自然素材でやさしい終の棲家リフォーム

安心して暮らせるバリアーフリーな和の健康な家への全面リフォームです

データ

  • 2004年11月 完成
  • 所在地/奈良市
  • 家族構成/夫婦+母
  • 主体構造・構法  木造2階建て  基礎 べた基礎に補強
  • 敷地面積 293.75㎡
  • 建築面積 93.36㎡(28.2坪)
  • 延床面積 132.40㎡(40.1坪)
  
  周囲になじむよう落ち着いた塗り壁、瓦屋根仕上げです

   
  (左)柱、梁のスケルトンにして改装を行っています
  (右)基礎もコンクリートを打ってしっかりした構造に強化しています

   
  (左)ビフォー/和室の続き間のため中室は暗いです
  (右)アフター/フローリング貼りの家族室と畳室を可動の扉で仕切って明るくなりました

   
  (左)ビフォー/中部屋の畳室は電灯をつけないと暗いです
  (右)アフター/カウンター式のオープンな台所です

   
  (左)ビフォー/使っていない縁側が部屋を暗く、狭くしています
  (右)アフター/2階は開け放てば広く使えます

   
  (左)浴室は段差なく手すりつきのバリアーフリー設計です
  (右)廊下、階段にも手すりを設けます 照明は今まで使っていたものを再利用