『ガダラの豚』との相違 

 

   『ガダラの豚』(中島らも著)とTRICKは酷似している。作品の発表は『ガダラの豚』が1993年で先ではあるが、それ以前に、蒔田氏や

  堤監督の頭の中に構想があったのかもしれない。もしかしたら、TRICK製作サイドは『ガダラの豚』を知らないのかもしれないし、 インス

  パイアされたのかもしれない。ここではその相違点と共通点を挙げる。

 

                   共通点

                           ・ 教授がマジシャンを引き連れ、インチキ教団を暴く

                           ・ ワン・アヘッド・システムが出てくる

                           空中浮遊が出てきて、そのトリックは機械などの仕掛けによるもの

                           ・ 千里眼の回で、大木凡人が教えていた数字当てのトリックが出てくる

                    (『ガダラの豚』では“1”が「では」、“2”が「それでは」、“3”が「すぐ」、“4”が「いますぐ」)

                           ・ 何故か突然、教団幹部との格闘シーンになる(『ガダラの豚』では少林寺拳法)

                           ・マネージャー(「母の泉」の津村、『ガダラの豚』の福田)が、教祖(「母の泉」の霧島澄子『ガダラの豚』の心玉尊師)

               と同等以上の役割を持っている

   

 

               相違点(ある意味で類似点) 

 

         TRICK

        ガダラの豚

  上田にあたる人物の職業

         物理学者 

               民族学者

      〃          著書

     「どんと来い、超常現象」

       「呪術パワー・念で殺す」

  奈緒子にあたる人物の名前

             山田奈緒子

         ミスター・ミラクル

  教団に行く目的(救出対象)

    教団に心酔した学長の娘

     教団に心酔した自分の妻

         マジシャンの信念

「全ての奇跡は奇術で説明できる」

「超能力が存在しないとは言わないが、トリックで説明できない現象は古今東西一つもない」

    

   教授がマジシャンを連れ、インチキ教団に立ち向かう」、そして、「ミラクル」という言葉がTRICKファンの心を掴んで離さない。さら

  には、『ガダラの豚』のある一節に、「多くの場合、不幸は知ることによってもたらされる」とある。これは、「母の泉」「お告げ者」や「千

  里眼」「老人ホーム」の重く、そしてダークなエンディングに共通するものと言えるであろう。

 

   私としてはTRICKのネタ元が『ガダラの豚』であろうが、そうでなかろうか一切関係ないが、とにかく『ガダラの豚』を読んでもらいたい

  のである。何よりTRICKファンであるなら、『ガダラの豚』は非常にスムーズに読む事ができる。文庫本では3冊から成っており、そのう

  ち1冊目でTRICK編は終りという形で、1時間もかからない。1冊目だけでも機会があれば、是非一度目を通してみてはいかがだろうか?

 

 

 

                   TRICK雑談へ                                              TOPへ