奇術題材考

 

 


突然だが、近松門左衛門は芸は「虚と実の間」(虚実皮膜)にあるという。
これは実だけを追い求めた芸に近松が言った言葉だが、逆のこと、つまり虚だけを追い求めることにも十二分に言える。

ここではストーリー性を持った奇術の題材について研究してみたい。




(comment 05-9-22)
 放置しまくりですが、考えれば考えるほどに凄まじいことになりまして…すみませんがもっと待ってください(汗)
どうせならしっかりした物を纏め上げたいですし。それにちゃんと誤りが無いようにしなくてはなりませんし。
とり合えず「キリスト教世界について」「ギリシア・ローマ神話について」を目下構成中であります。
奇術に直接役に立たないかもしれないけど、ゆるしてね。完全に趣味の世界だから(笑)
奇術への応用例を豊富に載せたいんですよ…まぁこれは後から追加という形になるかな?


indexページへ