Phrase xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Situation xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Comment xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx





Phrase xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Situation xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Comment xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx





------------------------------------------------
Phrase この瞬間、世界で一番忙しい瞬間です
Situation トランプを切ったり、演技で走り回ったりするとき
Comment できるだけむやみに忙しそうに振る舞いましょう(笑)
マジックの間、現象に直接関係のない時間が大多数です。
その時間をどれだけ楽しむかが、
マジックをどれだけ楽しめたかにつながるのです。





Phrase コインの磨き方って知ってますか?
こうやってヒジにこすりつけるんです。
Situation コインマジックで、コインをヒジにこすりつけるとき
Comment コインをヒジにこすりつけるのは、よく見る光景ですが
いったいそれが何なのかを話してくれる人はほとんどいません。
そーいった意味で、このパターは素晴らしいと思います。
あなたの演技でもこんなフレーズ、使ってみませんか?





Phrase ことわざに「time flies like an arrow」とあります。
時間は飛ぶ物なのです。
そして別のことわざに「time is money」とあります。
時間がお金で、時間が飛ぶんですから、お金は飛ぶんです。
今からそれをお見せしましょう。
Situation コインの移動のマジックを見せるとき
Comment いきなりコインが移動するマジックを始められるよりも
こんな素敵なジョークから導入される方がいいと思いませんか?
David Acer氏が言っていたパターです。





Phrase あなたとはもう、他人じゃないみたいですね/FONT>
Situation 観客にしばらく手伝ってもらった後で
Comment マジックを見せる際、観客を味方につける努力を
怠ってはいけません。怠れば......
「マジシャンvs観客..大とんち合戦!」
の様相を呈してしまい、
マジック本来の楽しさが失われてしまいます。
そこでお勧めするのがこの手のフレーズ。
このフレーズに含まれているのは
「あなた=マジシャンの味方」ということ。
そして、さらに「マジシャン=あなたの味方」ということ。
試してみませんか? あなたの味方を増やすこのフレーズを。





Phrase (何かに耳を澄ますような素振りで)
ほ〜ら誰かが拍手をしてますよ〜
Situation 拍手をしてもらうハズのところで
静寂に襲われてしまったときに(^_^;
Comment かなり謎なフレーズですが
なぜかこれで拍手が催促できるんです。
う〜ん、マジック以上に不思議(笑)





Phrase (自分のこめかみ辺りを指さしつつ)
最近、物忘れが激しいんですよ。(^-^;
先ほどのお客様のカード、いったい何でしたっけ?
大きな声で言ってもらえますか?
Situation アンビシャスカードなど、同じカードが
繰り返し用いられるマジックのとき
Comment 観客に言ってもらったカードが目の前に出てくるのは
マジックが成功した印象をより強くするものです。
繰り返しだからって、その過程を省くのはもったいない。

それに、ウィットに富んだ台詞が繰り返されると
同じ台詞でもその効果が増すものです。
これは"Running Effect"と呼ばれます。
アンビシャスカードなどで上記フレーズを繰り返していると
演技の後半には「最近......」とこめかみを指さすだけで
観客は笑い、そして喜んであなたが忘れてしまった(?)カードを
教えてくれるものです。





Phrase 見せ物じゃねえんだぞ、コラァ!
Situation 独り寂しくやっていた練習を仲間が見に来てくれたとき
Comment このフレーズはあくまで照れ隠し。
実際にはどんどん練習を見てもらいましょう。その方が上達します。
なお、このフレーズは実演中には全く役に立ちません。あしからず(^-^:





Phrase 今日はテレビじゃなく、生です。
皆さんが今から起こる奇跡の立会人になるんです。
Situation 演技を始めるときに
Comment やっぱりテレビで見るのと生でみるのでは感じ方が違います。
出てきた物の臨場感、消えた物の臨場感......臨場感が違います。
その臨場感をしっかりと味わってもらいましょう。

そして...
ときに演者-観客間の感情の交流がなく
まるでテレビでも観てるような
遠く離れた印象を受ける演技があります。
観客を演者が巻き込みましょう。
気持ちだけでも参加してもらいましょう。そう、立会人として。





