びっくり箱 別館
横丁の隠居部屋

隠居の独り言


第1回 はじめに
第2回 手品・奇術・マジックetc
第3回 手品の歴史
第4回 プロの手品・アマチュアの手品
第5回 手品って?
第6回 芸とは
第7回 不思議って
第8回 手品のタネ
第9回 観客との距離
第10回 結果が全て
第11回 究極の手品
第12回 不思議で怪しくない
第13回 自分自身が信じる
第14回 手品師に必要な資質
第15回 過剰サービス
第16回 単純明快
第17回 観客との対話
第18回 手品を見て頂く
第19回 現象の必然性
第20回 手品との関わり方
第21回 基本に忠実
第22回 良い観客
第23回 手品が上手になりたい

--寝言は以上で完了いたしました。



←トップに戻る