描く本人の制作意欲にかかわってくるので次の機会に考えたい。続けて追求したいテーマを見つけることは、簡単なものではない。絵画全般についてよく研究をし、見つける必要がある。普遍性のあるテーマがいいが、そうかといって誰もが追求しているものだと個性を発揮できないので注意しなければならない。できるだけ長く追求できるものがよい。最低5年は続けてほしい。きっと自分だけの表現が見つかるはずだ。   日本画でも洋画でもかならず必要な技法がある。知らないでやるよりも知っていてやる方が自信につながる。技術にあまりこだわりすぎると、反面、自由な創作ができなくなるので気をつけたい。進んでくると技術を壊す作画もあることに気づくようになってくる。しかし、これはずいぶん先の研究になるので、本人の意欲によるものである。絵画全般に必要な技法として構図法がある。日本画と洋画の構図法は少し違うが、さしあたって洋画の構図法を学んでほしい。三角形構図とか平行線構図とか言われる構図法のことである。詳しくは自分で研究してほしい。絵を描く時の効果的な組み立てができるからだ。大切な技法になる。日本画では描きたいものを画面の中心におくことが多い。独特な構図として余白を生かす方法がよく使われる。洋画のように画面のすべてを描き込むのではなく、描かない部分をつくり、全体の調和として作画をすることが多い。しかし、近年は日本画も洋画もなく、画材の違いだけで描かれていることが多く、一見しただけでは日本画と洋画の区別がなくなってきている。さて、どちらを選ぶかは本人の考え次第である。先ほども言ったが知ってやるのと知らないでやるのと大きな違いがあることを知ってほしい。 
創日展へリンク 
日本画について
N0.2
名倉弘雄の世界
 絵の大きさ・・・日本画も洋画も規格が統一され、同じである。F号は肖像、P号は風景、M号は海景画用となっている。もちろん、それらに入らない規格は変形としてある。はじめは小さい画面で学ぶと思うが、だんだんと大きな画面に挑戦したくなると思う。応募の団体展は100号以上のものが多いので、少しずつ挑戦していくことが次ぎの進歩につながると思う。大きい作品は大作といって意欲の表れである。日本画では、作品の大小にかかわらず制作の過程が同じであるので小品でも時間がかかる。色を塗って乾燥させ、また塗ってという行程で完成させるので大作でも小品でもかかる時間がほとんど一緒である。また絵の具の特性から小品ほど細かい技法が必要になる。だから小品がうまく描けるようになれば大作は、比較的楽にこなせる。洋画と違う点である。洋画において小品は比較的楽に描けるが、大作になると結構時間もかかり、技法も難しくなるという違いである。   日本画は、パネルに張った紙の上に描き、洋画はキャンバスの上に描くのが通常である。もちろん、これ以外にも描くことは可能である。それは勉強していく過程で自分で開発することである。一般的なことを記述する。日本画のパネルは額屋さんで作ってもらい、紙をはるのは自分ですることが多い。紙は、鳥の子紙か麻紙を使うことが多い。裏に裏打ちと言って補強のための紙を貼ることである。細川紙を使うことが多い。裏打ちをした後は水張りと言ったりしているが、慣れてくればたいしたことではない。        ・・・・・・・ 次ページへ続く
Copyright (C) 2014 Nagura Hiroo. All Rights Reserved
TOP
ニュース
プロフィール
発表作品1
発表作品2
発表作品3
発表作品4
発表作品5
発表作品6
秋の創日展1
秋の創日展2
よい絵とは1 
よい絵とは2
よい絵とは3
よい絵とは4
よい絵とは5
よい絵とは6
よい絵とは7
よい絵とは8
よい絵とは9
よい絵とは10
よい絵とは11
よい絵とは12
よい絵とは13
絵ごころについて
日本画について1
日本画について2
日本画について3