月の光 フォーレ 1分18秒









 CLAIR DE LUNE/G.U.Faure
   月の光    作 曲 G.U.フォーレ


 あなたの心にひそむ 私の知らない風景には
 にぎやかな踊りの仮面舞踏会と 漂うリュートの調べ
 そうした陽気な姿のうちに 悲しみの影が差す
 
 もの悲しい調子で歌われるのは 
 恋の勝利と人生の歌
 幸せを信じてはいないあなたの声が
 差し込む月の光に溶けてゆく

 月の光はいつも悲しく美しい
 枝に止まり夢を求める小鳥を照らし
 大理石の像より高く吹き上げる噴水を
 すすり泣かせては降り注ぐ
                   ポール・ヴェルレーヌ








 「月の光」は、1887年フォーレが42歳の時に作られ、フォーレの
 代表的歌曲のひとつといわれています。
 彼はヴェルレーヌの詩に多数の曲を書きましたが、初めて曲をつけ
 たのがこの詩です。

 透明感があり、やや不思議なメロディと不安定なリズムが魅力で
 しょう。1拍目が休符になっている伴奏型(アルペジオ)なので、
 よほど注意しないとすぐにリズムが崩れてしまいます。
 歌いだし部分は変拍子のようなリズムに聴こえましたが、楽譜を
 見たら4分の3拍子のメヌエット(踊りの曲)でした。
 小品ながらも高度で、なんともつかみどころのない不思議な曲で
 す。が、ファンタジーに溢れています。

 初めてこの曲を聴いたときは、真冬のシンシンとした夜空に浮かぶ
 月を連想しました。
 (ドビュッシーの「月の光」は夏から秋、ベートーヴェンの「月光」は
 早春、または晩秋という感じがしてます。注:勝手な思い込み)

 フォーレには「夢のあとに」「シシリエンヌ」のような濃厚なものや、
 かわいらしく聴きやすい組曲「ドリー」などもありますが、この曲の
 ように淡白でありながら豊かな表情を暗示させるところがフォーレ
 らしいような・・気がします。

 ◆G.U.フォーレ(1845−1924)

 フランス生まれ。サン=サーンスの弟子として20世紀近代音楽の
 前段階である純音楽を発展させた。
 パリ音楽院でも指導し、ラヴェルは彼の門下生。
 宗教曲、室内楽、ピアノ曲の作品は傑作が多数残されている。
 また、フランス歌曲の基礎を築いた功労者としても有名。


 ◆ポール・ヴェルレーヌ(1844−1896)

 フランスの詩人。酒、女性、男色(詩人ランボーと同棲)、放蕩無頼、
 晩年の牢獄・・の生涯の中にも恋愛、結婚、回心等の幸福な時期が
 点在した生涯を送った。
 美しいフランス語で愛や悔恨の気持ちを歌った珠玉の作品を残す。
 日本でも上田 敏や堀口大学の名訳で早くから紹介されていた。


名曲スケッチ表紙GO HOME

MIDI:
仙姑宮