2011年02月28日 天候:晴れ 気温:18℃ :北
ポイントバラ沈 / 倉蔵根
コンディション 水温:℃ 流れ緩い
透明度:m ガイドてつや 記入者てつや




2011年02月27日 天候:晴れ 気温:24℃ :北東
ポイント人丸島SP / 猫に小判根 
コンディション 水温:℃ 流れ緩い
透明度:15-20m ガイドしゅん 記入者しゅん
風が少し吹き始めましたが、快晴の小笠原です。
出港日の為、午前中に2DV

まずは人丸島SP
エントリーするとすぐにウメイロモドキの群れ
一面に青と黄色が鮮やかでした。

透明度がもう少し良ければかなりキレイ↑魚影は濃いです

その中をヒレナガカンパチが2匹優雅に泳いで行きました!カッコイイ!!
アーチの下にはアジアコショウダイの群れ・ヨスジフエダイなどがのんびり群れていました。

2本目は猫に小判根
根の周りを流していくと沢山のきれいなソフトコーラルに、カラフルな魚達
キイロハギ・フエダイ・バラハタ・キンギョハナダイ・パイナップルウミウシなど

本日出港日、盛大に見送り!!
またの再会を楽しみにしています。


2011年02月26日 天候:晴れ 気温:24℃ :北東
ポイント: 孫島平根 / スモール沖根
コンディション:良 水温:21℃ 2.5m 流れ緩い
透明度:10-15m ガイドしゅん  記入者しゅん
雲ひとつない快晴の小笠原。
風も弱く絶好のダイビング日和。
孫島と弟島でそれぞれ1DVずつして来ました。

1本目は父島列島最北にある孫島平根へ。

壁沿いを流すとウメイロモドキとクマザサハナムロ群れが
まるでカーテンのように舞い、
釣り人に人気のイシガキダイも少し深い所で群れてました。
大きなヒレナガカンパチも登場。
イソマグロも1匹ひょっこり現れました。
久々の孫島

2本目に向かう途中には子供のクジラを発見。
ひとり尾びれで水面をたたいたり、とび跳ねたり。
10分ほど写真を撮ってるといきなり目の前で母クジラが大きなブリーチング。
まるで子供に見本を見せる様に1回だけ見せてくれました。

2本目は弟島スモール沖根へ。

先ほどのクジラが南下してきてたので、それを狙い水に入りますが
声すら聞こえない。やっぱり下心があると会えませんね。
根の周りにはパイナップル、ヒブサミノ、コイボのウミウシ達。
大きなクジラが見たかったのに、小物がやたらと目につきます。
その他キンギョハナダイ、タテジマキンチャクダイ、オビシメ等に会ってEXIT。

明日は出港日。
午前中に2DVの予定です。

2011年02月25日 天候:晴れ 気温:24℃ :東
ポイント タコ岩 / 鹿浜
コンディション 水温:21℃ :3 流れ緩い
透明度:15-20m ガイドしゅん 記入者しゅん
東風がまだ強いですが、穏やかに晴れた小笠原。
島の西側で2DVして来ました。

1本目は二見湾を出てすぐのタコ岩へ。

クジラのブローが近くで見えたのでしめしめと思いつつ水に入ると
クマザサハナムロの群れが足元を泳ぎすぎて行き
ムロアジの群れもフラッとやって来ました。
カマスサワラも水面あたりを泳いでました。
クジラ狙いのお客さんだったので後半はひたすら中層を流します。
ずっと声が聞こえます。ドキドキします。
みんなキョロキョロしてます。がそう簡単には会えません。
船に戻るとすぐ近くを泳いでいったとの事。残念!

2本目は北上し弟島鹿浜へ。

ユウゼンとベニオチョウチョウウオの赤ちゃんは遊んでて
お腹に黄色の帯を巻いたオビシメのオスもいました。
美味しそうなヒレナガカンパチ2匹とシロワニに会いに行きますが、不在。
代わりにネムリブカがグルグル。イヤイヤ、君じゃなくて。。。
岩の隙間にはイセエビの姿も。

今日は東京も暖かいらしいですね。
明日も島周りで2DVの予定です。

2011年02月20日 天候:曇り 気温:23℃ :北東
ポイント 人丸島SP / SHIKAKU
コンディション 水温:21℃ :2 流れ緩い
透明度:15-20m ガイドしゅん 記入者しゅん
昨夜まで雨がパラパラしてたんですが、朝にはやんで曇り空の小笠原。
風も無くのんびりした日曜日。
島周りで2DVして来ました。

