絵に一生を賭ける価値があるかどうか。この答えは大変難しく私自身、常に問いかけながら今日まで迎えている。私にとって絵をやめたら、いったい何が残るかという自分自身のアイデンティティーに関わる問題でもある。絵なんかなくても日常生活は送れることができるし、また、絵で飯を食っていくことなど不可能に近いわけだし、何故それまでして続ける価値があるのか。この問いの答えは、『ものを創り出すおもしろさを味わってしまったからだ』と言うしか言葉が見あたらない。制作費でずいぶんとお金を使い、完成までたくさんの時間を使い、睡眠時間を削り、そして、絵と格闘をしながらも、最後に完成が近づいた時の充実感は言葉に言い尽くせない貴重な価値だ。この経験を味わったことのある者が『絵に一生賭ける価値』があると言える。完成までのプロセスは自分の頭の中にあり、それを一つずつクリアーしながら納得のいくところまで取り組み、完成を迎える。絵は自分ひとりだけの世界を表現するが、脳裏にはいつもその絵を見てくれる鑑賞者の目を意識している。どのようにその絵を見てくれて、どのように感じてくれるかを無意識のうちに計算して取り組んでいることを自分でも感じる。それは展覧会という発表の場を意識して作品を造っていることに他ならない。人に見てもらうという意識なしに作品を造ることは、自分だけの満足に終わってしまう。人の目を意識してこそ作品に進歩が生まれる。絵はコミュニケーションの場でもある。描く本人だけが満足するものではない。絵を習いはじめた人に多いのが、自分の作品を他人に見せるのを嫌がる人がいることだ。自信がないことにもよるが、絵の本質を知らないことにもよる。絵は自分自身が楽しむためでもあるが、また、鑑賞者を楽しませるものでもあることを自覚してほしい。絵に自信がついてくれば自然と分かってくることでもある。                                                                     
 絵が好きだという方にお会いする機会が多くなり、絵の話をしている中で気になることがある。本当に絵が好きだというよりも投資の対象で絵に興味を持った方々が結構みえることだ。あの作家は号いくらで人気があるから、その作品がほしいとか、また、作品を購入したいが誰の作品を買ったら将来的によいかなど、これに類することをよく耳にするが、このことは、本当の絵のよさを理解していないことでもある。別に悪いことではないが、もう一歩ボルテージを上げてほしい。本当の絵の価値を求めて研究してもらいたい。日本のバブル時期に企業が購入した世界の名画が、今や風前のともしびで、その当時の半値か三分の一ぐらいで海外に流失している。日本にとって大きな損失だ。。絵のよさが分かって購入したなら簡単には手放せないはずなのに・・・。多くの人々が鑑賞できる美術館に展示すべきものなのに倉庫で眠っている。芸術品を商品として扱っている。その絵を簡単に手放すということは、絵のよさは二の次で投資として購入したものだからこのような扱い方をしているということだ。。コレクターとしてはレベルが低い。海外で顰蹙を買っている原因でもある。投資の対象でしか絵を見ていないからだ。今や美術館でさえ例外ではない。今まで常設していた作品がどんどん手放されている。経営悪化でしかたがないという面もあるが、本当の意味の絵の価値が分かっていないことを証明している。国がもっと日本の文化遺産を大切にする政策を講じていけばこの問題は多少なりとも解消されると思う。しかし、すでに遅しの感がある。経済が上昇しつつある今、同じ過ちを繰り返してほしくない。企業はもう一度メセナを復活させ、芸術や文化に大きな投資をしてほしい。きっと活性化に役立つと思う。メセナとは企業が芸術家の支援をする活動のことを指す。『絵に一生を賭けても価値のある』社会をそして、日本を期待したい。                                          
                             
                平成18年11月22日(水) 記
 
 
naguchian’s homepage
絵に対する心構え  そのU
 
Copyright (C) 2014 Nagura Hiroo. All Rights Reserved
TOP
ニュース
プロフィール
発表作品1
発表作品2
発表作品3
発表作品4
発表作品5
発表作品6
秋の創日展1
秋の創日展2
よい絵とは1 
よい絵とは2
よい絵とは3
よい絵とは4
よい絵とは5
よい絵とは6
よい絵とは7
よい絵とは8
よい絵とは9
よい絵とは10
よい絵とは11
よい絵とは12
よい絵とは13
絵ごころについて
日本画について1
日本画について2
日本画について3