リレーフォーライフ静岡2009with富士山
9月12日〜13日



13日の早朝5時過ぎ、静岡県在住ながら初めて自分で運転して
(しかも一般道)御殿場へ。
カーナビ頼りにフンフンフ〜ン♪と出発したが
ナビ画面では簡単な一本道に見えるのに実際はすんげーカーブの連続。
(((( ;゜Д゜))))ヒィィ〜となりながら必死のドライビングでなんとか到着・・・したが

寒っ!!御殿場寒っっっ!!!

前日からの雨も上がってたし、天気予報では今日は晴れで気温も上がるって
言ってたから半袖のTシャツに薄い上着1枚しか羽織って来なかった。
失敗!

駐車場に車を止めて会場に来たはいいけど
入り口はどこだ??適当に入っていいんかい?
キョロキョロ見渡したけどメインの入り口が分からなかったので
一番近い隙間からふらっと侵入(笑)

お世話になるチームのテントを探したけど見あたらないので
メールをするも返事がない。そして寒い。
「迷ったら動かない」の迷子の鉄則で
B級グルメゾーンにて暖かいコーヒーを飲みつつ
じっと救助を待つことにする。





昨日はもっと寒かったろうな〜 みんな体調は大丈夫なんだろうか。
ああ、焼きそばの、たこ焼きの、いい匂いが〜
おお、結構募金も集まってるね。
などと考えている内にじんぱ救助隊員到着。

「ママちゃん達もあっちに来てますよ〜」
わーい\(*´∇`*)/
今回の一番の目的、優奈のママファミリーとのご対面達成!!!

ひとしきり喋ったあと、来てすぐに見つけて
目をつけてあった「ひょうたん」を購入。
あちこちのテントでそれぞれ手作りモノを売っているのだ。
他のテントでちっこい亀のアロマキャンドルも2個購入。
う〜ん、楽しい♪



でも楽しい時間はあっという間。
もう最後のウォークが始まってしまった。



たった3時間しか参加できなかった・・・
ルミナリエも見たかったし
あれもそれもこれも食べたかった(笑)
最初からいたらきっともっと楽しかっただろうな〜
次回はきっと!!

実行委員の皆さん、参加された皆さん、お疲れさまでした。



「また会いましょう  みかん」 

                     

家に帰ってから
「なぜひょうたんを1個しか買ってこない」
とねちねち責められ、しまいには
「そのひょうたんをよこせ」と。
やなこったぃ(笑)



                     

ちょっと思ったコト

最初、私は少しの時間しか参加できないとわかっていたので
どこかのチームに入れてもらうなどと考えておらず
フリーで参加するつもりだったんだけどありがたいことに
声を掛けていただいてチームのメンバーとして参加できました。
なので当日勝手がわからなくてもなんとかなるとゆとりがありましたが
それでもいざ行ってみたら、ここから入っていいのかな?とか
受付ってあるのかな?とか、結構あたあたしました。

救助隊(笑)を待つ間も、どこにいればいいんだろう?とか
ここに座っててもいいのかな〜?とか落ち着かなくて。
これはチームに入ってなかったり知り合いがいなかったりしたら
結構ツライ状況だな〜と (;^_^A

リレーフォーライフは原則チーム参加で(違ってたらゴメンナサイ)
「新規、お一人様・ウェルカム」なチームもたくさんあるけど
体力的に自信がないとか なんとな敷居が高いとか
知ってる人が誰もいなくて不安、とかで参加表明できなくて

でも思い切って、勇気を出して当日来てみたっていう人達が
ゆっくり楽しめるスペースがあるといいなぁ、と。

ってか、ちゃんとあったならゴメンナサイ。
プログラムにしっかり会場図など載っていたようだけど
そのプログラムの存在を知ったのも閉会式の最中。
きっと開会の時に来場すればもっとわかりやすかったんだと思うけど
日曜の朝の時点ではちょっとわかりにくかったなァというのが正直な感想です。

★追記★

これを読んだリレーフォーライフ静岡の実行委員様より

1日目は、各駐車場に警備員兼案内人がいましたので、それぞれご案内が出来て
いたのですが、2日目は、警備員の配置がなかったのかもしれません。
彼らもチーム参加しながらのボランティアでしたので、
こちらで状況が把握できていなくて申し訳ありません。

受付を通られた方には、個人で参加された方にチーム紹介や
サバイバーテントにご案内してました。
サバイバーテントと言うのは、お一人で参加されたサバイバーがくつろげる場所
で、サバイバー同士がコミュニケーションを取れる場所です。

と、上記は一部抜粋ですが丁寧なメールを頂きました。
ありがとうございます。m(_ _)m

やはりちゃんと個人参加でも楽しめるよう心配りされていました。
私が気づかなかっただけでした。ゴメンナサイ〜〜〜