1本目は人丸島SPへ。

水に入ると珍しく黄色のササヨが同時に3匹も。
ゴロタの隙間をよく見ると、イソギンチャクでかくれんぼ?してるイソギンチャクモエビ。
トカラミドリガイも発見。
アーチにはカッポレ、ナンヨウカイワリ、ロウニンアジ。
数は少ないけどきれいな青のハナゴイとキンギョハナダイもいました。

2本目は兄島滝之浦のSHIKAKUへ。

昨日の雨で水が心配でしたが、とてもきれいでした。
サンゴの上を流し、砂地をぬけると沈船の残骸 SHIKAKUへ。
スカシテンジクダイはダイバーを覆うほどに沢山群れ、
中をのぞくとキンメモドキの群れ、タテジマキンチャクダイの幼魚。
ミドリリュウグウ・ヒカリ・モンジャとウミウシも沢山。
最後はひょっこりヒレナガカンパチが顔を出しました。

ダイビングの後は少し沖に出てザトウクジラを探します。
何頭かブロウしますが、今日はつれない一日でした。
明日は出港日です。

2011年02月15日 天候:晴れ 気温:24℃ :南西
ポイントタコ岩 / 弟島鹿浜
コンディション 水温:21℃ :2.5 流れ緩い
透明度:15-20m ガイドしゅん 記入者しゅん

東京では雪が積もって寒そうですが、今日も晴れて暖かい小笠原。
出港日の為、午前中に2DVして来ました。

1本目は西の大物ポイント タコ岩へ。

水に入るとたくさんのクマザサハナムロとウメイロモドキが
群れでのんびり食事中。
下の方ではヒレナガカンパチがウロウロしてて
ハナミノカサゴは岩陰でのんびりホバリング。
大きなテッセラータウミウシ2匹も少しずつ移動中。
クジラの声を聞きながら安全停止をしていると
島寿司のネタのカマスサワラもやって来ました。

クジラを探しながら北上し2本目は弟島の北にある鹿浜へ。

ゴロタの周りには小笠原固有種のオビシメ。
釣り人に人気のイシガキダイ。タイガースカラーのミギマキ。
ベニオ、カスミ、トゲとチョウチョウウオも沢山見れました。
そしてアーチの下をのぞくとシロワニ!と思いきやネムリブカでした。残念。

午後は見送りダイブです。
遠い所まで遊び来てくれありがとうございました。
また遊び来て下さいね。

和子さん、数年ぶりのウェザーだそうです!

2011年02月14日 天候:晴れ 気温:21℃ :東
ポイント 人丸島SP / バラ沈
コンディション 水温:21℃ :3 流れ緩い
透明度:10−15m ガイドしゅん 記入者しゅん
今日は風もおさまり気持ち良く晴れた小笠原。
島民と内地のお客さんと島周りで2DVして来ました。

1本目は西の人丸島SPへ。

水に入りゴロタの上をのんびり流すと
ネムリブカがうっとうしいそうに逃げて行き
色っぽい唇のアジアコショウダイは岩陰でのんびり。
ゴロタの隙間には隠れきれてないオニダルマオコゼも。

2本目は兄島の沈船ポイント バラ沈へ。

カンパチの子供がお出迎え。
沈船の残骸は格好の魚達の住み家。
アカヒメジ、ノコギリダイ、ヨスジフエダイはぐっちゃり群れてて
アカシマシラヒゲエビ、ハナエニシキウミウシ等の小物も。
美味しそうなアカバは沈船に一生懸命踏ん張ってました。
安全停止中にはツバメウオと写真を撮ってEXIT。


ダイビング後はホエールウォッチング。
明日は出港日の為、午前中に2DVの予定です。

2010年02月13日 天候:曇り 気温:20℃ :北西
ポイント 万作の鼻 / マルベ
コンディション 水温:21℃ :4 流れ緩い
透明度:15−20m ガイドしゅん 記入者しゅん
今日は曇り空の小笠原。
北西の風が強くバチャバチャですが、島影は問題無く潜れました。
東と南のポイントで潜って来ました。

1本目は兄島の南東にある万作の鼻へ。

大きなバラハタ2匹がお出迎え。
アーチの中からはネムリブカが出て来て
たくさんのミナミハタンポもライトを照らすとあっち行ったりこっち行ったり。
美味しそうなカノコイセエビも岩の隙間でのんびりしてました。
サンゴの欠片をひっくり返すと可愛らしいキンチャクガニも。
浮上開始前にはアオウミガメも来てくれました。

2本目は父島の南 マルベです。

シロワニは残念ながら不在。
代わりにこっちにもネムリブカがグルグル回ってました。
シロワニの穴に入らなかったゲスト1人だけ水中イルカ!!
羨ましい…
カスミチョウチョウウオ、ユカタハタ、テングダイ、メガネゴンべ
小さなフタスジリュウキュウスズメダイはサンゴを出たり入ったり。
安全停止中にはムロアジが群れてやって来ました。


