威風堂々 エルガー 3分21秒

Pomp and Circuma stance,
Op.39 No.1 in D major
Military Marches



E . E L G A R



行進曲 威風堂々 作品39 第1番 ニ長調
作 曲 E・エルガー


エルガーの軍隊行進曲『威風堂々』は全部で5曲あります。
5曲中、一番人気のあるこの第1番は1901年に作曲され、同年の10
月にリヴァプールで初演されました。その数日後のロンドン初演では、熱
狂した聴衆のために合計3回も演奏させられたそうです。

また、時の英国国王エドワード7世はエルガーに、「君は、いずれ世界中
に知れ渡る”ふし”を作曲したね」という御言葉を賜ったという有名な逸話
が残っています。国王が絶賛したのはトリオ(中間部)の美しいメロディの
ことで、さらに国王はこれに歌詞をつけるよう勧めました。

エルガーはこの言葉に応えてエドワード7世の『戴冠式領歌(作品44)』
の第7曲終曲にA.C.ベンソンの詩をつけて『希望と栄光の国』として、
この旋律を使いました。この『希望と栄光の国』はのちに独立した歌曲に
編曲され、イギリスの第2の国歌として愛唱されているそうです。

イギリス人はよくシェークスピアから言葉を引用しますが、この曲の原題
『Pomp and Circum−stance』もシェイクスピアの『オセロ』第3幕
オセロのセリフ『Pomp and Cir-cumstance of gloriouswar
(輝かしい戦いの盛儀盛宴)』からとられているそうです。

ミリタリー・マーチの開始に相応しい勇壮な序奏から一気に気分を高揚
させてくれ、その後もグイグイ引っ張られますね。
そして悠々と登場するトリオの威厳、風格は、まさに王者、勝者をイメー
ジさせる黄金のメロディといえましょう。

 
エドワード・エルガ−(1857−1934)                

イギリス中西部ののどかな農業地帯、ブロードヒースの田舎家に生まれた。
旅回りのピアノ調律師でのちに楽器店の経営者となったエルガーの父親は、
カトリック教会のオルガニストも務める多芸多才の音楽家だった。

エルガーは15歳で学校教育を終了し、音楽家になりたいという願いを持ち
ながらも弁護士事務所で一年過ごし、その後は近所でヴァイオリンやピアノ
を教え、父の後を継いでカトリック教会のオルガニストなども経験した。

120マイル離れたロンドンにも出かけ、積極的に進歩的な作曲家の音楽を
聴いた。それはベルリオーズ、シューマン、ワーグナー、ブラームス等で、エルガ
ーの作風に影響を与えるようになった。また、愛妻家としても有名で、89年
に結婚してから特に名曲を生み出していった。

◆主な作品
管弦楽/エニグマ変奏曲、行進曲『威風堂々』、
愛の挨拶、序曲『コケイン』
交響曲/第1番 変イ長調、第2番 変ホ長調
声楽曲/ゲロンティアスの夢、十二使途
弦 楽/序奏とアレグロ



名曲スケッチ表紙GO HOME


MIDI:GENERALPAUSE