チャンピオンズリーグ・ノート05/06



    
トップ グループリーグ 決勝ラウンド 出場クラブ 試合




<出場32クラブ・データ>     FCバルセロナ 
     
         
バルセロナ (スペイン1位)   http://www.fcbarcelona.com
ホーム バルセロナ (カンプ・ノウ)
主なタイトル 欧州チャンピオンズ・カップ優勝 1回
欧州カップウィナーズ・カップ優勝 4回
国内リーグ優勝 17回
国内カップ優勝 24回
最近の成績 00/01=1次リーグ敗退
01/02=ベスト4
02/03=ベスト8
04/05=ベスト16
今季の成績 (グループリーグ/グループC)
[1]A ●2−0 ブレーメン 【得】デコ、ロナウジーニョ
[2]H ●4−1 ウディネーゼ 【得】ロナウジーニョ3、デコ
[3]A △0−0 パナシナイコス 
[4]H ●5−0 パナシナイコス 【得】ファン・ボメル、エトオ3、メッシ
[5]H ●3−1 ブレーメン 【得】ガブリ、ロナウジーニョ、ラーション
[6]A ●2−0 ウディネーゼ 【得】エスケーロ、イニエスタ
=決勝ラウンド進出 (1位 16pts 5勝1分 16得点2失点)

(決勝ラウンド/1回戦)
[07]A ●2−1 チェルシー 【得】OG、エトオ
[08]H △1−1 チェルシー 【得】ロナウジーニョ
=準々決勝進出 (1勝1分 3得点2失点)

(準々決勝)
[09]A △0−0 ベンフィカ
[10]H ●2−0 ベンフィカ 【得】ロナウジーニョ、エトオ
=準決勝進出 (1勝1分 2得点0失点)

(準決勝)
[11]A ●1−0 ミラン 【得】ジュリ
[12]H △0−0 ミラン
=決勝進出 (1勝1分 1得点0失点)

(決勝)
[13]N ●2−1 アーセナル 【得】エトオ、ベレッチ
=優勝
得点 7=ロナウジーニョ
6=エトオ
2=デコ
1=ファン・ボメル、メッシ、ガブリ、ラーション、エスケーロ、イニエスタ、ジュリ、ベレッチ
警告 4=プジョル、オレゲル
3=デコ
2=ファン・ボメル、マルケス、イニエスタ
1=シャビ、モッタ、ロナウジーニョ、ベレッチ、エトオ、エジミウソン、ラーション
出場停止 1=プジョル、デコ、オレゲル


監督/フランク・ライカールト (オランダ)
GK [07]
[08]
[09]
[10]
[11]
[12]
[13]

1 ビクトル・バルデス
82/1/14 183/78
スペイン代表






12/0
25 アルベルト・ホルケラ
79/3/3 183/77
スペイン






1/0
28 ルベン・マルチネス
84/6/22 187/82
スペイン






DF [07]
[08]
[09]
[10]
[11]
[12]
[13]

2 ジュリアーノ・ベレッチ
76/6/20 179/74
ブラジル代表





1
10/1
4 ラファエル・マルケス
79/2/13 182/74
メキシコ代表






8/0
5 カルロス・プジョル
78/4/13 178/80
スペイン代表

×




12/0
12 ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト
75/2/5 178/75
オランダ代表






13/0
15 エジミウソン
76/7/10 186/75
ブラジル代表






9/0
16 シウビーニョ
74/4/12
元ブラジル代表






1/0
23 オレゲル
80/2/2 187/82
スペイン




×

11/0
26 ロドリ
84/8/17
スペイン






0/0
32 ダミア
82/4/15
スペイン






0/0
MF [07]
[08]
[09]
[10]
[11]
[12]
[13]

3 チアゴ・モッタ
82/8/28 187/83
ブラジル






7/0
6 シャビ・エルナンデス
80/1/25 170/69
スペイン代表






4/0
10 ロナウジーニョ
80/3/21 181/80
ブラジル代表
1

1



12/7
17 マルク・ファン・ボメル
77/4/22 187/85
オランダ代表






9/1
18 ガブリ・ガルシア
79/2/10 174/74
元スペイン代表






4/1
20 デコ
77/8/27 177/73
ポルトガル代表



×


11/2
24 アンドレス・イニエスタ
84/5/11 170/65
スペイン






11/1
30 リオネル・メッシ
87/6/24
アルゼンチン
代表







6/1
FW [07]
[08]
[09]
[10]
[11]
[12]
[13]

