直線上に配置


蛤 の 草 紙
直線上に配置


天竺摩詞陀国の片隅に、しじらと申す人あり。世にすぐれて貧しき人にておはしけり。父には早く離れ、母親一人もち給ひけるが、其頃天竺ことのほか飢饉広がりて、人疲れて死する事限りなし。しじら、母を養ひかねて、萬の営みをして母を過さんために、天に仰ぎ地にふして、営めども、さらにその甲斐なかりけり。こゝに思ひいだしたる事ありとて、海辺に出でゝ釣をして、魚をとりて母を過さんとて、浦へ出でゝ小舟に乗り、沖中へ漕ぎいだし、釣を垂れ給へり。色々の魚を釣りて、毎日母を養ひけり。されば、しじらは、これをうれしき事に思ひけるが、或時又浦へ出でゝ釣を垂れ給ひしが、其日もはや暮方になりけれども、魚一つも釣り得ざりし。しじら、心に思ふやう、此程数多の殺生をして、母を養ひたる報いにや、さらに魚釣られざりけるとて、しじら、心に思ふやう、いかにや母の我を待ちかねさせ給ふらん、今まで物を参らずして、さぞ御心疲れ給はんとて、釣する心も疎かになりて、母の事をのみ案じ居たりしが、釣竿も心のありけるにや、すは魚こそかゝりたるらめと思ひ、静かに釣り上げて見ければ、美しき蛤一つ釣り上げたり。しじら、心に思ひけるは、是はいかなることやらん、何の役にたつべきとて、海へ投げ入れたり。さて、こゝには魚なきとて、西の海へ舟漕ぎて行き、釣垂れしかば、又以前の、南の海にて釣り上げたりし蛤也。しじら、心に思ふ様、あらあら不思議のことやとて、又とりはなして海へ投げ入れたり。それよりまた、北の海へ漕ぎ行きて、釣を垂れし所に、又西の海にて釣り上げし蛤あがりけり。その時、しじら思ふやう、「これは希代不思議のこと也。一度ならず二度ならず、三度まで釣り上げたり。たゞ仮初ながらも、三世の契りを得たる物かな」とて、此度は取り上げて舟のうちへ投げ入れて、また釣を垂れければ、かの蛤、俄に大きになりけり。あら不思議のことやとて、しじら取りて、海へ入れんとする所に、この蛤の中よりも、金色の光三筋さしけり。これはいかなる事ぞやとて、目を驚かし肝を消し、恐れをなして遠ざかりける。この蛤貝、二つに開き、その中より、容顔美麗なる女房の、年の齢十七八ばかりなるが出でたり。 

