直線上に配置



        

奇術とボランティア活動
        
  
                                                                  
                                 
                   
    
     
Since       2002/1/18                                       

Last Update   2017/7/18

                                      
  
                                                          
三重県の3つの高校で新しく奇術部をつくり、福祉施設を訪問し奇術の披露を通してボランティア活動を25年間やってきたが、平成13年3月顧問の退職により奇術部が消えてしまった。
  特に奇術部初期の頃には奇術の道具も少なく技術も未熟で大変な時もあったが、いつの時にも熱心にボランティア活動に取り組む生徒に出会い、その生徒達と一緒に活動を続けてきた。ボランティア活動は技術や道具でするのではなく、熱意と誠意があればできるのだということも生徒から教えてもらった。試行錯誤を繰り返しながら活動を続けてきた奇術部25年間の記録である。
      
                   
                                                 
奇術部顧問   幾田宗男
    
               
                                                                     
      



                     マジックショー 
                                      

 「何とかして大きなクラブに成長したい」の1つの思いがマジックショーの開催につながった。白子高校奇術部マジックショー(第1回〜第7回)と津東高校奇術部マジックショー(第1回〜第4回)などのVTRから印象に残ったマジックを動画でごらんください。


                                                
            
白い幼生たち1        中華セイロ1

            ゾンビボール1        
皿まわし

            人体交換           白い幼生たち6      
            
                              
            
スポンジボール        ロープからの脱出

            
赤いハンカチ         おしゃべりマジック

            
水晶玉の予言         動物の予言

            
クリスタルBOX        カード4

            
浜名湖花博          しりとり

                       
                   三重県津市の活性化について取り組んでいます     津を活性化しよう

        
                                            
                  
 
 次へ