ホーム たより 近況 リンク 目次 掲示板 入塾案内 メール お知らせ

 まなび舎の概要


◆開設  

◆所在地

◆生徒  



◆講師  
  


平成4年9月長野県松本市埋橋にて始めました。後に現在地に移設。

長野県松本市旭 1-6-34

保育園児から3児を持つ主婦までさまざま。昨年度は高校受験16人、大学受験生5人と受験 生中心で したが、今年は分散しています。障害を持つ方や学校になじめない方も来てくれてい ます。


すべて専門の講師が授業します。学生やアルバイトの講師はいません。 (文系科目をみれるかたを募集中です。どなたでも、というわけにはいきませんが、興味のある方はとり あえず当サイトのアンケートメールを下さい)。
◆授業    
   基本的には2〜5人のクラスに入っていただき、学校の予復習を中心とした授業を受けて いただきます。流れとしては、小テスト→予復習→演習→その日の確認(→宿題)となります。小テストでは現在学習中の内容にとらわれず、それまでの重要項目の確認が中心と なります。

 ◇受験生は、それまでの重要項目の確認と演習に比重を置きます。2学期は定期テスト対策、3学期 は受験対策となります。

◇ハンデを持った方に対しては、それぞれ状況が違いますし目標も変わってきますので個々にカリキュラムを作成します。1対1にするかクラスに入ってもらうかは状況を見て相談させていただきます。基本的には、養護学校教諭を経てまなびやの講師となった者が見させていただきます。

◇不登校の方もそれぞれ状況が違いますので、個々にカリキュラムを作成します。学校とは違い、まなびやではなじめる場合も多くありますので、こちらの判断でクラスに入っていただく事もあります。
◆方針   生徒数を少なくすることで、個々の事情に合わせたカリキュラムを組むようにしています。生徒 の在籍期間が長く(小学校の時から大学受験までとか)、先を考えた授業を心がけています。
◆行事   春の山菜採り、夏のキャンプ、秋のキノコ採り、3月の受験お疲れさま会・小旅行は欠かさず実施してき ました。他に化石採集、クリスマス会、スポーツなどを行っています

目次へ戻る

まなびやへのメールはこちら