拍手をもらいたい編

■ 何度か拍手をもらったところで
皆さん、だいぶ拍手に慣れてきましたね〜^-^
 せっかく頂いた拍手ですから、コメントを返しておくのもいいでしょう。
 よく「会話はキャッチボール」と言いますが、マジックもできるだけキャッチボールした方が「心の通った印象(疎通性)」がよくなるものです。「マジシャンが演技を見せる → 観客が拍手する → マジシャンがコメント」というキャッチボール。さらに「→観客が笑う」というボールが返ってくるかもしれません。




■ 拍手がもらえなかったとき
視線での拍手、有難う御座います
 虚無さんの御投稿。マーフィーの法則のなかに「説得できなければ混乱させよ」 とあったのを思い出します。まったくもって意味不明なフレーズが、意外と有効なものです。使ってみて下さい。




■ 拍手がないとき
会場を見渡しながら
何か忘れてません?
一呼吸置いて、自分で拍手。
チロリアンさんの御投稿。「特に子ども達は拍手することに慣れてませんので効果的ですよ」とのこと。子ども相手じゃなくても、大人相手でも十分通じるフレーズです。




■ 他のテーブルの大きな拍手を聞いたとき
隣のテーブル、騒がしいですねぇ。
こっちも負けてられませんよ〜!
このマジックが成功したあかつきには、
あれよりも「騒がしい拍手」をお願いします(笑)
やっぱり拍手の大きさでは負けたくないですよね。
……というよりちょっとしたジョークです(笑)




■ 拍手が少ないとき
拍手が嬉しいですねぇ〜!(^-^
 今回はLumiere(ルミエール)さんのネタ。 説明も投稿者自身のものを引用させて頂きましょう。
-------------------------------------------
 これは僕がショーでの登場の時に必ず言っている言葉です。 プロフィールを読まれて紹介され、そこで登場し、 拍手が小さかったりした時にグッと大きくなるフレーズです。
 僕は最初の登場時にサラッと言い流しますが、 場合によっては現象が起こっても反応がなかったり、 もしくは「え〜?!どうして〜???」と口だけでの反応とか 驚きのあまり表情以外何も反応がない .......といった時に言うのも効果的だと思います。
 「拍手が嬉しいですねぇ〜!」の「が」を 強調するのも面白いと思いますよ。ご参考までに。 ------------------------------------------
 なんか、この感覚分かるな〜。実に使えそうなフレーズ。あなたのキャラクターに合わせて使ってみましょう。




■ 拍手が少ないとき
やる気のない拍手、ありがとうございます(笑
 これを言っておけば笑いをとれますし拍手も大きくなります(^-^v また、次からの拍手が大きくなるでしょう。ぜひお試しあれ。




■ 演技の途中、ギャグやフラリッシュ(技)などに対して拍手がきたとき
その拍手はマジックが成功したときにお願いします(^-^)
 別に、これは演技の途中の拍手を拒むことを目的としてるわけではありません。
 「演技の最後にはもっと拍手を下さい」と暗に言ってるのです(笑)




■ 会場からぱらぱらと寂しい拍手がおこったとき
場内割れんばかりのまばらな拍手、ありがとうございます。
 マジちゃんさんの御投稿。
 「今までこれで確実に笑いはとれました。そして拍手も大きくなります。」 ……とのことです。これはとき耳にする便利なフレーズですねぇ。使えます。皆様もぜひ使ってみてください。




■ 拍手してもらったとき
皆様、お仕事御苦労様です。
暗に……
マジシャンの仕事は「マジックを見せること」
観客の仕事は「拍手すること」
……と言ってることになりますよね(笑)




■ 拍手が遅れてきたとき
同情からの拍手、ありがとうございます(笑
 マジックを見せるのにマジシャンが気を使うのは当然ですが
 マジックを見るのに観客だって気を使ったりするものなのです。




■ 拍手をもらいたいタイミングの前に
飲み物は置いておきましょう
拍手のとき邪魔になりますから(^_^)
 誰もコップを手にしてなくても使って下さい。目的はあくまで拍手を促すことですから。
 宴会では「飲み物」ですが、食事の場なら「フォークやナイフ」、ハンドバッグをお持ちの御婦人がいるようなときには「お持ちの物はヒザの上に……」と応用してお使い下さい。




←戻る
←←トップ