Phrase 私のマジックを手伝っていただく方には
たとえそれが一日だけのことであっても
芸名をつけて頂くことにしてるんですよ。
じゃあ、ダニエル。今日はどんな芸名がいいかな〜
(観客の返事が何であれ)
なるほど! それじゃあダニエルでいきましょう!
じゃぁダニエルだとか堅苦しいからダニーでいいかな?(笑)
Situation 観客をステージに上げて、手伝って頂くとき
Comment せっかく上げた客です。
しっかりといじり倒さないと損というものです(^-^





Phrase (観客の左手をギロチンにつっこんで)
利き手はどちらですか?
右手? それはよかった。
もし失敗しても全然、大丈夫じゃないですか(^-^
Situation 手のギロチンを演じるとき
Comment 遊びです(笑)
でも実際には利き手じゃない方だからって
全く大丈夫なわけありません(当然)





Phrase あなたの右手にサヨナラはいいましたか?
Situation 手のギロチンを演じるとき
Comment 遊びです。
応用としては観客に借りたお札でのマジックで
「あなたのお札にサヨナラはいいましたか?」
というのもありでしょう。





Phrase そんな面白いこと言っても、ギャラ出ませんからね(笑)
Situation 観客が演技中に(つまらない)ジョークを言ったり
ボケをかましたりしているとき
Comment 観客がジョークを言うのは、演技を楽しみリラックスしてる証拠です。
しかし、緻密に計画されたあなたの演技に
観客の思いつきのジョークが混じるのは大変危険です。
飛行中のジャンボジェット機の操縦桿を
パイロットを差し置いて、乗客が握るようなものです。
大事故に至る前に、そしてフライトスケジュールを乱さないように
しっかり、やんわり牽制してあげましょう。





Phrase じゃあ、あなたが責任者ね
Situation カードを覚えてもらうとき
Comment カードを覚えてもらうとき、漫然と皆に覚えてもらおうとすると
皆が忘れてしまうのが常です。
責任者を決めて、最低でも1人が確実に覚えているようにしましょう。

また、子供を相手に見せているとき、子供に覚えてもらおうとすると
子供はしばしば忘れてしまったり、スート(マーク)を理解してなかったりして
大事なときに「なんか赤かった」なんて答えが返ってきちゃうこともあります(^-^;
ですから、そんなときは子供に覚えてもらい、
親に「責任者」になってもらいましょう。





Phrase このカード、しっかりと覚えて下さいね。
あなたが忘れると誰も知らないカードに
なっちゃいますから、忘れないで下さい(笑)
Situation 観客1人にカードを覚えてもらうとき
Comment ホントにそうです。誰も知らないカードを当てても
な〜んの意味もありません(-_-;
観客がカードを忘れてしまったら
それは観客の責任ではありません。あなたの責任です。
あなたがしっかりと誘導してあげましょう。
この何気ない一言が「大惨事」を未然に防ぐことができるのです。





Phrase 1回しかやらないからね
Situation 演技が佳境に入ったとき
Comment この何気ない一言が
観客の注意を喚起できるんです。
あなたの起こす現象も注目されて初めて
その価値が出てくるのです。
このフレーズ、ぜひ使ってみて下さい。





Phrase 「それには2万円の手数料を頂きますが、よろしいですか?」
Situation 「マジックで、この千円札を一万円札に変えてよ」
などと要求されたとき。
Comment マジックで金を増やせと言われても無理です(当然)
ジョークにしても、いちいち無理難題を言われるのは
もう、ずいぶんと辟易してます(^-^;.....皆さんはいかがですか?
ジョークにはジョークで返しておきましょう。それが精一杯ですな。





Phrase どなたか一万円札を貸して頂けないでしょうか。
.....ありがとうございます。
お返しするのは出世してからでもよろしいでしょうか(笑)
Situation 観客からお札を借りたとき
Comment ただのジョークです。
借りたものはちゃんと返しましょう(笑)
ただし「ああ、いいよ」と言われたときは
お客様の気が変わらぬうちにポケットへ...(^-^b