しじら、これを見て、潮を掬い手水を使ひつゝ申しけるは、「これほどいつくしき女房の、姿を見れば春の花、顔かたちを見れば秋の月、両手十の指までも、瑠璃を延べたる如くなる女房の、海より上らせ給ふ事の不思議さよ。もしも龍女などと申す人にておはしまし候か。この賤しい男の舟に上り給ふ事、冥加もなき事なり。すぐ御すみかへ帰り給へ」と申す。その時女房仰せけるは、「われは来たる方も知らず、又行方も知らずさぶらへば、そなたの家へつれて御行き候へ。互の営みをしてうき世をわたらん」と宣へば、しじら、申すやう、「あら恐ろしや、思ひも寄らぬ事なり。われははや四十になり候へども、いまだ女房ももたず候。その、いはれは、六十に余りたる母を一人もち候へば、もしわれ女房をもち候はゞ、心も疎かになりて、母を無沙汰に扱ひ申さん事もや候はんと思ひ、母の意向に背くと存じ候へば、妻をもつ事思ひも寄らぬ事や」とて、とんでもない事と聞えければ、此女房仰せけるは、「情なき人かな。物の成行きをよく聞き給へ。袖のふり合せも他生の縁と聞くぞかし。たとへは鳥類などだにも、縁有る枝に羽をやすめるぞかし。ましてや、これまでそなたを頼み参らせて、此舟に近づきし甲斐もなく、帰れと仰せ候ことのあさましさよ」とて、まことに思ひ入りたる気色にて、涙にむせび給へば、しじら、これを見てつらつら思ふやう、さらばせめて陸へおろさんとて、急ぎ舟を漕ぎ、みぎはに着きて舟より急ぎおろし参らせて申しけるは、「われは、こゝまで届け申すことにて候。さらば御暇申さん」とて帰らんとしければ、此女房袖にすがり歎かせ給ふやう、「せめてそなたの家まで御つれ候へ。一夜を明かさせて賜び給へ。明けなばいづかたへも足に任せて行き候はん」と宣ひけり。しじら、申されけるは、「われが家と申すは、たゞ世の常の家にてもなく、まことに賤しの男の寝屋の有様、目もあてられざる所なれば、置き奉らん所さらになく候。常の座敷に置き参らせん事は、冥加もなき事にて候へば、家をつくり参らせて置き奉らん。御待ち候へ」と申せば、女房宣ひけるは、「いかなる金銀、瑠璃、しやこ、瑪瑙をもってつくりたる家なりとも、よそへはさらに参りたくもなし。そなたのすみかへならば、行き候はん」と宣へば、「さらば少し御待ち候へ。先づわれ家に行きて、母に伺ひ申して御迎ひに参り候はん」とて、しじらは、すみかに帰りて、母に此由申しければ、母斜めならず喜び給ひて、「急ぎ座敷を清め、こなたへ迎へ申さん」と宣ひければ、しじら、喜びて、急ぎ海のほとりへ御迎ひにぞ参りける。此女房待ちかね給ひてわたりける、道のほとりにて行きあひ奉りける。しじら、申しけるは、「御はだしにては御足痛く候はん程に、この賤しき賤の男がうしろに、負はれ給へ」と申せば、喜び給ひて負はれさせ給ひけり。さてわが家へ行き着きおろしければ、やがて母出であひ見奉りて、あら冥加もなや、これぞ天人と申す人なりとて、わが居る所にはいかゞとて、俄に棚を構へ、われより高く据ゑ奉りて、大切にし給ふ事限りなし。 

その時、しじらが母の申すやう、「冥加もなき申し事にて候へども、など、しじらが妻にならせ給ふ人にておはしまし候はずや。しじら、もはや四十になり参らせ候が、いまだ妻ももたず、子の一人も候はぬこそ、明け暮れさびしく参らせ候ひつれ。わが身ははや六十にあまり明日をも知らぬ身の、この事をのみ案じさぶらふ。あはれあはれ、似合はしき妻がほしいものよ」とて歎きければ、女房仰せけるやうは、「われはこれ来りし方も知らず、もとより行方も知らぬ身なれば、いかやうにも、しじらと置かせ給へ。われ人知らぬ営みをもして、諸共にうき世をわたり候はん」と宣ひければ、母斜めならず喜び給ひて、さらばといひて、しじらに、この由言ひければ、もとより親孝行の人なれば、「ともかくも母の御はからひ」と御返事申されければ、天竺も人の好奇心の甚だしき所なれば、皆々人申しけるは、「しじらの所にこそ、不思議の降り人わたり侯。いざや参り拝まん」とて、道俗男女に至るまで、洗米を包みなどして参りけり。さる程に白米三石六斗、一日のうちに寄りたり。その時参りたる女房に女人が宣ひけるは、「われは定かなる者なれば、麻と申す物あらばくれよ」と仰せければ、その次の日は、麻を持ちて参りけり。しじら心にめでたき事のありて、前の日より参らせ候米にて、母を過し候はん事の嬉しさよとて喜びけり。また此女房は、麻を用意してひそかに仕事し給ふ程に、いつ績ませ給ふとは見えねども、おびたたしく績ませ給ひけり。さる程に紡錘といふ物ほしき由宣へば、しじら、やがて尋ね求めて参らせけり。この麻を紡ぎ給ひし音こそ面白く聞えけれ。よくよく聞きて文字に移してみれば、押しやる時には南無常住仏と響き、引き入れて撚る時には、南無常住法と響き、巻き給ふ時は、阿縟多羅三藐三菩提と巻き納め給ふ。又てがいと申す物を取り給ふ時は、南無妙と響き、紡がせ給ひける程に、二十五か月と申すに紡ぎ出し給ひて、「さて機の道具ほしき」と仰せければ、さらばとて拵へみんとするを、御覧じて宣ひけるは、「世の常の機の道具にては悪く候。われが機の道具は、常のとは変り候」とて、手本を出し給へば、御好みのやうに拵へて参らせければ、この女房喜び給ひて、「一人では巻き立て出来ず」と宜ひけるところに、神通力を示現する者が、すぐ心得させ給ひ、広修智方便の教へなれば、いかでか恵かるべきぞや、一度も見ぬ人二人来りて、一夜の宿を借り給ふ。この機を共に織り給へり。