7 ヘンリク・ラーション
71/9/20 178/75
スウェーデン
代表







10/1
8 ルドビク・ジュリ
76/7/10 164/64
フランス代表



1


8/1
9 サミュエル・エトオ
81/3/10 180/75
カメルーン代表 1


1


1
11/6
11 マキシ・ロペス
84/4/3 189/89
アルゼンチン
代表







1/0
14 サンティアゴ・エスケーロ
76/12/14 181/73
スペイン






4/1
- name
birth
nation






◎フル出場、○先発(途中交代)、△途中出場、▽途中出場途中交代、−サブ
●▲(黒記号)退場、×出場停止、数字=得点数、Y=警告


監督/フランク・ライカールト (オランダ)
GK [1]
[2]
[3]
[4]
[5]
[6]

1 ビクトル・バルデス
82/1/14 183/78
スペイン代表





5/0
25 アルベルト・ホルケラ
79/3/3 183/77
スペイン





1/0
28 ルベン・マルチネス
84/6/22 187/82
スペイン





DF [1]
[2]
[3]
[4]
[5]
[6]

2 ジュリアーノ・ベレッチ
76/6/20 179/74
ブラジル代表





5/0
4 ラファエル・マルケス
79/2/13 182/74
メキシコ代表





3/0
5 カルロス・プジョル
78/4/13 178/80
スペイン代表





6/0
12 ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト
75/2/5 178/75
オランダ代表





6/0
15 エジミウソン
76/7/10 186/75
ブラジル代表





3/0
16 シウビーニョ
74/4/12
元ブラジル代表





0/0
23 オレゲール
80/2/2 187/82
スペイン





5/0
32 ダミア
82/4/15
スペイン





0/0
MF [1]
[2]
[3]
[4]
[5]
[6]

3 チアゴ・モッタ
82/8/28 187/83
ブラジル





3/0
6 シャビ・エルナンデス
80/1/25 170/69
スペイン代表





4/0
10 ロナウジーニョ
80/3/21 181/80
ブラジル代表 1
3


1

5/5
17 マルク・ファン・ボメル
77/4/22 187/85
オランダ代表


1


4/1
18 ガブリ・ガルシア
79/2/10 174/74
元スペイン代表




1
3/1
20 デコ
77/8/27 177/73
ポルトガル代表 1
1




5/2
24 アンドレス・イニエスタ
84/5/11 170/65
スペイン




1
5/1
30 リオネル・メッシ
87/6/24
アルゼンチン代表


1


4/1
FW [1]
[2]
[3]
[4]
[5]
[6]

7 ヘンリク・ラーション
71/9/20 178/75
スウェーデン代表



1

4/1
8 ルドビク・ジュリ
76/7/10 164/64
フランス代表





3/0
9 サミュエル・エトオ
81/3/10 180/75
カメルーン代表


3


4/3
11 マキシ・ロペス
84/4/3 189/89
アルゼンチン代表





0/0
14 サンティアゴ・エスケーロ
76/12/14 181/73
スペイン




1
4/1
- name
birth
nation





◎フル出場、○先発(途中交代)、△途中出場、▽途中出場途中交代、−サブ
●▲(黒記号)退場、×出場停止、数字=得点数


(ちょっと感想)
・ついに悲願だった2度目のビッグイヤー獲得。攻撃的スタイルでの制覇だけに、より価値が高い気がする。
といっても、今回の優勝の要因の一つには、守る時は守るというリアリスティックな戦いが出来たこともあり。
そして、昨季同様にケガ人が多かったものの、長期離脱はシャビとメッシぐらいで、イニエスタがブレイクするなどなんとかやりくりできたのも大きい感じだった。
リーガでも連覇を達成し2冠。当然来季も優勝候補だろうがモチベーションは下がるか。


ミニ・リポート
(グループリーグ)
[1]05/9/14 (A) 2−0 ブレーメン

エトオ
ロナウジーニョ            ジュリ
デコ      シャビ
マルケス
ジオ    オレゲル   プジョル  ベレッチ
|V・バルデス|

・守備に追われる苦しいゲーム、なんとか制す。
>>試合
[2]05/9/27 (H)4−1 ウディネーゼ

エトオ
ロナウジーニョ          メッシ
   デコ     ファン・ボメル
シャビ
ジオ    オレゲル   プジョル  ベレッチ
|V・バルデス|

・ロナウジーニョのハットトリックなどで大勝。 
>>試合
[3]05/10/18 (A) 0−0 パナシナイコス

エトオ
ロナウジーニョ          ラーション
   デコ     ファン・ボメル
シャビ
ジオ    マルケス   プジョル  ベレッチ
|V・バルデス|

