びっくり箱 別館
横丁の隠居部屋

隠居の寝言
「ご挨拶」



『独り言』をご愛読頂いて本当に有難う御座います。
 真面目にこうした文章を書くと言うのは私には苦手な作業で、書いている途中でふととんでもない脱線をしてしまいそうになるのです。
 まあ言えば縁側で日向ぼっこをしている隠居が「今の若い者は・・・」とぶつぶつ呟いているのが『独り言』、余りの暖かさについウトウトとしてしまった隠居が何か意味の無い寝言を言うという感覚でこの『隠居の寝言』というものを作ってみました。
 当然『寝言』ですから、何時どんな話題が飛び出すか私自身にも全く予想も付きません。
 一応は手品に関係した話にはなると思いますが、それすら全く保証の限りでは有りません。
 と、言う訳でこういう欄を作りました、と言うご挨拶でした。
 こちらの方は全く不定期に更新することになると思いますので、皆様も気が向いた時にふらっと立ち寄ってみて頂きたいと存じます。




←戻る
←←トップに戻る