是を始めとして、しじらの母不思議の事かなとて、いよいよあがめさせ給ふこと限りなし。しじらは「この機設けて、母の慰まれ候事のうれしきよ。いつよりも心やすく過ぎゆかれ、又営みの仕事をし、この頃は辛労とも覚えず。是程天竺の飢饉が甚だしけれども、我々は心やすく候事こそうれしけれ」とて、母の御足をわが額の上に置きて、寝させ参らせけり。その時しじらが側に寝させ給ひたる女房、しじらに尋ね給ふやうは、「何とて泣き給ひ候ぞ」と仰せければ、「若き時御太り候ころは、御足を額に寝させ申すに、重くおはしまし候ひしが、はや御年もより給へば、次第に身も細らせ給ひて、ことの外に軽く候程に、泣くよりほかの事はなく候」と語り給へば、女房聞き給ひて宣ふやう、「誠にうらやましの、しじらの心や。いかなる仏の御恵みもなどかあらざらん。か程に親孝行の人は、世に珍らしき事や」とて、やがて物語をぞし給ひける。「たとへば越の鳥は南の枝に巣をかくるが、親のはぐくみを思ひ、巣を追いたてられて、諸共に飛び立つ時、四鳥の別れとて、母子の別れを知らぬ妄執の雲に隔たれども、親孝行の鳥は、生れたる木の枝に百日が間、日に一度づゝ来りて羽をやすむるを、母の鳥、さてはこれこそ我子よとて喜びける」とて、すぐに、しじらを慰め給ひける。「孝行の鳥の奇特は、何とか捕らぼやとて網をかけぬれども、捕られまじきなり。ことに鷹鷲などにも捕られまじきなり。まして人間と生をうけて、親に従はぬ人、この世にては禍をうけ、七つの災難や過ちに遭ひて、その身思ふ事かなひ難し。親孝行の人には、天より福を与へ、七難即滅七福即生とて、何事も思ふ事の、その日のうちにかなひ、衆人に愛され敬うありて、おのづから今生にては上求菩提の道にゆきて、安穏快楽の気をうけ、九品蓮台の座をさして東方薬師の浄土、西方阿弥陀の浄土にて、諸仏の上の浄土にもとづき、おのづから神通力を示現する身となりて、あの観音を念ずればと唱へさせん事、疑ひなし」と語り給ひける。その息のにはひは、この世のものでなき香薫じて、漫々と満ち満ちて、夜昼のさかひもなく漂う。

いざ機を織らんとて、しじらに宣ひけるは、「此家は幅狭くて織られまじく候。側に機屋を造りて賜び給へ」と宣へば、しじら急ぎ丸太をとりて、機屋を造りて参らせけり。その時、女房仰せけるは、「かまへて、この機織り見ん程、こゝへ人を入れまじき」と仰せければ、しじら、「心得候」とて、母にこの由語りけり。その夕碁に、若き女一人いづくよりとも知らず来りて、宿を借り給ふ。しじらの女房、やがてこの機屋を貸しけり。しじらの母仰せけるは、「この機屋へ人を入れまじきと仰せ候が、何とて宿を御貸し候や」と仰せければ、「この人は苦しからぬ」とて、二人して機を織り給ふ音こそ珍らしけれ。

