ステージ・マジック


シルクのほつれ留め
 演技によっては仕掛けや演出の為にシルクを切ることがあります。たとえば穴をあけたり、三角に切ったり、店では置いてないような小さなサイズに切ったり……いろいろあるでしょ?
 ここでひとつ問題があります。シルクは買ってきたそのままの状態なら端がほつれないように処理されています。ところが、これを切ってしまうとそこからすぐにほつれてしまうのです。
 そこで、ほつれを防ぐための二つの方法を紹介しましょう。ひとつは、布の端を折りこんで、その上から縫う方法です。買ってきたシルクの端を見てみて下さい。通常はこの処理が施されています。

 しかし、布を折りこんで縫うのは面倒なものです。そこで紹介したいのが、もうひとつの方法「ピケ」です。ピケとはナイロンの溶剤で、切った部分そしてこれから切る部分に塗って乾かして使います。手芸洋品店で600円程で売ってますのでシルクを使う人は一つ持っていると便利でしょう。写真の黄色いシルクは10センチ×10センチ程(←ちっちゃい!)に切ったもので、端をピケ留めしてあります。
←戻る
←←トップ