Windows 2000 Tips for CF-B5

マウスカーソルが汚い

画面のプロパティからハードウェアアクセラレータを最大から一つ下げます。

なお,カラーカーソル,アニメーションカーソル,影付きを選択している場合は最大でもきれいに表示できます。

Panasonic提供のWindows2000アップグレードツールキット付属のビデオドライバでは修正されています。

キーコードを変更する

この方法は レジストリ を操作します。また,再起動を必要とし,再起動直後から有効になるため,場合によってはパスワードその他の入力ができず,最悪起動しなくなります。その点注意しながら行ってください。

  1. まずは,CF-B5のキーボードのスキャンコードをダウンロードしてください。それ以外のキーボードを使用している方は,各自でスキャンコードを調べてください。
    CF-B5のスキャンコードのダウンロード
  2. [スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]で
    REGEDIT.EXE
    を入力し,レジストリエディタを起動します。
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Keyboard Layout を開き,右側のウィンドウで右クリックし,[新規作成]→[バイナリ]でScancode Mapを作成し,データを入力します。
  4. 1段目は00,00,00,00,00,00,00,00とします。
  5. 2段目の左4つは,置き換えるキーの数+1を指定します。たとえば,3つのキーを置き換えるなら,04,00,00,00,となり,12個のキーを置き換えるなら,0d,00,00,0016進数で入力します。
  6. 2段目の右4つから実際にキーを置き換えるスキャンコードを指定していきますが,記述には,次のような規則があります。 たとえば,スキャンコード E05Dh の[Applications]キーを スキャンコード E047h の[HOME]キーに変更する場合,
    47,e0,5d,e0
    と記述します。記述しやすいように,ダウンロードしたスキャンコード表は,上位バイトと下位バイトを入れ替えてあります。
  7. 最後に00,00,00,00の4つの00で終端を表します。忘れずに記述してください。
  8. レジストリエディタを終了して再起動すれば,設定が有効になっています。
設定例と,記述例

[HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Keyboard Layout¥Scancode Map]の中身は,次のようになります。

  1. 00,00,00,00,00,00,00,00
  2. 05,00,00,00,00,00,5b,e0
  3. 47,e0,70,00,4f,e0,5d,e0
  4. 00,00,3a,00,00,00,00,00

この方法はレジストリを操作しています。不用意に書き換えると,文字が入力できなくなり,ログオンすることさえできなくなります。特に,ログオン時にCTRL+ALT+DELETEを必要とする場合,これらのキーの書き換えにより,これ以上先に進まなくなることもあります。書き換えは各自責任を持って行ってください。

なお,Windows2000 Resource KitのRemap Windows Keyboard Layoutでは同様のことをGUI上で行ってます。


まここのページ
makoto.1974@nifty.com