まち遺産ネット
ひこね

城下町彦根には、歴史を語る数多くの「まち遺産」があります。
知られざる「まち遺産」を再発見することで、市民が誇れるまちを目指します。
      活動報告
  
 トップページ > ぶらひこねプロジェクト
 彦根は、江戸時代の城下町の建物や町割、近代化遺産に至るまで、数多くの歴史的資源(まち遺産)に恵まれています。しかも、まだまだ知られていないまち遺産がたくさんあります。
 私たちは、まち遺産を楽しむ最良の方法は、とにかくまちを歩くことだと考えます。そのために、まち歩きのコースを作り、市民や観光客のみなさんに新しい彦根の楽しみ方を提案します。
 あなたもマップを片手に、城下町をぶらぶら歩いてみませんか?
ぶらひこねコース1 鍾馗さんマップ
記念すべき第1弾は、屋根の上の守り神、鍾馗(しょうき)さんです。彦根のまちを歩くと、古民家の屋根の上に瓦でできた魔除け人形を見ることができます。彦根城下町での分布を調べた「鍾馗さんマップ」を持って、宝探しにでかけましょう! <2012.11.17発行>
詳細はこちら
鍾馗さんマップをダウンロード(PDF、892KB)
ぶらひこねコース2 彦根城外堀マップ
かつて三重の堀に囲まれた彦根城でしたが、明治時代以降、外堀は少しずつ埋め立てられました。しかし、江戸時代の古地図「御城下惣絵図(ごじょうかそうえず)」を手がかりに歩くと、外堀の痕跡をたどることができます。地面に刻まれた外堀の記憶を探してみましょう! <2012.12.20発行、2015.11.01改訂>
外堀マップをダウンロード(PDF、1.8MB)
ぶらひこねコース3 花しょうぶ通りマップ
花しょうぶ通りは、戦国時代をテーマにまちづくりを進める元気な商店街です。このまちのみどころは、江戸時代の城下町の町割や古民家がきれいに残っていること。「御城下惣絵図」を片手に花しょうぶ通りとその周辺を歩いて、城下町の魅力がぎっしり詰まったまちを楽しみましょう! <2014.02.23発行、2015.09.01改訂>
花しょうぶ通りマップをダウンロード(PDF、957KB)
ぶらひこねコース4 七曲がりマップ
彦根城下町と中山道を結ぶ七曲がりは、伝統工芸・彦根仏壇のお店が並ぶ、職人の技が光るまちです。江戸時代から変わらない町並み、風情ある路地、歴史を語る寺社など、みどころがいっぱい! 江戸時代の古地図「御城下惣絵図」を持って七曲がりを散策し、ゆったりとした時の流れを感じてみませんか? <2014.03.16発行、2016.10.09改訂>
七曲がりマップをダウンロード(PDF、906KB)
ぶらひこねコース5 伝馬町・川原町マップ
江戸時代、中央商店街は「伝馬町」「通り町」、銀座商店街は「川原町」「土橋町」という名前でした。当時から城下町の商業の中心地で、たくさんの人やモノが行き交ったところです。江戸時代の古地図「御城下惣絵図」を持ってまちを歩き、商店街とその周辺に残る昔ながらの路地を発見してみましょう! <2014.09.21発行>
伝馬町・川原町マップをダウンロード(PDF、892KB)
ぶらひこねコース6 本町・魚屋町マップ
彦根城を見た後、夢京橋キャッスルロードや四番町スクエアを歩くだけではもったいない! 実は、そこから脇道に入ったところにこそ、江戸時代の町家や寺院、近代の遺産など、城下町らしい風景が残っているのです。本物の歴史遺産を探しに、城下町を歩いてみましょう。 <2014.10.18発行、2016.10.29改訂>
本町・魚屋町マップをダウンロード(PDF、952KB)
ぶらひこねコース7 彦根駅前マップ
彦根駅前の通りは、ビルや飲食店が建ち並ぶ現代的な市街地になっています。しかし、それは表の顔に過ぎません。路地に一歩足を踏み入れると、江戸時代の町割がそのまま残り、今もそこに人々の暮らしがあるのです。古地図と見比べながらまちを歩き、路地に残る城下町の遺伝子をたどってみましょう。 <2014.11.1発行>
彦根駅前マップをダウンロード(PDF、875KB)
ぶらひこねコース8 足軽組屋敷マップ
路地の迷宮へようこそ! 外堀と芹川の間には、城下町の外周を守るように、江戸時代の歩兵「足軽(あしがる)」の屋敷が配置されました。現在も、狭い路地の中にたくさんの足軽組屋敷が残っています。江戸時代の古地図「御城下惣絵図」のまま残されたまちを探検してみましょう! <2015.9.1発行>
足軽組屋敷マップをダウンロード(PDF、1.07MB)

ぶらひこねコース9 松原湊マップ
彦根の湖の玄関口へようこそ! 江戸時代の松原湊(みなと)は、年貢米などたくさんの物資が集まる水運の拠点で、城下町の中にある港町でした。今も残る水辺の風景、水主(かこ)屋敷や蔵などの建物、そして埋め立てられた水路跡から、琵琶湖と人々の生活が密着していた時代を想像してみましょう。 <2016.12.31発行>
松原湊マップをダウンロード(PDF、892KB)