びっくりマジック!

サーストンの3原則
1)あらかじめ現象を話さない
2)同じマジックを続けて行わない
3)種を明かさない



  マジックをある程度知っている人なら「サーストンの3原則」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 逆に言えば「サーストンの3原則」を言えずして、マジックを知ったつもりでいるだなんて恥ずかしい! 今日まで知らなかった人も、今日はこれを覚えて帰りましょう。
  これはハワード・サーストン(Howard Thurston,1869-1936)というアメリカで大活躍していたマジシャンが言った、 マジックを見せるときの大切なルールです。
(……実際にサーストンが言ったかどうかは怪しいと言われています。しかし、とても大切なルールなのでそこには目をつむりましょう^-^;)

1.何が起こるかを先に言わない
  具体的には……
「ハンカチからハトを出します!」「このトランプが消えるから見てて!」
……なんてことは言っちゃいけない、ということです。
  何も言わずにハトを出し、トランプを消して見せればいいんです。それを先に何が起こるかを言ってしまうと、マジックが成功したときの驚きが減っちゃいます。それに、何が起こるかを知っている客はタネを見破り易くなってしまうかも知れませんよね。
  もしも何かを言うのなら、何が起こるかは言わずに「このハンカチを見ててごらん? スゴイことが起こるよ」「このトランプを見てて! 一瞬だからね!」なんてことを言えばいいんです。
  考えてみれば、当たり前でしょ? びっくり箱を渡して「この箱を開けるとピエロが飛び出るよ♪」と言う人はいないでしょ? 言うなら「この箱の中を見てよ。スゴイものが入ってるんだ」なんてことを言わなきゃね。

2.同じマジックを2度やらない
  よく「今のマジック、もう一度やってよ!」なんて言われることがあります。それは大抵、マジックが不思議だったときや気に入ってくれたときに出る言葉で、ありがたいものです。しかし、2度やってはいけません。マジックの驚きは初めて見た時が一番で、2度目はどうしても驚きが減ります。なぜなら、何が起こるかが分かっているからです。
  だって、びっくり箱を2度開けても2度目は驚かないでしょ? それに2度目を見せようとすると、「今度はタネを見破ってやろう」と思う観客が増えてしまいます。ですから「え〜! もう一度みたかったのに〜」と惜しまれながらでも終わるのが一番なんです。

3.種を明かさない
  これはとても大切なことです。マジックを見せると「どうして?」と聞かれることがよくあります。不思議なものを見たときに、それがどうなっているのかを知りたくなるのは当たり前のことです。しかし、種を明かしてはいけません。種を明かしてしまうと、せっかくウケたマジックも「な〜んだ、そうなってたのか」で片付けられてしまいます。それに、同じマジックを持ちネタにしている他の人に対して悪いでしょ?
  マジックの種を明かすのは、本当に相手がマジックを学んで身につけてもちネタにするだけの「やる気」があるときに限られます。マジックをちょっと見せて、それを教えてしまうのは絶対にダメ。あなたがせっかく見せたマジックを終わるとき、「こーなってたのか」と言われるよりも「種を知りたかったな〜。それにしてもスゴかったな〜」と言われて終わった方がいいでしょ? これが守れなければマジックをする資格はないでしょう。さて、あなたはこれを守れますか?

←マジックのメニューに戻る