びっくりマジック!

びっくり「楽しいカード当て」!

「実況中継を避けましょう!」

マジックにおいてしゃべる目的は次の3つです。
1. 観客と会話を楽しむ
2. 必要な指示をする
3. 現象を強調する
この3つについては惜しむことなく「言葉」を費やすべきですが
それら以外に対して使うことは、これすなわち
「必要な言葉」の濃度を下げることになると意識すべきでしょう。

さて、あなたは演技のとき上記以外のことを喋ってませんか?
無駄なことを喋ってませんか?(^-^)

よく見受けられる「無駄なスピーチ」の代表としてタイトルにも挙げた
実況中継があります。
「このカードを上に乗せます。そして混ぜます。
それから、ひっくり返して......」
料理番組じゃないんだから、そんなものいりません(^-^;
カード当てで大切なのは上記の 1.2.3.であって
「入れます」「乗せます」「混ぜます」じゃありません。

ぜひ無駄なセリフを減らして「必要な言葉濃度」をあげましょう。
え?濃度は上がってもセリフ自体が減っちゃ寂しくなるって?
大丈夫。「びっくりフレーズ」を見てみて下さい。
あなたが今まで言ってなかった「必要な言葉」が
まだまだ沢山見つかると思いますよ!(^-^)


つまり、グラフにするとこーいうこと。

必要な言葉濃度
(心に響く強さ)
=GOOD!
0 実況中継の量

さて、これでもあなたは「乗せます」「混ぜます」を口にできますか?



←戻る