妙法蓮華経、観世音菩薩、普門品第二十五の菩薩が玉の御機を織り給ふ。まことに法華経の一の巻より八の巻に至るまで、二十八品ことごとく織り入れ給ふ御声、耳に聞えてありがたく、夜昼のさかひも知らずして、十二日の間に織り出し給ひて、女房仰せけるは、「今織り出し候」とて、碁盤の如くに、厚さ六寸ばかり、広さ二尺四方にたたみ給ひて、しじらに仰せけるは、「明日摩詞陀国、鹿野苑の市に持ちて行き御売り候へ」と宣ひければ、しじら「代はいか程と申し候はん」。「金銭三千貫に御売り候へ」と仰せければ、「あら不思議や、近頃売り買ひ候布は、世の常安く候が、是はあまりに値高く候」とて、笑いそげに申しければ、女房仰せけるは、「只世の常の布にて候はず。われわれが織る布は、定めて鹿野苑の市にて、見分ける人も有るべし。代は限るべからず候。はやはや市へ人も立つらん、行き給へ」と仰せければ、しじら持ちて行き、鹿野苑の市にて、「是はいかなる物にて候」とて笑ひ、又は不審さうに見る人も有り。一日持ちてまはれども、誰にても取りて見る人だにもなし。しじら、心に思ふやう、さればこそわからぬ事をして、かゝる物を市へ出し、人の笑ひ草になる事の無念さよとて、持ちて帰らんとする所に、途中にて年の齢六十に余りたる老人の、鬢髯いかにも白く、その身は人にすぐれ、葦毛の馬に乗り、供の人三十三人有るに行き会ひたり。この馬に乗り給ひたる老人仰せけるは、「汝はいづくの者ぞ」と問はせ給へば、「われはしじらと申す者にて候が、鹿野苑へ布を売りにまかりて候が、買主なくして持ちて帰り候」と申す。「汝は聞き及びたる者也。その布見ん」と宣ひ候程に、馬の上へさし上げたり。三十三人の人々、此布をひろげければ、長さ三十三尋也。「近頃珍らしき布かな。われ買はん、代はいか程」と仰せければ、「金銭三千貫に売り候はん」と申しければ、「あら、安の布や」とて、「さらば、われわれが所へ」とて、しじらも誘ひ給うて、それより南の方へさして行く。高簷漫々として、雲に聳えて門あり。見れば瑪瑙の礎に、水晶の珠を柱とし、瑠璃の垂木、硨磲や瑪瑙にて上葺し、中々目を驚かすばかりなり。門のうちへ入りて見れば、異香薫じて花降り、音楽の声天に満ち満ちて、心も若く齢も久しくある心地して、帰らんことを忘れたり。此馬に乗り給ふ老人、縁の際迄乗りつけて下りさせ給ひ、うちへ入りて、金銭三千貫、三人して持ちて出でたり。あら、かゝる力の強き人も有るやと、しじら恐ろしく思ひけり。さて、「今の布売を、こなたへ呼べ」とて座敷に呼び上げ給ふ。しじら足ふるひて、心も乱れ、身の置き所もなく思ひ居る。余りに呼び給ふ程に、階を上り大床に上る、心はさながら薄氷をふむが如くにて上りけり。さて老人宣ふは、「その七徳保寿の酒、飲ませよ」と宣へば、もとより、しじら上戸にて、一杯飲みてみれば、中々甘露の味はひ満ち満ちて、言ひやうもなき酒なり。いか程も飲むべけれども、老人仰せけるは「七杯より多く飲むべからず」との仰せなれば、七杯飲ませけり。

