びっくりマジック!

得意げな3


「3」と「4」の各4枚、計8枚を裏向きに
テーブルの上にばらばらに置きます。
この時、どの4枚が「3」で、どの4枚が「4」だったか
把握しておきます。

テーブルの8枚の中から一枚を観客に指差してもらいます。
仮にこの一枚が「3」だったとしましょう。

選ばれた一枚を残し、他の7枚をデックのトップに重ねるのですが、
3枚の「3」がトップになるようにします。
残した1枚は裏向きのまま観客の前に置いておきます。


デックのトップから一枚ずつテーブルに重ねておいてゆき、

途中で観客にストップをかけてもらいます。
ストップがかかったら手に残ったデックは
わきに置いておきます。

テーブル上に置いたカードをとり、
これを3つの山に配り分けます。


3つの山のトップカードを表向きにし、
それらが「3」であることを見せ、
観客の前に置いてあったカードもが
「3」であったことを見せ、
4枚の「3」がそろったことを示して演技を終わります。


←戻る