、右側のウインドウにDVD
   Video内のFileが表示されます。
   
   最低限必要なファイルしか選択(色が反転)
   されていません。

  ※TOOL→Settingsの設定により、最初から全FILEが
   選択される場合もあります。

2.メニューから「Edit」→「Select All」を選択し、全ての
   ファイルを選択します。特典映像やオープニング画面
   等のファイルも取り込む事になりますが、削除したけ
   れば後から削除できますので、リッピングの際は全て
   のファイルを取り込みましょう。リッピング時間も
   それほど変りません。

 3.Destinationのフォルダアイコンをクリックして保存先
   フォルダを指定し、保存を選択します。

 4.左下のボタンを選択してリッピングを開始します

  正常にリッピングが終了すると
  <Operation Successfully completed!>
  のメッセージと、リッピングされたFile数<Copied>が
  表示されます。OKをクリックして終了します。


  リッピングに失敗したファイルがある場合は<Skipped>に
  失敗したファイルが表示されますので、再度リッピングし
  直します。 
  
  
・DVD Shrink Ver3.2以降
空のDVDメディアをDVDドライブにセットし、
  DVD shrink 3.2を起動します。

 1.フルディスクが選択されていることを確認し、
 2.ファイルを開くを選択します。

 上記DVD DecrypterでPCにリッピングした
 ファイルが入っているフォルダを選択します。

 3.音声と字幕を選択します。不要な音声/字幕は
  チェックを外します。

  洋画の吹き替えが不要な場合は日本語音声を
  外すなどして、できるだけ音声を削除したほうが、
  画質が上がります。

  音声/字幕の設定は画面左上に表示されるメニュー、
  メインムービー、特典の項目各々にありますので
  それぞれ、確認して選択して下さい。

  左の例では、全ての音声/字幕を選択して残して
  います。
  
4.上部の緑のバーを確認し、4480MB以下である事を
  確認して下さい。4482MBを超えると4,7GBのメディアに
  書き込みできなくなりますので注意して下さい。

5.「バックアップ!」ボタンを選択します。

 今回の方法では、ハードディスクにイメージファイルを
 作成して自動的にライティングする方法を紹介します。

  6.「出力先デバイスの選択」タブのプルダウンメニュー
    から「ISOイメージファイルを作成しDVD Decrypterで
    書き込む」を選択します。

 7.「出力するイメージファイルの選択」でISOイメージ
   ファイルの作成場所を選択、このときにイメージファイル
   の名称を入力します。
 
   例では、Eドライブのハードディスクに「DVD
   KOWAZA.ISO」の名称で作成しています。
 
8.次にDVDリージョンのタブを選択します。
  ここでは、作成するDVDのリージョンを指定します。
  
  「リージョンフリー」にチェックを入れておくと、どの国の
  プレイヤーでも再生可能なリージョンフリーのDVDに
  なります。

   リージョンフリーにしない場合は「2」を選択します。
   (2を選択しないと、日本国内のDVDプレイヤーで
    再生できなくなります。)

 9.「書き込み設定」のタブを選択して、
  作成するDVDのボリュームラベルを入力します。

  ボリュームラベルは任意の名称でかまいませんが
  半角英数大文字しか使えませんので注意して下さい。


10.「OK」を押すと圧縮処理が開始されます



注意事項

・ハヤテのごとくの著作権は関係者様に帰属します。
・サーバーに負担がかかる直リン等はやめてください
・マナーを守ってご利用下さい。
Copyright © Your site. All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア