(PR)   パリ旅行情報            海外格安情報のAgoda
エアーリンク 海外格安航空券の「空丸」 JTBの海外ホテルなら 空室検索・予約が24時間オンライン!

地球とヒトにやさしいエコ商品−&eco−  ホームページ制作・個人事業開業支援コンサルティング アンドストーリー

ソネバフシリゾート&スパにいってきました (2003.10)

みなさーーーん、いっちゃいましたよ。あのソネバフシ!!!しかもモルディブライフ最後のリゾートということで贅沢にも2泊。まさに夢のような休日を過ごす事が出来ました。

「一度はいってみたいリゾート」「モルディブ最高級リゾート」というと必ず名の挙がるここソネバフシ。水上飛行機に乗る前からここは違います。専用の豪華ラウンジで飛行機をまちます。そのラウンジでは小さな個室で希望に応じてちょっとしたマッサージなんかも受けられるのです。他の専用ラウンジとは異なり、ベッドくらいのサイズのソファーの上でゲストは横になったりして思い思いのスタイルで寛げるのです。そこはもう「ソネバフシ--」ってかんじでしたね。

さて、北にいくこと35分、眼下にあらわれた大きな島。密林に覆われているローカルの島かと思いきや島の先端になんとソネバマークのヘリポートがあったりして、なにやら期待がふくらみます。

さて、到着のときから別世界。別にそこがゴージャスな訳では決してありません。自然との調和を大切にしたシンプルな施設なんだけど、島が大きいせいか(?)、すべてが空間を充分につかって本当に開放感があふれています。ゲスト専属のゲストリレーションスタッフがつき、何か質問があれば彼の携帯にいつでも連絡できます。ちょっとしたわがままも笑顔で対応してくれ、そのホスピタリティ精神はモルディブではみられないものでした。

ソネバフシヴィラスイート

さりげないベンチ

部屋内装

セレブな半屋外のバス
ソネバフシはソネバギリと同様、島内が広いので、自転車で移動します。マイチャリです。青空そして自然いっぱいの中を自転車でさっそうと走ると、気分は軽井沢。ちょっとリッチなマダムでしたよ。子供をおんぶ紐でくくりつけてチャリンコを楽しみました。

ソネバフシのお部屋は旅行会社泣かせでカテゴリーがたくさんあります。たった65室なのにその種類なんと9つ。すべてビーチに沿っているのですが、2階建てのお部屋から、横に広いお部屋など決めるのが困ってしまうでしょう。私たちは今回ソネバフシヴィラスイートというベッドルームにリビングのついた非常にすてきなお部屋に滞在させてもらいましたが、個人的にこのスイートが一番ゆったりとして使いやすいと思います。まー二階建てのヴィラも気になるところですけどね。
お部屋の内装は写真でもよくみるように白い壁と木を貴重としたシンプルなもの。家具も重厚なものが使われ、それに小物がひとつひとつしゃれています。ごみ箱1つとってもお部屋に調和するような素材で、もう私はほんとノックアウト!ってかんじでした。特筆すべきはお風呂の広さかな。半屋外なのですが、バスタブに入ればあなたもセレブ!!間違いありません。



さて、数多くのリゾートでスパを満喫しいろいろとお伝えしてきましたが、ここ「シックスセンススパ」は別格でした・・・。
建物自体ですが、「スパのための空間」というのがとっても計算されていて、とにかくスパの敷地に一歩入ると、日常生活と切り離され、とたんに開放感を感じます。ただ豪華なわけではなく、広々とシンプルに設計されているので、窮屈さなど無縁なのです。そしてスタッフの対応。私がとても感心したのがモルディブ人の受付スタッフ。モルディブ人であれほどの笑顔でやさしく品良く対応できる女性をみたことがありませんでした(失礼!)。またセラピストの方もタイ・インドネシア・スウェーデン等と実にインターナショナルなのですが、スキルの高さはもちろん、「ただマッサージやっています」ではなく、お客とコミュニケーションをとりつつ施術してくれるので、ほんと安心して体をまかせられました。
すばらしい!と心から感嘆しました。


スパマッサージルーム(屋外もあります)

プライベートバーベキュー
お食事もまた別格。リゾートの広い敷地を使って有機野菜・果物を栽培しているので野菜・果物が豊富です。素材もまたよいので、何をたべてもよいし、スタッフのプロフェッショナルな対応も心地よいです。タイからスカウトされたというおばちゃんシェフ(失礼!)の作るタイのおかゆ&麺は最高です。
レストランは朝食&夕食は同じ、ランチは別のところなのですが、開放感あるつくりで、のんびりできます。特にランチは天気が許す限り屋外で食べるのですが、程よく木陰が作られているので、暑い!っていうことはありませんでした。
ここで、私たちは最後のモルディブリゾートということで、最後の夜はプライベートバーベキューにしていただきました。自分たちのヴィラのお庭に専属シェフとスタッフがきて、こんなのたべきられませーーん!とたまげるほどの魚介&肉をもってきてやいてくれるのです。サラダや副菜も用意されボリューム万点。それらを夜特別にたかれたたいまつのもと、海辺に設定されたテーブルで食べるのです。こんな贅沢、いいのかしら・・・、とさらにセレブ気分上昇。ソネバフシにいかれたら、是非一度やってもらいたい贅沢です。




まだまだ語り尽くせないソネバフシ。ソネバフシはお店も又別格です。
私が感激したのは私の大好きなスリランカの雑貨「BAREFOOT]の直営店があったことです。ヒルトンやフォーシーズンでも商品は買えるのですが、直営店はやはり品揃えも違うし、独特の色使いのディスプレイとかみているだけで楽しいです。カラフルなバック・ランチョンマットやかわいいぬいぐるみは絶対におすすめですよ。


レストラン外観

移動は自転車
とにかくおすすめしてしまったソネバフシです。私も絶対に「もどってきたい」と思うリゾートです。最後にこんなにもすばらしい休日をすごせて、私のモルディブライフも恵まれたものだったなーと改めて思いました。旦那様ありがとうございました。

前のネタへ  

トップページに戻る