(PR)   パリ旅行情報            海外格安情報のAgoda
エアーリンク 海外格安航空券の「空丸」 JTBの海外ホテルなら 空室検索・予約が24時間オンライン!

地球とヒトにやさしいエコ商品−&eco−  ホームページ制作・個人事業開業支援コンサルティング アンドストーリー

ミリヒ・アイランドリゾートにいってきました

2002年12月にリニューアルオープンしたばかりの話題のリゾート、ミリヒにいってきました。小さい島ながらセンスのよいインテリアでまとまったお部屋やレストラン等の施設にすっかり感動してしまいました。
一応(失礼!)高級リゾートの類にはいるのかしら、イメージはミニチュア版某Hトンリゾート。ただ、制服が似ているってだけかもしれませんが・・・。


お部屋は水上コテージがメインのようです。私たちも水上コテージに泊まったのですが、こだわりのインテリアでとても快適でした。エスプレッソマシンがお部屋に備え付けられていて、マニュアルがわかりずらく手間取りましたが、おいしいエスプレッソをテラスで飲めてとても優雅なひとときを楽しめました。バスタブがないのが子連れ派にはちょっと残念ですが、シャワールームの扉をあけると海が一望でき、とっても開放感があります。

ミリヒリゾートで私一番のお薦めは「水上コテージからの」シュノーケリング。一般的に水上コテージは砂地につくられているので、いくらバルコニーから海にいけても概してシュノーケリングは「いけてない」ので、本格的にしたいならビーチのほうにいかなくてはならず、実はシュノーケラー派には水上コテージはあまりむかないんです。ところが、このミリヒ、水上コテージからドロップオフまですぐで、お手軽にシュノーケリングを楽しめるんです。(注:水上コテージの場所によって差がありますのでご注意を) 
水コテ希望でシュノーケラーなら、ミリヒをおすすめですね。

水上コテージ外観

素敵なインテリア
壁の絵はなぜかアバンギャルド
な感じ
さて、気になるお食事ですが、もちろん大満足。新鮮な野菜たっぷりだし、アイスクリームもあるし、かなりレベルが高いです。お天気によってディナーはテラスのほうに席を用意してくれたりするようです。残念ながら水上レストランのほうにはいけませんでしたが、そちらでもさらにハイグレードなお料理が楽しめるようです。

ここはどこの施設もサンドカーペット。ずっと裸足で歩いてもとても心地よいです。ただしベビーカーが使えないので、小さいお子様連れのお父さんお母さんは体力勝負です。

前のネタへ  次のネタへ

トップページに戻る