Phrase その顔が見たかったのよ!(^-^)
Situation 観客が驚いた表情を見せたとき
Comment ひねくれた反応を牽制するばかりが「観客教育」じゃありません。
素直な反応に良い評価を与えるのも大切です。
「どうぞ驚いちゃって下さいね」というメッセージを伝えるんです。
まぁ実際、「その顔」が見たくてマジックしてるんですしね(^-^





Phrase それを言っちゃオシマイよ
Situation 「タネが分かったぁ!」とか「見えたぁ!」とか
そんな無粋なことを言う人がいたとき。
Comment そうなんです。「オシマイ」なんです。
これを読んだ方、観客席につくときには
くれぐれもそんなオシマイなこと言わないで下さいね(^-^;
そして、演者も「観客養育」に努めなければなりませんね。





Phrase (適当に1人の観客を指さして)
ここからが大事なところです。
眠ってちゃイヤですよ〜!(^-^
Situation 演技が佳境(かきょう)に入るとき
Comment 演技が佳境に入ったことをアピールするのが目的です。
実際、マジックの責で眠る人なんかいませんが、
それでも適当に人を指さしてこのフレーズを
言ってみて下さい。





Phrase (マジックをしてる他のテーブルを指さして)
隣のテーブル、騒がしいですねぇ。
こっちも負けてられませんよ〜!
このマジックが成功したあかつきには
あれよりも「騒がしい拍手」をお願いします(笑)
Situation 他のテーブルでマジックが演じられていて
それがウケてるのを見た(or それを見て嫉妬した...^-^;)とき。
Comment 観客と自分に「共通の敵=隣のテーブル」を設定することで
演者と観客との距離を縮めることができます。
それに拍手も増えますしね(^-^v





Phrase トランプ52枚から好きなトランプを一枚ひいてください...
......というのはマジックの常套句です。
今日は趣向を変えましょう。
それでは今から52枚の中から......
......嫌いな一枚をひいてください(笑)
Situation カードを一枚引いてもらうとき
Comment いつもやってる普通のカードあても
こんなちょっとしたことで随分と新鮮に感じられるものです。

また、演技の途中途中で「この中に『あなたの嫌いなカード』が...」
「あなたの『一番嫌い』なトランプは何でしたか?」などと
嫌いなトランプ、というフレーズを繰り返すとbetter。
これだけのことがじわじわと効いてきて笑いを誘い、また、
演技の完成度が上がるものです。
これを"Running Effect"と呼びます。





Phrase おひねりですが
金属のものは危ないので
なるべく紙のものをヒコーキにして
飛ばして下さい(笑)
Situation おひねりをねだるとき
Comment こう言っても実際に飛んでくるのは
金属ばかりでしょう(笑)





Phrase あなたのカードはこのカードでしたか?
..........え、違う?!
でも、まだ言っちゃダメですよ。
なんせまだ候補が51枚も残ってるんですから(笑)
Situation カード当ての中で
Comment カードあてを失敗したように見せて
この後、本当にカードを当てる運びになります。
このように一度、失敗したように見せる類のトリックは
「サッカー・トリック」と呼ばれています。





Phrase ちょっとは楽しいフリをしてもらってもいいですか?
Situation 観客の反応がないとき...(^^;
Comment これはあくまで
「楽しんでいる様子はあるけど反応がないとき」
に使うべきフレーズです。
決して「楽しんでないとき」には
使わないようにしましょう。きっと余計に「寒く」なります(笑)





----------------------------------
Would you examin this deck?
while you are examining the deck,
I'll show you a trick with this deck.

(No applause) Can you pretend you are having a good time?
ちょっとは楽しいフリをしてもらってもいいかな(笑)

(Yawns) I don't mind you going to sleep,
but you could at least say good night.

(Guillotine trick) Don't worry.
I've done this before, once.
心配しないで下さい。
このトリック、前にもやったことあるんですよ
.........一回だけ。

Have you ever performed this (Guillotine trick) illusion before?
No? That's one heck of a coincidence.
今までにギロチンのマジックをやったことはある?
ない? 奇遇だなァ。僕も初めてなんですよ(^-^)

魔法の粉