びっくりマジック


MCの意義
 いったいMCにはどんな目的があるのでしょうか。それを個人的に考えてみたことを書いてみたいと思います。
 よくMCを「演技と演技の間の準備時間をつなぐもの」ぐらいに思っている人がいます。そのような意味を持っているのも事実です。しかし、それ以上の意味もあるのです。MCの持つ意味についていくつか挙げてみましょう。




■ステージ上から声をかけることで、マジシャンと観客という2つの集団の心の距離を縮める。

 ロックやポップス等のライブ(コンサート)でも、ひたすらに歌うのではなく、大抵はアーティストがお喋りをする時間を挟むものです。お喋りといってもステージ上ですから、一方的なものです。しかしそれでも、その言葉を通してマジシャン・MCの心に触れることで、観客はマジシャンという集団に対して少しだけ親近感を強めるものなのです。MCであるあなたがマジシャン達の代表者=「顔」になるのです。観客に親近感を持ってもらえるようにしましょう。
(余談ですが、クラシックのコンサートの場合は司会や演奏者のお喋りはあまり行われません。その理由は…… ̄藾媼圓蓮岾擺錙廚箸靴討琉靴い剖瓩 ▲侫ーマルである ……といったものが考えられます。)



■演者・演技の情報を伝えることで、演者・演技に対する親近感、期待感、思い入れを強めてもらう。

 「熟知性の原理」というものがあります。これは「知らないものより知っているもの、ちょっと知ってるものよりもよく知ってるものの方が親近感が強まる」というもの。せっかくですからマジシャンに少しでも親近感を持ってもらいましょう。MCであるあなたがマジシャン達の「顔」になるわけです(^-^)

 また同じ演技でも、期待感を高めた方がすごく見えるもので、「このクラブの中で、ボールを扱わせたら彼の右に出るものはいません」なんて言われたら、たとえその演技の価値が分からなくても「すごいんだ〜」と感心してしまうもの。普通だったら何の感想もなく食べてしまう牛肉でも、「これは高級松坂牛なんだよ!」と出されれば「やっぱり高級松坂牛は美味しいねぇ!」となるもの……と説明した方が分かりやすいでしょうか(笑)

 そして思い入れも大切です。上手ではない演技でも「先日デビューしたばかりの彼、応援してやって下さい」と言われれば応援の気持ちを持ってもらえるでしょうし、「今日まで未発表だったマジックを本日初公開!」と言われれば何だか得した気分に、「今回限りで引退。見おさめです」と言われれば見逃せない気持ちになるものです。あなたの思い入れが観客に伝わるんです。MCであるあなたの一言が観客の態度を変えるかもしれないのです。



■MCを入れることで連続するマジックの間に区切りを入れ、観客の集中力を高める。

 マジックの演技がひたすら続くと集中力が切れます。それが、いつ終わるとも知れないものだったらなおさらのこと。ですから、ちょっとした区切りを入れてあげましょう。さらに「マジックショーも半分まできました」だとか「マジックも残り3つ」等と説明を入れると観客も「残り半分」「残り3つ」と無意識に集中力が高まるものです。



 さて、色々と書いてみましたが、どうでしょうか。今まで「MCって時間を潰すのが大変! いったい何を話せばいいんだろ?」と思っていた人も、この3つの意味を考えてみたことで自ずと話すべき言葉が見つけられるようになったのではないでしょうか。MCを時間つぶしと考えるのはやめましょう。MCであるあなたの言葉が、マジシャン達の演技の素晴らしさを引き出すのです。ぜひ頑張ってみて下さい。
←戻る

←←トップに戻る