(PR)   パリ旅行情報            海外格安情報のAgoda
エアーリンク 海外格安航空券の「空丸」 JTBの海外ホテルなら 空室検索・予約が24時間オンライン!

地球とヒトにやさしいエコ商品−&eco−  ホームページ制作・個人事業開業支援コンサルティング アンドストーリー

困ったチャンたち

どの国にも困ったチャンはいるのですが、モルディブ代表的な困ったチャンをここでご紹介しましょう。

@ コンダネッタちゃん
なぜかわかりませんが、この国間違い電話が非常に多いのです。家の電話なり携帯電話なりしょっちゅうかかってきます。この際にまずいってくるのが「コンダネッタ?」。直訳すると「あんた誰?」っていうことで、「もしもし」でも「**さん?」でもなく突然かけてきて「あんた誰?」とくるのです。いつも受けるたびに「ユー、コンダネッタ?(あんたこそ誰?」と言い返すのですが、そうするとディベヒでぺらぺら話してくるかガチャンときるかどっちかです。ディベヒ語と英語で「ディベヒわかりません」と言ってもなぜかディベヒ語で話してくるので、こっちも一方的にきってしまうこともあります。そして共通するのが絶対に「ソーリー」といわないこと。今までに一件だけ丁寧に謝ってきたときは、こちらも恐縮してしまったくらいです。
たいていは電話番号の押し間違いみたいで、なんかそそっかしいんでしょうかね・・。

A 夜はこれからちゃん
「○○切りパーティー」の欄でもご紹介しましたが、とにかく夜中まで大音量でパーティーをしても近所迷惑と言う言葉はありません。それこそ夜9時くらいから12時、1時まで、ほんと中にいる人は全員次の日耳が聞こえなくなるのでは、と心配してしまうほどの音量なのです。こちらはそれこそ眠れません。1時くらいをすぎるとさすがに警察が介入してやめるようですが、迷惑千万です。ある日寝不足が続いた私はおもわず怒りに震え、あと20分つづいていれば警察に電話をするところでした。それから音量といえば、工事。マーレは建築ラッシュがまだつづいているので、あちらこちらで工事をしているのですが、夜10時の今でさえガーガー機械の音がうるさく、あるとき夜中の3時にチュイーーーンというドリルの音が隣から聞こえてきたときはあきれるというかそんな時間まで働く彼らにおもわず拍手したくなりました。


昨年10月オープン予定だったレストラン
まだできません・・・

おじさん、ごめんね
B on the way ちゃん
モルディブ人と待ち合わせをすると、まず待たされます。15分たってもこなかったりして携帯に電話すると、ほぼ必ず「on the way (今向かっているから)」といわれ、それから30分はきません。マーレって小さい島で一番遠くても車で20分くらいなのに・・・。

C いつでもTomorrowちゃん
とにかくいつも口では「今やるから」「明日いくから」「今日中にメール送るから」と気前のいいことをいわれてもまずそのとおりにはなりません。
一番あきれたのが、ケーブルテレビの番組表が入荷されたか聞くと「明日くるから」といわれ、あくる日行けば「明日の午後にくるから」、あくる日念のため電話すると「空港に届いているので今日の夜になるから明日きてくれ」、あくる日電話すると「明日になりそうだ・・・」、結局届いたのはそれから10日後で、その月の20日をすぎていて、なんのための番組表なのか???ってかんじでした。
「明日くる」といわれてもまずは電話で確認をしてから行動をすることをおすすめします。

・・・代表的な困ったチャンを紹介しましたが、みんながみんなこうではありませんのでご了承くださいね。

前のネタへ  次のネタへ

トップページに戻る