横浜・関内の水墨画・書道教室、駅に近く通いやすい教室

硯 講師紹介

 満柏満柏(マンバイ)先生
 水墨画コース・書道コースを担当します。
 日中水墨協会カルチャー教室代表。
 満柏(マンバイ)先生。1965年、中国の遼寧省に生まれる。祖父、母親は中国の著名な画家なので、幼少の時から絵の手ほどきを受けました。中国の美術大学を卒業後。1988年、来日。日本の大学では日本の文化思想などを広く勉強しました。1996年から1999年まで、横浜市林光寺の天井画と障壁画を手掛け、1996年中国水墨画で「日本の自然を描く」展を開催以来、個展グループ展多数。水墨画・書の傍ら、美学芸術論を研究。独自の美学論芸術論を唱えています。

●日中水墨協会会長 ●中国水墨芸術家連盟常務理事 ●全日中展審査員 ●東京中国書画院常務理事 ●日本華僑華人文学芸術家連合会理事 ●「水墨之友」編集委員 ●美術大学非常勤講師。
ここをクリック すると満先生の描いた林光寺の天井画が見られます。
満先生の書1満先生の書2満先生の水墨画満先生のクロッキー習作(2015)


公開講座のご案内

(終了)
poster
「気韻生動」は水墨画のモットーであり、水墨画の優劣を判断する基準でもある。一般に「気韻生動」は作品の気品と精神性として論じられますが、それだけでは科学的に解明できない。満柏先生ははじめて水墨画の作り方から解説を試みます。
2013年5月18日14時30分~、「「気韻生動」とは何か」?の公開講座を開催します。
場所:東京大学附属病院 第一研究棟一楼会議室 参加無料。定員70人なのでお申し込みは早めに。
詳細は ここをクリック「気韻生動」とは何か?new.pdfをクリック。

お申込み

お申込みの方はメニューの「お問合せ」ページから送信してください。
メールの方は下記メールアドレスに送信してください。
ncs.culture@gmail.com
ここをクリックするとメールソフトから送信されます。
又は電話でもお問い合わせください。
☎045-664-3789