さて、あとがき

 長い長い4th Seasonもやっと終わりました。(てこれを書いているときは11月30日、まだポストシーズン4連戦が終わっていませんがw)
 とりあえず2nd Seasonは結局まとめる気もないまま終わってしまいましたので(笑)4th Seasonはちゃんとまとめて終わりましょう、ということを考えました。
 徒然なるままに書きたいと思いますが、文脈等変かもしれませんが、ご了承下さい。


1 まずは動機から。

 まあもともとは3rd Seasonを担当しましたBucchii様が都合により来年度の主催を降りるということを申されたことがきっかけではあります。
 ただ、実は私自身、3rd Seasonに参加していて、思ったことがありました。

「Woody BELL'Zって、こんなに弱いチームじゃなかったはずなんだけどね」

 まあ、3rd Seasonは皆様も御存知の通り、SCMが序盤からビュンビュン飛ばして桜花杯と第1ステージを制し、Winter杯は控え中心のオーダーで負けたものの、第2ステージも途中まではリーグを席巻していた、と。
 まあそのことに対して今さら異議は申しません。
 ただそれにしてはWoody BELL'Zに関してはあまりにも酷すぎた、と。
 第1ステージはとにかく勝つことができずに(何しろ最終戦を除いた8節のSSS戦以外とにかく勝てていないのですから。2連続オウンゴールって、普通あり得なさそうだし)ブログでは内紛とか煽り立てていましたけど、実際参加している方としてはあまりにも、という展開でした。
 その後旧RMS選手を斬って新しい血を入れて、ということもやったのですが、結局てこ入れにならず第2ステージは惨敗、と。
 まあ最後は私も頭に来て、ブログは更新しなくなり、オーダーもとにかくいい加減、というような状況になりました。というか、その時点でお仕事の方ものっぴきならない状況になって、仕事でもストレスたっぷり抱えて、その上でこの「ときメモサッカー」でもストレスをさらに抱えて、と、もうお話にならない状況でした。
 この辺りの詳細は「運行記録2」に書いてある通りですので、そちらもお読み下さい。

 で結局このままじゃ仕事を続けられなくなって、ということで1月から仕事を休むことになりました。
 その時にうちのボスからは「戻ってくる時にはできるだけ忙しくならないようにするから」と言われました。まあその言葉を信じて、その時には4月の復帰を目指していました。
 そんな折、Bucchii様から「来年の主催はできない」旨の話があり、とりあえず余裕がある立場の私が引き受けてもいい、と4th Seasonの主催を引き受けました。
 そんなわけで、4th Seasonについては「Woody BELL'Zは果たして弱いチームだったのか」を主眼として主催を行うことになりました。
 みなさんには申し訳ないのですが、「4th」を引き受けた理由は若干黒かったです。


2 日程について

 ということで主催を行うことにしたのですが、日程の編成でいろいろと苦労をしました。
 というのは、当初は4月から仕事に復帰する予定でいたので、仕事の都合上「ときメモサッカー」が全くできない時期がいくつかできてしまいます。それを踏まえて計画を立てると、どうしても平日開催をしなければいけない場合が出てきました。
 それで当初出した計画が、

  3月下旬に桜花杯
  4月下旬から6月までに記念杯第1ステージ
  8月下旬から11月までに記念杯第2ステージとWinter杯
  12月下旬にポストシーズン

 という案でした。
 これはあくまでも仕事に復帰するという前提で、自分なりにどのタイミングならできるか、ということを推し量っての日程編成でした。
 だからシーズンが終わってからポストシーズンまで異様に長い気がするのですが、それはそこで調整をしてもらうためではなく、あくまでも私の都合により、なのです。

 もっとも、ですね。2月下旬に旅行してみて、今の状況だと4月に仕事に復帰してもまた同じことの繰り返しになるだろう、という風に判断をしたので(実際当時はそれくらい対人恐怖が激しかったのです)、結局休みが伸びてしまい、結局1年まるまる仕事休み、ということになりました。
 だからオールスターも当初はステージ間の長期休みの最後の週に行う予定でいたのですが、Bucchii様からその週も代表で使うことが言われた時、もし仕事に復帰していたら確実に潰す予定でした。