ダイビング後はホエールウォッチング。
母クジラにピッタリ寄り添う子供のクジラ。愛らしいです。
明日も島周りで2DVの予定です。

2011年02月12日 天候:晴れ 気温:22℃ :北西
ポイント
コンディション 水温:℃ 流れ緩い
透明度:m ガイド 記入者
お待ち下さい

2011年02月11日 天候:晴れ 気温:22℃ :南
ポイント 弟島スモール / SHIKAKU
コンディション 水温:21℃ 1.5m 流れ緩い
透明度:15−20m ガイドしゅん 記入者:しゅん
今日もポカポカ陽気の小笠原。
関東では積雪の予報ですが、ここは20℃を少し越えて暖かいです。
島民のお客さんと島周りで2DVして来ました。

出港するとクジラのお迎えです。

船長のひと時

1本目は弟島 スモールへ。

ピグミーシーホースを目指して水深を下げウミウチワへ。
そして1匹だけですが小さな体を巻きつけていました。ホント小さい。
クジラの声がずっと聞こえていたんですが、姿は見えず。
水中ではそんな簡単には見れませんね。
サンゴの間には目が綺麗なアワハダキモガニ。
アオウミガメもやって来ました。

2本目は兄島 SHIKAKUへ。

小さな根には特徴的な色のミナミハコフグの幼魚。
沈船の残骸には粉雪の様な沢山のスカシテンジクダイ。
オトヒメ・アカシマシラヒゲ・オシャレカクレ・サラサの小さなエビ類に
大きなニシキウミウシも。


最近はザトウクジラのブロウがいたるところで見られます。
明日は入港日。午後から2DVの予定です。

2011年02月09日 天候:晴れ 気温:22℃ :南西
ポイント かぼちゃ / タコ岩
コンディション 水温:20℃ 2m 流れ緩い
透明度:15−20m ガイドしゅん 記入者しゅん
今日も気持ち良く晴れた小笠原。
気温も20℃を超えて暖かいです。
出港日なので午前中に2DVして来ました。

1本目は二見港を出航して南下しました。
小港海岸の沖にあるポイント かぼちゃです。

綺麗な白砂の水底をのんびり進みます。
口がとても長いフエヤッコダイ、鮮やかな黄色のキイロハギ。
着物の友禅染から名前がついたユウゼン。
小さな根の周りにはノコギリダイとアカヒメジがビッシリ。
それらに混ざりアジアコショウダイ、ヨスジフエダイも群れて漂ってました。



2本目は最近お気に入りのタコ岩へ。

ウメイロモドキとクマザサハナムロの群れが交差するように行き交い
ムロアジは懸命に食事中。
イソマグロも2匹登場。小笠原固有種のオビシメ。
岩の隙間にはミナミハコフグにミノカサゴ。
安全停止中には島寿司のネタにもなる3匹のカマスサワラも登場。

今日は出港日です。
2月だけど海パン1枚で見送りダイブして来ます。

2010年02月06日 天候:晴れ 気温:20℃ :南西
ポイント 西島大岩 / 弟島鹿浜
コンディション 水温:20℃ :1.5 流れ緩い
透明度:15−20m ガイドしゅん 記入者しゅん
今日も冬晴れの小笠原。
海は凪、風もなく太陽もポカポカの日曜日です。
島民ダイバーと島周りで2DVしてきました。

1本目は西島大岩へ。

のんびりしたダイビングでした。
水に入るとすぐに旨そうなヒレナガカンパチ登場。
アカヒメジ、ノコギリダイ、アジアコショウダイは
まるで絵の様に小さな根にびっしりついて群れてました。



2本目はシロワニに会いに弟島鹿浜へ。

ゴロタの上をドキドキしながら進むと
日本固有種のユウゼン、ベニオチョウチョウウオ。
そしてアーチの下には鹿浜の主役シロワニ登場。
おとなしい性格とはいえイカツイ顔つき。迫力あります。
安全停止中にはウミガメも登場。

帰りにはザトウクジラ発見。
ハシナガイルカがピョンピョン跳ねてる横で
ザトウクジラは大きなブロウをしてました。

今日も夕焼けがきれいそうです。

2011年02月05日 天候:曇り 気温:20℃ :南西
ポイント タコ岩 / 西島黒岩
コンディション 水温:20℃ 2m 流れ緩い
透明度:15m ガイドしゅん 記入者しゅん
今日は曇り空の小笠原。南風なのでとっても暖かい!
島民ダイバーが沢山遊びに来てくれました。

