mamimumekan




第30回 能面展  詳細写真は「会員の広場」にあります


1
020日から3日間開催した第30回能面作品展が予定通り終わりました。

気まぐれな超大型台風21号が日本を直撃しました。初日、2日目も秋雨に見まわれました。それでも昨年と変わらない、むしろそれを上回る多くの方々が会場に足を運んで頂きました。それは台風21号が関西を直撃するらしいという予報と衆議院選挙日の前に会場を覗いて見ようという方が多かったのか、会場は賑わいました。最終日は台風接近と言う事でしたが、多くの方々にご来場頂きました。しかしさすがに3時を過ぎるとご来場者は少なく、雨もつよくなりはじめたので、閉会時間を1時間繰り上げ4時に会場を閉めさせていただきました。

30回と言う節目の展示会は天候に恵まれませんでしたが、それでも沢山の方々にご来場いただきありがとうございました。

今年も初めて能面を身近に見たという方もおられましたが、年々専門的な質問を頂く方が増え我々も大変勉強になりました。

30回続いた作品展です。これ以上続けられるかどうか不安はありますが、来年も第31回目の作品展を開催する方向で歩み始めました。

平成301019日、20日、21日の3日間同じ場所の会場で開催すべく会場の予約をしました。

足元の悪い中展示会場に足を運んで頂いた方々には重ねて御礼もうしあげ、又来年もお元気な皆様方と会場でお目にかかれますよう、そして皆様に30年続けて来たという成果がうかがえる様な作品展になる様に励んでまいります。


               平成29年10月25日

                       万美夢面館  会長 北島 忠



       背景写真 「沖縄石垣島の朝焼けの雲」 撮影 北島忠 


黒川能・鐘巻道成寺(面は万次郎作・近江女)

能面と言う仮面の美に魅せられて、能発祥の地奈良で丸尾万次郎先生に師事して13年、自分で納得できる面の完成を目指しています。この間完成した面は30面ありますが、まだ納得どころか能面らしい面すら出来ていません。

腕は上がらないが見る目だけ肥えるので、悩みは深くなるばかり。

教室は丸尾先生の性格をそのまま反映し、地味で「粗」であり「野」にあるが、「卑」ではなく、能面の本質に近づきたいと高い理想を持って励んでいる集団です。
                                        
                          万美夢面館会長・北島忠