3 ルール変更について
 今回はBucchii様主催の3rd Seasonで感じた疑問をもとに、いくつか改訂をしてみました。

 A オーダーのメール提出化

 2nd Seasonでも実は感じたことで、3rd Seasonでも結局改善されなかったことが、「オーダーの掲示板による提出」でした。確かにこれは主催としては非常に楽で、「掲示板のオーダー」をもとにチーム編成をしてプレイできるので一見いい方法のように思えました。実際2ndの時には主催として楽だと思いまし拭
 ところが2ndの主催の時に、参加者の側から見た時に、「オーダーを見てそのオーダーに対しての戦略を立ててしまう」ことが可能だと気付きました。つまり、対戦するチームの片方は全くめくらな状況で対戦するのに、片方は相手の戦略を分かった上で対戦することになります。2ndの時には基本的に主催チームは真っ先に提示することは仕方がないな、と思っていましたが、さすがに3rdで参加者の側に回った時に、後出しされるのは嫌だな、と感じたものです。だから3rdでは一旦Bucchii様にメールでオーダーを出した後、対戦相手がオーダーを出したらこちらも公表する、という段取りを踏むことにしたわけです。

 そういったこともあって、オーダーを推理させることも戦略の一つ、という風に考えて今回オーダーのメール提出化を図ったわけです。メールで出せばそれが対戦相手に漏れることはないし、主催はメールが揃ってから公表をすればいいわけです。
 この方法は結構上手くいきました。今まで相手の様子を見てから出していた参加者が、オーダーをすぐに出してくれるようになりました。その分こちらも結構やりやすくなったかな、と思います。
 ただ最初の方は細かくチェックしてダメ出しもしておりましたが、途中から分からないことは基本オーダーに戻って、という感じで確認しなかったことは反省材料、ですね。
 だからぐうたら主催、といわれるんですけどね(笑)

 B コンバートの方法

 コンバートの方法については、Bucchii様の提案なさった方式では、コンバートしたらすぐにそのポジションに対応できるスーパーマンのようなキャラクターになっちゃうな、それはちょっとおかしいのではないかな、と思いました。だから私はこの件に関し、順々にそのポジションに慣れていくようにパラを細かく修正しようと思いました。
 で実際にやってみたのですが。
 主催をしていると、そのパラ管理がなかなか難しいな、と。実際パラ修正をするのが予定より遅れてしまいました。まあWBLだけしかコンバートをしなかったので、ほとんど被害はなかったんですけどね。
 これについては改善の余地はあると思います。5th Seasonを主催なさる方には、その辺りを研究してもらうといいかもしれません。

 C BGBGの設置。

 今回いろいろと議論があったのはおそらくこれだとは思いますが。
 もともとはオーダーのメール提出化で掲示板が寂しくなることを見越して、ゲームを振り返って貰うという趣旨で設定されたコーナーです。
 で本当ならばこの結果をもってパラに反映させようと考えたのは前にお話しした通りです。
 ただ結果として、各チームに与えられたパラの不平等感につながるのでやめた方がいいのではないか、という意見が続出して、その結果パラへの反映を断念した経緯があります。

 まあとにかく私の考えとしては、純粋にいいゲームってどういうゲームだろう、いいシュートってどんなものだろう、それをこのゲームの中でみんなで議論していくのも面白いんじゃない、というのがこれのもともとの趣旨です。

 ただその中でいろんな考えを参加者の中でも持っているわけですから、この件については不満に感じていた方も少なくなかったかもしれません。実際に捨井様にはその点については申し訳なく思いました。
 この点については今後主催する方がいらっしゃいましたら検討をしてみて戴きたい課題になったかと思います。(やるやらないの是非を含めまして)

4 チームについて

 先ほどお話ししました通り、もともとBucchii様が提示なさったパラメータ、およびポジション等による補正には不平等感があるのですが、それを選ぶのは参加者な訳ですし、その不平等を理由に文句を言うのはお門違いなわけですけど。
 それ以上にチームに不平等感を増幅させるファクターがあります。選手の移籍です。
 選手の移籍によって、もともとパラに補正をつけていた選手の補正分が減ってしまう、そういった現象が起きてしまうのは仕方がないかな、と思うのです。そして参加者の多くはそれを承知の上で移籍をさせていると思うのです。
 そういう意味では、HANが強かったのは当然といえるでしょう。何しろ移籍による補正分の減少が最も少なかったのですから。そしてそういう意味ではEWIも強いのは当然かと。
 WBLについては、Bucchii様からパラをいただいた時に気がついたことを実行したわけですが。(まあちょっと反則ですね(^^;))
 第1ステージ異様に後藤のゴールが多かったのは記憶にあったかと思いますが、実は今回第1ステージのパラ配分の全部を後藤に投下しました。だから後藤があまりにも強くなった、という現象が起きたわけですが。
 まあパラ配分については基本的には秘密ですが、これも参考にするといいかもしれませんね(笑)
 一方SSSやSCMが弱体化したのは、恐らく3rd Seasonで育ててきた選手を海外に移籍させた(させられた)ことにより、補正分の減少が大きかったのではないか、と思いました。
 実際問題として、HANがあまりにも強い、という事実は早くも桜花杯で露見したわけですけどね。


