びっくりマジック


ロープの端
 
 ロープマジックをする際、ロープの端はほっておくとすぐにボサボサになってしまいます。ボサボサのロープを使っていたのでは見た目が美しくないですし、トリックがバレるきっかけにもなりえます。気をつけたいところ。本番の直前にロープの端を切りそろえておくのといいでしょう。
 そして、その他の方法についても紹介します。

 切ったばかりの端を固めてしまう方法があります。写真で使っているのは「ピケ」、 切った布の端がほつれないように使う「ほつれ止め」です。木工用ボンドを使ってみるのもいいでしょう。糸で端を巻いて縫い付ける方法もあります。

 マジックで使われるロープの中には筒状に、断面がドーナツ状になっているものがよくあります。
 この様なものは切った端を内側に、少しとがったもので押し込んでしまうとほつれにくくなります。
 少しだけ端がふくらみ、切ったばかりの端とは違ってしまうのがこの方法の弱点。しかし特別な道具なしに手軽に処理できるのが大きな利点です。



←戻る
←←トップ