びっくりマジック


ビリヤード・ボールのロール
 ビリヤード・ボールは、まさに指先で見せるマジックですから、単に現象を起こすだけではなく、ボールと手の動きの美しさにも気をつけて練習しましょう。
 まずは何といっても基本といえば「ロール(roll)」です。指の間にはさんだボールを指から指へと移動させるもの。 [親指と人差し指の間]→[人差し指と中指の間]→[中指と薬指の間]→[薬指と小指]……そして逆にとボールをロールさせましょう。
 速さよりも美しさが求められます。指があまり曲がらずに、手をなるべく大きく開いた状態を保ったままで出来るようによく練習しましょう。
 ボールを親指と人差し指で挟んで持ちます。
 このボールを人差し指と中指で挟みます。
 親指を離し、人差し指と中指だけで保持します。
 これを中指と薬指の間に移し、
 さらに薬指と小指の間に移します。
 これを親指まで戻す練習もしておきましょう。

←戻る
←←トップ