離れをもつ和の趣きのある住まい

外部空間とうまく付き合う日本的空間

データ

  • 2018年1月 完成
  • 所在地/大阪府
  • 主体構造・構法 木造2階建て
  • 延べ床面積/134.78㎡(40.8坪)
    1階/76.59㎡(23.2坪) 2階/58.19㎡(17.6坪)

一部平屋の2階建ての建物です

<設計主旨>
外観は、櫛引の塗り壁、深い軒、庭につながる濡れ縁、風が通る格子戸など日本の気候・風土にあった和の要素を取り入れています
茶室のような離れは趣味の部屋として使えます
内部は、細かく仕切らず開放的で可変性のある間取りになっています
オープンキッチン、可動間仕切りのある土間リビングや小上がりの和室、将来的に2室に区切れる子ども室などです
離れ、土間、畳の小さな書斎、読書ベンチなど遊び心ある場が暮らしを豊かに、生活を楽しくさせます

 
階段を上って玄関格子戸から入ります/脇にはヒメシャラとキンシバイを植樹

 
(左)玄関ポーチ (右)格子戸を入るとポーチからの視線は庭に抜けます

 
(左)部屋から縁側を通して庭とつながります
(右)庭からポーチを見る/庭にはシンボルツリーのイロハモミジ


左が離れの小間

 
(左)玄関からタイル張りの床が続く
(右)階段のある土間ホール、階段下の格子戸は愛犬の場所


リビング/障子を引き込んで開け放つ


リビング/障子を引き出して閉める


キッチンより見る/障子を引き込んで開け放つ


キッチンより見る/障子を引き出して閉める

 
(左)小上がりの和室がリビングに面する (右)将来2室に分けられる子ども室

 
(左)子ども室前廊下に本読みベンチ (右)書斎/本棚と掘り込みデスクを造り付け

  
(左から)靴クローク、室内で受け取れる郵便受け、天井扇のある吹抜けの土間ホール

  
(左から)アイランドキッチン、造り付けキッチン収納、扉を引き込める収納戸袋

  
(左から)洗面室の収納できる室内物干し、バルコニー物干し、階段手すり