1本目はタコ岩へ 

ENTしてすぐに大きなイソマグロが悠然と現れ
その周りをウメイロモドキ、ムロアジ、クマザサハナムロが群れ
ゴロタにはツチホゼリ、イシガキダイ、アカハタ。
ナンヨウハギは1匹で元気に泳ぎ回り
クマノミは真っ白のイソギンチャクでゴロゴロしてました。

水面休息をとりながらホエールウォッチング。
何回かの大きなブロウと、遠くにはブリーチングも見る事が出来ました。
クジラが沢山です。水中で会いたいですね〜

2本目は西島黒岩へ。

砂地の上では3匹のネムリブカが折り重なるように寝てて
ハリセンボンはなぜかすでに怒ってました。
モンガラカワハギにも会えました。
安全停止中にはカマスサワラ&アオウミガメも顔を見せてくれました。


明日は入港日です。

2010年02月03日 天候:晴れ 気温:20℃ :北東
ポイント 人丸島SP / タコ岩
コンディション 水温:20℃ :1.5 流れ緩い
透明度:15−20m ガイドしゅん 記入者しゅん
今日も気持ちいい冬晴れの小笠原。
出港日の為、午前中に2DVして来ました。

1本目は人丸島SPへ。

岩の裂け目にライトを照らしながら進んで行くと
カスミアジがビックリして逃げていき
大きなネムリブカもダイバーのすぐ横を通り過ぎていき
ネッタイミノカサゴは静かにホバリングしてました。
大きなカノコイセエビと小さなオトヒメエビも仲良く近くにいて
沖の根にはアカヒメジとノコギリダイが群れてのんびりしてました。

クジラを探しながら水面休息を取り
2本目は西の大物ポイント タコ岩へ。

大きなヒレナガカンパチ2匹がお出迎え。
カスミアジも群れててイソマグロは1匹でウロウロしてました。
こちらにもネムリブカが寝てて
安全停止中には四方からたくさんの大きなカマスサワラが
ダイバーに興味津々で泳ぎ回ってました。

今日は出港日。
盛大に見送りダイブして来ました。
また遊び来て下さいね。



2011年02月02日 天候:晴れ 気温:19℃ :北東
ポイント マルベ / 巽の浅根
コンディション 水温:21℃ :2 流れ少々
透明度:15-20m ガイドしゅん 記入者しゅん
今日もおだやかな冬晴れの小笠原。
島周りで2DVして来ました。

1本目は父島の南ハートロックのすぐ下のポイント マルベへ。

水に入り、シロワニに会いに行きますが不在。残念。
気を取り直しゴロタの上をゆっくり流すと
大きなマダラエイがお出迎え。
ゴロタの隙間にはカノコイセエビ。
小笠原固有種のオビシメ。ユウゼンの赤ちゃんも元気一杯でした。
キイボキヌハダウミウシの姿も。

少しいびつですがハートロック

2本目は潮止まりを狙って巽の浅根へ。

根の周りを流すとクマノミ、タテジマキンチャクダイ、コガネヤッコ
中層にはたくさんのウメイロモドキ、クマザサハナムロ、ムロアジ
その上を4,5匹の大きなカマスサワラが悠然と泳いでいきました。

そしてダイビング後にはホエールウオッチング。
ザトウクジラが船から5M程の距離で大きなブロウ。大迫力!
40分程船にくっついてくれ大迫力!
遠くではブリーチングも披露してくれました。

明日は出港日です。
午前中に2DVの予定です。

2011年02月01日 天候:晴れ 気温:19℃ :北西
ポイント 万作の鼻 / ワシントンビーチ
コンディション 水温:20℃ :3.5 流れ緩い
透明度:15-20m ガイドしゅん 記入者しゅん
今日から2月です。
昨日の風も弱まり、晴れて気持ちのいい朝の小笠原です。
今日も島周りで2DVと体験ダイビングです。

1本目は兄島 万作の鼻へ。

入るとすぐにナンヨウカイワリがお出迎え。
続いてヒレナガカンパチの子供達もダイバーの周りをウロウロ。
アーチの下の暗がりでは人差し指程のイセエビの赤ちゃん。
たくさんのサラサエビやホシゾラウミウシの小物も。
ヒレナガヤッコもペアで仲良く泳いでました。

昼休みには体験ダイビング。
ウミガメも来てくれたし、とても上手でしたよ。

2本目はまったりワシントンビーチへ。

砂地とサンゴの上をゆっくり流します。
白い砂地にキレイな青と黄のウメイロモドキの群れ。
良いサイズのバラハタ。
大きなヒトミハタは岩の陰からこっちを見てて
すぐ横をニシキウミウシがゆっくり移動中でした。
ヒラムシもヒラヒラ移動中


明日の天気も晴れ予報です。