(PR)   パリ旅行情報            海外格安情報のAgoda
エアーリンク 海外格安航空券の「空丸」 JTBの海外ホテルなら 空室検索・予約が24時間オンライン!

地球とヒトにやさしいエコ商品−&eco−  ホームページ制作・個人事業開業支援コンサルティング アンドストーリー

日本ばんざい!


日本での公園デビュー

児童館・子供パワー炸裂
生まれてから4ヶ月・・。はじめて祖国日本に帰国しました。
初めての飛行機で10時間の旅をどう乗り越えるかかなり不安でしたが、搭乗早々おもちゃと紙おむつがはいったエアスリランカ特製バックをもらい、母親の私のほうがなんかわくわくしちゃったりしているうちに、夜フライトであるためすぐにベビーベッドでねてくれました。良い子でした。

さて、子連れママになって初めての日本だったのでいろいろ発見&感激をし、改めて日本の素晴らしさを実感しました。

まずはなんといってもバリアフリーな道路。道路はぼこぼこしていないしし(注:モルディブと比較してなのですが・・)、ほとんどの段差にはスロープがついているし、駅もとくに私鉄の駅にはエスカレータやエレベータが完備されているので、ベビーカーでの移動も思ったよりスムーズにいけました。もちろんそれに甘えてはいけませんが、「そこのけそこのけ、この子がとおる」状態で、どこにいってもやさしく道を譲ってくれたりエレベータではボタンを押してくれたり。そして電車の中では席を譲ってもらったり、日本人ってやさしい!ってあらためて人の温かさにふれました。(モルディブ人もやさしいけどね)

それからどこにでもある授乳室又はオムツ変えコーナー。ロマンスカーの中のトイレにさえオムツ変えベッドがあるときには、「小田急バラーバル!(モルディブ語:最高)」と叫びたくなりました。デパートや大型スーパーではオムツ変えベッドから給水タンク、そしてカーテン等でしきられた授乳スペースまで整備されており、思わず各デパートの授乳室めぐりしたくなるほどでした。(時間があれば是非やってみたい)
私が行った中で最高は池袋西武かな。ベッドが15台近く並んでいて、なんかすごかった。もっとすごいところでは離乳食用のベビーチェアまであるところもあるらしいですね。ちゃんと「オムツ専用ごみばこ」もあって堂々とポイできるし。当たり前のように清潔だし。日本ってすごーーーいを連発でした。
そしてそして赤ちゃん用品の品揃えったら、あらまーーー。某赤ちゃん用品専門店にいったら、あまりの品揃えの豊富さ、まさに「かゆいところに手が届く商品」にめまいがしてしまいました。しかも安い。モルディブも赤ちゃん用品は結構ありますが、品揃えはないし、いいものは高く、安いものは悪く、なんとも難しいのです。

あー、あとベビーフードのおいしそうなこと。白身魚のクリーム煮、私が食べたい!ってかんじですよ。日本は日本食ならではのおいしそうなメニューなものがフリーズドライされているのに対して、こちらもBFはほとんど瓶詰めで野菜や果物のうらごしものがほとんどなんですよね。

日本に住んでいると当たり前とおもっているものが、一旦外に出てみたらとても新鮮で感激する、というよくある体験でした。日本ってすごいんですよ。

龍兵冬仕様

前のネタへ  次のネタへ

トップページに戻る