明るい吹抜けが中心の家

家族の存在を感じられる明るい住まい

データ

  • 2016年10月 完成
  • 所在地/大阪府
  • 主体構造・構法 木造2階建て

南面の吹き抜けを通して光と風を取り入れます、2階テラスの格子が通りに表情をつくります

<設計主旨>
家族が集まる中心は吹抜けのある明るいリビングです
リビングには南の庭から、そして吹抜け上部の窓からも陽の光がさんさんと入る快適な部屋です
親戚が大勢集まることもある家族のために、扉を引き込めば広く一体的に使うことができる部屋が隣りあいます
吹抜けを介して2階にいる家族の雰囲気を感じることができます
吹抜けリビングが中心の間取りは、光や風が通り抜け自然が感じられるだけではなく、家族を結びつける住まいになっています
将来的に上下階で世帯を分けることも可能です

 
玄関/1階リビングは生垣(レッドロビン)で目隠しします

 
玄関ホールには土間クローゼットを設けます


吹抜けのあるリビング/右のカウンター向こうはキッチン

 
吹抜け(左)上部からも光が入り風が通り抜けます (右)2階の各室とつながります

 
キッチンからリビングを見る

 
(左)リビングの障子を閉める (右)リビングに続く縁側のある庭

 
リビングに続く畳室は扉を引き込めば一体に使えます

 
(左)階段室のトップライト(右)スノコ状のキャットウォークは吹抜けの窓のメンテナンス用

 
2階のリビングは勾配天井/テラスには目隠しの格子を設けます

 
2階畳の寝室とその上部のロフト