5 運営上のいろいろな問題について

 で今回はいろいろとご迷惑をおかけいたしました。
 まずは3月、従来からあったMacが突然成仏してしまい、結局ノートPCを買って新エース機として活動をはじめるまで、オーダー提出用として使用する予定だったメールアドレスが全く使えなくなりました。
 その他旅行等により連絡がヤフアドになることもありましたけど、ちょっと予想外なことだっただけに…

 そして9月に転居して実家に戻ったことにより、オーダーの提出方法がいろいろと変わってしまったのも申し訳なかったかな、と。もともとは前の家に居座る予定だったのですが、いろんな人から実家に戻った方がいい、と言われて結局戻ったことで、やはりこれもメール関係とかご迷惑をおかけしました。

 あとは特に実家に戻っての第2ステージに頻発したのですが、ゲーム終了後にフリーズがかかって強制リセット、ということが度々ありました。原因は私の与り知らぬ形での交代で本来交代枠が3しかないのが4使ってしまったので、個人記録との整合がつかなくなったというのが原因でした。これに関しては私もうんざりしながらネカフェに行ってプレイしたということもありました。
 それ以外にWinter杯の3位決定戦で一旦決着が付いたのにアホなリセットをしてしまったのも…(原因はマッチモードでプレイしていることを失念して、いつものように上から2番目(リーグ、カップモードだと記録に飛ぶボタン)を押してしまったことです。まさか「モードセレクト」だったとは気付きませんでした)


6 来シーズンの主催について

 ということで、来シーズンの主催について、ですが。

 私は来シーズンの主催は降ります。

 一応今回は仕事が楽になる、という前提で引き受けましたが、来年4月から仕事に復帰した際に、現在と同じような活動ができるか、というと、実は難しいかな、と思っています。少なくてもこれまでのように休日にまとめてゲームができる環境ではないと思っています。そして平日もおそらくはゲームをプレイしている余裕はないかな、と。
 前の家ならまだそういった余裕があるんですけど、さすがに実家で両親と一緒の状態だと長時間ゲームをしているわけには。
 それに、2nd Seasonからどうも主催の率いるチームは強い、という風評が立っていて、そのまま来年も、というのは面白くないと思うのです。またどうせWBLが優勝しちゃうんじゃないか、とかね。
 そういう事情から、来年は私は主催を降りることに決めました。
 もし5th Seasonを運営なさりたい、という方がおりましたら、積極的にお手をお挙げ下さいませ。運営面のノウハウはBucchii様なり私なりの方で必要ならば手助けしたいとは思います。(よろしいですよね、Bucchii様?)

 なお来年度も参加者として参加する意向は持っています。
 もちろんWBLは私のチームということで。(笑)
 でもう1チームのEWIの方は、基本的には信之介様にお返しするのが筋なのですが、実際問題として信之介様が結婚後ネット生活から離脱なさっているような状況(「しんのすけのぺぇじ」も半年以上放置されている状況)ですし、信之介様から「チームを返してくれor消滅させてくれ」という要求がない限りは私が持つことになるかなとは思います。


 最後になりましたが、皆様の今回の企画への御参加および御協力、大変感謝しております。ありがとうございました。特にBucchii様と砂月様が同時に入院なされた時に、捨井様や薫様、B様にはSCM、DMS、およびSKUのオーダー提出等ご協力戴きまして、主催といたしましても本当にありがたく思いました。もちろんBucchii様、砂月様におかれましても、お身体が大変な中で今回の企画に御参加戴きまして、本当に感謝の念でいっぱいです。
 本当にどうもありがとうございました。

 とにかく今回も結構いろいろとご迷惑をおかけしながらの運営になってしまいましたが、また来年同じような企画が立ち上がってまた一緒にやれるといいな、と思っております。
 では長文になりましたけど、これにて失礼いたします。

スーパー白鳥13号

(09.3.1追記)
 で最後になりますが、だいぶ遅れてしまい申し訳ないなと思うのですが、5thの主催を引受ける方がいなさそうですので、パラメータを公開させていただきます。

 こちらを押して下さい。各チームのパラメータを一覧にまとめました。