カードの扱い方

「カードの扱い方」
■スプリング
  カードを反らせ、そのバネを利用することで右手から左手へと飛ばします。そのダイナミックな動き、そしてバラバラとたてる大きな音は「スゴイ!」という印象を与えるもの。マジックするなら、ぜひとも出来るようになりたいですね。
  シャッフルではありませんが、一見すごく混ざっている様にも見える(?)ので、冗談で「ロシアンシャッフル」と呼ばれることもあります。
■カスケード
  右手でカードを持ち、カード全体を反らせ、これを緩めながら少しずつカードを落とします。
  これまたシャッフルではありませんが、滝のように見えることから「ウォーターフォール・シャッフル」と呼ばれることがあります。
■ドリブル
  これ自体を単体で見せることはありませんが、演技の中で用いることがあります。観客にストップをかけてもらうのに用いたり、デックにしかけやブレークがないことを示したりするのに用いられます。
  右手にカードを水平に構えます。人差し指でカードの中央を押し、親指と他の指を少しずつずらしてカードを少しずつ落とします。
←戻る