さて金銭三千貫をば、是より送り候はんとて、恐ろしげなる人、三人呼び出されけり。名をば、声聞身得度者、毘沙門身得度者、婆羅門身得度者と申す。此三人に仰せつけさせ給ひて、三千貫の金銭を、たゞ一度に、しじらが宿へ来りければ、その時しじら「御暇申さん」といひければ、老人仰せけるは、「今飲みたる七徳保寿の酒は、観音の浄土にある酒也。一杯飲めば一千年の齢を保つなり。ましてや汝は、七杯飲む間、七千年の齢あるべし。此後は物を食はずともほしくも有るまじき、物を着ずとも寒く有るまじきなり。これぞ親孝行のしるしよ」とて、御立ちましまして、雲の上に乗りて行き給へば、五色の光さして、南の天に上り給ふと思へば、しじら我宿へ帰るなり。

女房にかくと語らんとしければ、その時の有様を言はぬさきに、少しも違はず女房語り姶へば、しじら、心に思ふやう、恐ろしの事や、これは神通を悟る化身ぞやと思ふ所に、この女房仰せけるは、「さらば、われわれは御暇申し候はん」と宣へば、母聞きて、「情けなき御ことかな。この程は思ひのはかなる人を迎へ参らせて、しじら共にうれしく思ひ参らせ、何にたとへん方も候はぬに、かやうに仰せ候事、あら情なや」とて、天に仰ぎ地にふして、欺き給ふ事は限りなし。 

女房仰せけるは、「かやうに永々しく居候はんずる事ならば、いかなる事をもかせぎ出し候うて、後の形見にも見せ参らせ、又過ぎにし方の事をも御忘れ候やうにと、思ひ候へども、われが仕事は、この布織り出し候うて、金銭三千貫に売り参らせ候うておき候事も、特別なる事と思ぼし召すまじく候。これにて一生を御過ぎ候はんなり。これ、ひとへに、しじら親孝行なる効験なり。南方補陀落世界の観音の浄土より、御使として参り候。今は何をか包むべき、われは童男童女身といふ、観音に仕へ奉るものなり。布売りにおはせし所は、南方の補陀落世界の観音の浄土なり。これより後は七千年の齢なり、これは七徳保寿の酒七杯飲み給ふ故なり。此後はいよいよ富貴繁昌にて、仏神三宝の加護有るべし。かの酒参り候とき、三人出でゝ酌取り候ひしこそ、我々と肩をならべ観音に仕へたる人にて候。名をば声聞身得度者、一人は毘沙門見身得度者、一人は婆羅門身得度者と申す也。これもひとへに親孝行の徳により、観音が、かくの如くあはれみ給ふ事まぎれなし、さらば」と言ひて、しじらが宿を立ち出でゝ、門にて暇乞させ給ふ事、四鳥の別れの如くなり。名残惜しやとて、南の空に上らせ給ふかと見れば、白雲に乗り給うて、上らせ給ふ也。虚空に音楽響きて、異香四方に薫じ、花降り、もろもろの菩薩たち迎ひに参らせ給ふ。さても、しじらは呆れ佇みけるが、何と思ふとも重ねて逢ふべき事ならねば、思ひきりつゝ親子わが宿へ帰りける。それよりして富貴繁昌して、親を心安く養ひ給ふ。さて、しじらは、おのづから成仏得道の縁を受け、仏の位となり、七千年と申すに、天に上り給ふ。その時紫雲たなびきて、異香四方に満ち満ちて、花降り、不老不死の風吹きて、音楽の声ひまもなく、廿五の菩薩三十三の童子、廿八部衆三千仏、みな色美しく輝き、十六の天童、四天、五大尊、皆々虚空に満ち満ち給ふ。 

これ、ひとへに親孝行のしるしなり。後々とても、この草紙見給うて、親孝行に候はばかくの如くに富み栄へて、現世と来世との願ひ、たちどころにかなふべし。まづ現世にては、七難即滅し、障りもなく、衆人に愛され敬うありて、末繁昌なるべし。後の世にては必ず成仏の結果を得べき事疑ひなし。ひとへに親孝行にして、この草紙を人にも御読み聞かせあるべし、御読み聞かせあるべし。