ステージ・マジック


ステージをビデオで 1
 ステージマジックを覚えるのに、ビデオは大変役に立つものです。役に立つと思われるビデオを紹介します。
 下に挙げたビデオは……アイビデオのものです。
カード
■渚晴彦「カードマニプレーション」(アイビデオ035)
■渚晴彦 カードマニプレーション2(アイビデオ194)
■島田晴夫「カードマニプレーション」(アイビデオ054)
■ダーク広和 カードパワー(アイビデオ256)
■松旭斎すみえ 女性のためのカードマニピュレーション(アイビデオ306)

シンブル
■ケン正木「シンブル」(アイビデオ085)
■ケン正木 シンブル 基本テクニック(アイビデオ170)
■藤山新太郎 シンブル(アイビデオ219)
■島田晴夫 宝石のシンブル・四つ玉(アイビデオ077)
 キラキラ光るシンブルを用いており、道具からして存在感が違う。ただ、これは重ねる事ができず独特の技法が必要になり、それも解説されている。片手から片手へと1つずつ飛行する手順など見ごたえがあるもの。学生を中心にアマチュアが盛んに演じている演技とは、随分と趣が異なっている。

■スライハンドの入り口(アイビデオ266)

ウォンド
■ケン正木WANDウォンド(アイビデオ183)
ビリヤード・ボール(4つ玉)
■ケン正木 四つ玉 基本テクニック(アイビデオ169)
 ボールの消し方(3種)と出し方(3種)を中心とした基本技法を解説。さらにボールを4つに増やす手順、さらに4つを1個ずつ消していく手順を解説している。「基本」とあるように、特別難しい事はなく、それでいて見ごたえのある演技が身につけられる点が素晴らしい。
 まだ手順がない初心者さんは特にお勧め(★★★)。既に技を持っている中級者さんが、さらに理解を深めて技を増やすのにもお勧めできる。

■ケン正木「四つ玉」(ビリヤードボール)(アイビデオ086)
 基本技法について少し解説を加えた上で、コーン(あるいはカップ)を用いた手順と1個から4つ、そして8つに増やす手順を解説。同氏の「基本テクニック」に比べると難易度は若干アップしている。手順解説に見るべきところが多く、四ツ玉にいくらかでも慣れてきた方にお勧め。初心者にもお勧めできる。

■島田晴夫ビリヤードボール(八つ玉)(アイビデオ074)
■島田晴夫 宝石のシンブル・四つ玉(アイビデオ077)
■スピリット百瀬の四つ玉テクニック 超上級編(アイビデオ270)
既にタイトルが物語っている様に、難しい手順が解説されています。更に上を目指す人向き。


■SHIOMI 四つ玉・シルバーボール(アイビデオ304)
■スライハンドの入り口(アイビデオ266)

コイン
■北見マキ「コインプロダクション」(アイビデオ038)
リング
■ケン正木 三本リング(アイビデオ119)
 3本のリングを使った手順が解説されている。スタンダードな流れであり、ぜひ身につけておきたいもの。3本リングをこれから始める人、そして自分の手順を見直したい中級者にお勧め。

■藤山新太郎「12本リング」(アイビデオ070)
 残念ながらビデオの中を私自身は見ていないが、藤山先生の12本リングの演技自体は、かなり盛り上がる優れた手順。複数の輪がつながり、はずれ、そして人やバッグや蝶などの形を作る。先生は指導にも長けた人であり、12本リングのセットを持ってる人に、このビデオはお勧めできるものと確信している。

■藤山新太郎 6 本リング(アイビデオ089)
■高木重朗 リンキングリング(アイビデオ122)

 以上の情報は製品紹介から有用と思われたビデオを挙げたものです。解説をつけてないビデオについては、内容の確認ができていません。確実を期すのであれば発売元にご確認頂く必要があります。
 なお、★はさとるが「初心者向け」を主に、勢いでつけたものです。絶対的な評価を示すものではありませんので、な〜んとなく参考にして下さい。基本的に「学ぶものがないビデオはない」とお考え下さい。
 他にも有用と思われるビデオのご推薦がございましたら、メールで情報を頂けると幸いです。
「ステージをビデオで2」へ→
←戻る
←←トップ