びっくりフレーズ

客いじり編



Phrase 客に覚えたカード等を念じてもらうとき
Situation 一枚カードを引いたら、そのカードを覚えたら頭の中にそのカードを思って下さい。
えぇ〜っと……そういういやらしい事は考えないで頂けますか?(笑
Comment  JOE・MAGICさんの御投稿です。このときのお客さんは男性限定ですね、当然。私だったら「念じて頂けるのはありがたいんですが……何かイヤラシイ事も考えてませんか? カードに集中して下さい」といった風に使うでしょうか。皆さんも自分なりの言葉に直してお使い下さい。





Phrase お嬢さん
Situation 女性に話しかけるとき
Comment 30歳でも40歳でも50歳でも、80歳だって100歳だって
み〜んな「お嬢さん」です(笑)
迷っちゃだめです。ためらっちゃダメです。
普段「おばさん」「おばあさん」と呼んでるところは
全て「お嬢さん」で代用しましょう。
女性は外見は年齢にかかわらず
「レディ」として扱われるべきです。
女性をきちんとレディとして扱えて初めて
男性も「ジェントルマン」になれるものです。
男性の皆様もジェントルマンを目指しましょう。





Phrase お姉さん
Situation 女性に話しかけるとき
Comment 「お嬢さん」と使い方はほとんど一緒です。
私個人の使い分けとしては
中高年の女性が複数人数いたら
比較的若い女性を「お嬢さん」と呼び
比較的お年を召した女性を「お姉さん」と呼んでいます。





Phrase 元・お嬢さん
Situation 女性に話しかけるとき
Comment  外岡さまのご投稿。「お嬢さん」のバリエーションで、これは比較的年齢の高い方が対象になります。外岡さまによれば、親子連れがいた時にまず娘さんを「お嬢さん」と呼んで、次に「では次は『元お嬢さん』にお願いします」と続けます、とのこと。ただジョークの通じる相手であることを確認してからにしましょう。





Phrase 観客に手伝ってもらうときに
それでは皆さん!
○○さんに盛大な拍手をぉ〜!
パチパチパチパチパチ〜!!
……以上で第1回拍手の練習会を終わります(^-^)
Situation 観客に手伝ってもらうとき
Comment Yoshiakiさんの御投稿。
「お客さんが退場の時も再度『パチパチパチ〜!以上で本日2回目の……』と続けます」とのこと。きっとその後も「ハイ、ここでも拍手〜。以上で本日3回目の……」と続くんでしょうね。
そして私だったら「最後に今までの練習の成果、お願いしますよ(^-^」とか 言って拍手を要求するんだろうな〜(笑)





Phrase これ・・・・・・大事ですか?
Situation お札や指輪など高価な物を借りたとき(笑)
Comment 大事に決まってるでしょーが!(笑)
これはmadmoonさんの御投稿。笑えます(^-^b  指輪を借りるときがベストのシチュエーションでしょうな。





Phrase お手伝いして頂ける方、手を挙げて頂けますか?
え?1人もいない?
じゃあ、違う手品をします。

皆さん、両手を上げてください。
そして、まず左手だけ下げてください!
・・・・・・・
・・・おお!こんなにいらっしゃるではありませんか!(笑)
Situation お手伝いしてくれる方が見つからない時
Comment Yoshiakiさんの投稿作品。
観客に手を挙げさせようとしたら
だ〜れも手を挙げてくれなかった、というのはありがちですな(^-^;
そんなときは、しっかり遊んでみましょう。
ただし、観客に両手を挙げさせる自信がない人には薦められないかも(笑)





Phrase 男性に......
かわいい彼女、連れてるじゃな〜い(^ー^
そして、その彼女に......
ねぇ彼女、彼と別れる御予定とかないの?(爆)
Situation デートで来てるらしい2人をみつけたら
Comment 100%、客いじりが目的のフレーズです(笑)
若い夫婦の場合には「近々、離婚の御予定は.....」
と応用できます。





Phrase 手をあげて下さらなくてもよかったんですが...(^_^)
Situation 「利き手はどちらですか?」
と質問したら観客が右手(が大抵)を上げたとき
Comment 自分の利き手を上げながら「利き手はどちら?」と質問すると
なぜか(というより、つられて)観客も手を上げてしまいます(笑)
マジシャンズチョイス等のシチュエーションでちょっと遊べます。





Phrase 好きな数字を一つ選んで下さい。
..........
8ですか?
いったいどうして3じゃないんですか?
私は4の方が好きだな〜
あ、7なんてどうでしょう、ラッキーセブンだし。
......え?それでもあなたは8だと言うんですね(^ー^)
Situation 好きな数字を選んでもらったとき
Comment 客イジリでもあると同時に(笑)
選んでもらった数字が
「観客の意志に基づく完全なフリーチョイス」
であったことを強調する目的があります。





びっくりフレーズ!に戻る