・ロナウジーニョはじめ攻撃陣を封じられ、チャンスにはエトオがブレーキ。不完全燃焼のスコアレスドロー。
[4]05/11/2 (H) 5−0 パナシナイコス

エトオ
ロナウジーニョ          メッシ
イニエスタ     ファン・ボメル
シャビ
ジオ    プジョル   エジミウソン オレゲル
|V・バルデス|

・開始30秒過ぎ、イニエスタのパスで抜け出たファン・ボメルが冷静にループを決め先制すると、14分にはイニエスタのクロスをエトオがヘッドで決め2点目。
さらに34分に相手のバックパスを奪ったメッシが決めると、40分にはロナウジーニョのパスをエトオが決め、前半だけで4ゴール。
そして後半65分には、エトオが芸術的なミドルループ。ハットトリックを達成しこの日は打ち止め。圧勝した。
[5]05/11/22 (H) 3−1 ブレーメン

ラーション
ロナウジーニョ          ジュリ
デコ       ガブリ
モッタ
ジオ    マルケス   プジョル  オレゲル
|V・バルデス|

・14分、ロナウジーニョのパスで抜け出したガブリが決め先制。
22分にPKで追いつかれたが、26分、ロナウジーニョの左からのFKが競り合う選手をすり抜けゴール。すぐにリードを奪い返す。
これで余裕を持ったこともあり、クラシコ圧勝の凱旋とばかりに圧倒的なパスワークを見せると、後半71分、ロナウジーニョのパスをラーションが決め、勝負を決めた。
これで決勝ラウンド進出とともに、首位も決めた。
[6]05/12/7 (A) 0−2 ウディネーゼ

ラーション
エスケーロ           ジュリ
デコ       ガブリ
エジミウソン
ジオ    オレゲル   プジョル  ベレッチ
|ホルケラ|

・主力を温存しつつ勝利。 >>詳細
(決勝ラウンド1回戦)
[7]06/2/22 (A) 2−1 チェルシー

エトオ
ロナウジーニョ            メッシ
モッタ          デコ
エジミウソン
ジオ    プジョル   マルケス  オレゲル
|V・バルデス|

・数的有利の中で先制されたが、逆転勝利。 >>試合
[8]06/3/7 (H) 1−1 チェルシー

エトオ
ロナウジーニョ            メッシ
モッタ          デコ
エジミウソン
ジオ    プジョル   マルケス  オレゲル
|V・バルデス|

・ドローとはいえ攻守に圧倒、リベンジ果たす。 >>試合
(準々決勝)
[9]06/3/28 (A) 0−0 ベンフィカ

エトオ
ロナウジーニョ          ラーション
デコ        ファン・ボメル
イニエスタ
ジオ    モッタ   オレゲル  ベレッチ
|V・バルデス|

・多くのチャンス生かせずドロー。 >>試合
[10]06/4/5 (H) 2−0 ベンフィカ

エトオ
ロナウジーニョ          ラーション
デコ        ファン・ボメル
イニエスタ
ジオ    オレゲル  プジョル  ベレッチ
|V・バルデス|

・慎重な試合運びで準決勝進出。 >>試合
(準決勝)
[11]06/4/18 (A) 1−0 ミラン

エトオ
ロナウジーニョ            ジュリ
イニエスタ     ファン・ボメル
エジミウソン
ジオ    プジョル  マルケス  オレゲル
|V・バルデス|

・ジュリの一撃。敵地で先勝 >>試合
[12]06/4/26 (H) 0−0 ミラン

エトオ
ロナウジーニョ           ジュリ
イニエスタ       デコ
エジミウソン
ジオ    プジョル  マルケス  ベレッチ
|V・バルデス|

・歓喜のスコアレスドロー。 >>試合
(決勝)
[13]06/5/17 (N) 2−1 アーセナル

ロナウジーニョ
エトオ                ジュリ
デコ        ファン・ボメル
エジミウソン
ジオ    プジョル  マルケス  オレゲル
|V・バルデス|

・終盤の逆転劇で悲願のビッグイヤー獲得! >>試合


冬の移籍状況
inout

DFダミア(サンタンデール) *レンタル


(ちょっと展望)
・一昨季後半の勢いそのままに、昨季は華麗な攻撃サッカーで実に6年ぶりのリーガ制覇。いよいよビッグイヤーへの準備は整った。
補強がファン・ボメルとエスケーロだけだったということも、昨季のチームへの自信という感じ。
当然ながら優勝候補だけど、なかなか頂点を極めるのが難しいスタイルでもあり、果たしてリアリズム全盛の中でビッグイヤーを獲得できるのか興味深くもある。
グループリーグは難敵の多いやや厳しい組合せだが、それでも突破はほぼ確実だろう。
とにかくケガ人を最小限にとどめたい(笑)


主な移籍状況
inout
MFファン・ボメル(PSV)
FWエスケーロ(ビルバオ)
GKリュストゥ(フェネルバフチェ)R
DFオスカル・ロペス(ベティス)R
DFフェルナンド・ナバロ(マジョルカ)R
MFセルヒオ・ガルシア(サラゴサ)
MFリケルメ(ビジャレアル)
MFジェラール(モナコ)




ホームへ