びっくりマジック


手のひらに現れるコイン


これは『遊び場ワールド』から許可を得て転載させて頂きました。もっとマジックを知りたい人は こちらからGO!→


【現象】
   術者の差し出した手のひらの下に、相手の手のひらを添えてもらい、目を閉じてもらうと、突然コインが現れます。周囲の人には大ウケ、やられてる人だけがわからない、という手品です。もっと、大きなものも出せるかも! タネはバカらしいほど簡単なのに、ビックリ度数は最高の一品です。




【やり方】
図Aのように、こちらが差し出した手のひらに、相手の手のひらを下から添えてもらいます。やる前に、念のため手の表裏、袖口等をあらためておくといいでしょう。

(図A)

ここで相手に一度目を閉じてもらいますが、相手の手がずっとくっついた状態ですので、何か操作をすることは出来ません。

「エイッ」とのかけ声をかけた後、相手に目を開けてもらうと、突然コインがあらわれているのでびっくりします。

(図B)


  やり方は笑ちゃうほど簡単です。図Cのように、あらかじめ頭の上にコインを載せておき、かけ声と共に手のひらの上に落とします。上手に落とすには、2〜3回練習しておいたほうがいいでしょう。

(図C)


  この手品のオリジナルは、相手に目を閉じてもらって、差し出してもらった手のひらに直接落とすというものでした。頭の上なんて全く予想だにしないところから落ちてくるので、まずバレないと。しかし、やり方がへたなんでしょうが、小学生の娘にさえ一発で「頭から落ちてきた!」と見破られてしまいました。

  そこで若干アレンジしたのが上の方法です。

  まず落とす場所は相手の手では無く、自分の手。こうすることで「落ちてきた」時のショック(振動)が伝わらず、ばれにくくなります。相手は自分の手をずっと添えているので、疑いません。
  次にばれる原因は、落下してきた時の音。これは少々かけ声をかけて消しました。

  この方法だと、大人にやっても、まずばれません。でも回りで見ている人には当然わかるので、大勢いるところでやってみると楽しいかも。だんだん落とすものを大きくしていってもいいですね。

これは『遊び場ワールド』から許可を得て転載させて頂きました。もっとマジックを知りたい人は こちらからGO!→

←戻る