今朝方見た夢・夢殿
BackNumber 41-80

←HOMEPAGE
←夢殿
←BackNumber 1- 40


(41-50)+−−−−+−−−−+−−−−+
靴下は無地か、または、ワンポイント
句読点と書いて、くとうてん、と読む。
近くの工場の塀にからみついたカヅラを
休みなのでゆっくりしようと思ってご飯
円周率をあなたは何桁まで言えますか。
ニュースクリップ 11/07-11/13
巷にて流行りたる占いのさまざまなること
今朝、目覚ましに起こされて、時計を
SSといったらショートショートのことだと
他人のちょっとクールなウェブサイトの
(51-60)+−−−−+−−−−+−−−−+
更新日記にも書いたけど、read me! と
出藍の誉れ。酒の名前みたい。
もしかしてオレって超能力者かも、
ニュースクリップ 11/14-11/17
獅子座の流星群も今朝からのあいにくの雨
今日聴いた印象に残った台詞。
ボクの前世ってなんだろう。
2千円札の偽札がもうでたらしい。
一生のうちに使えるチョメチョメの
こんな超能力者だったら、ってネタでまた
(61-70)+−−−−+−−−−+−−−−+
朝起きた時に幽体離脱していないか、確認
2足歩行のロボットが、ホンダ、ソニー
正式公開からはや一月。
ニュースクリップ 11/17-11/23
友人たちと酒蔵の見学にいって、付属の
自由席の新幹線にのりました。
テレビから聞こえてきた話題なのですが、
ヨーグルトが好きで、たまに食べます。
もみまんといったら紅葉饅頭なのだが、
今日はニュースクリップでも書こうかな、
(71-80)+−−−−+−−−−+−−−−+
北海道では大雪が降ったらしい。
バカは風邪をひかないのか、アホが風邪を
いま、日付を確認していて突然に気付いた
ぞうのたまごの玉子やきならぬ駝鳥の玉子
駝鳥といえば、ちょっと前になるのだが、
極悪非道な某サイトオーナーに、
もしも癌だと宣告されたら。
一人称にもいろいろあるよね。
星空を見上げた。
冷蔵庫を漁って、でてきたものでメシを
80




━−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80 

靴下は無地か、または、ワンポイントまでとする。
今日はいてる靴下にはワンポイントの刺繍が入っています。
それをみてつらつらと無駄なことを考えてみました。
そもそも、なぜそんなことを考えたかというと、
その靴下、本当にワンポイントなんです。
靴下に右と左があるんです。
たぶん、ポイントの刺繍は外側に来るように履くものだと思うので、
左右の、外側の踝のところに刺繍がついているのです。
これが内側にもついていたら、靴下を履くとき、
どちらが右でどちらが左でなんて悩まなくてもすむじゃぁありませんか。
さらに、左右交互に履きわければなんか長持ちしそうじゃありませんか。
だいたい安物のスリッパにだって左右の違いはないじゃないですか、
などと無駄に憤ってみました。
内側にも刺繍がついていたら、
それはワンポイントではなくてツーポイントだろ、
とか、そんな話なんです。
いえ、ツーポイントという言葉があるのかどうか知りません。
そもそもツーポインツだ、なんてことはこだわりません。
便宜上そう呼ぶだけです。
だけど、何故かこだわってしまって、ワンポイントで、かつ、
左右が対称になる靴下ってどんな物か考えてみたんです。
その1、ポイントが足の裏についている。
だいたい左右の真ん中なので、
あまり左右にこだわる必要がなくなりますし、
これならそもそも見えないのですから、
左右を間違えてもへっちゃらです。
でも見えないおしゃれなんて、通でないと喜ばないかも。
その2、ポイントが踝ではなく足の甲のところやかかとの方、
あるいはその上方についている。
左右が対称にはなるんですが、
どうも自分が今までにみた靴下のポイントって、横についてるでしょ、
靴下がねじれてますよってコメントが来そうでちょっといや。
その3、靴下を買うときにカードかなにかにポイントを溜めてくれる。
あ、つまらなかったですね。次いきましょう。
その4、ツーポイントつき、つまり左右がないようにポイントがついているんだけど、
それが犬の模様である。
以下、自粛…

(2000.11.09)
−━−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80 

句読点と書いて、くとうてん、と読む。テンは読点、丸は句点。
文章の最後には、文の切れ目を表す記号として句点がつけられる。
もっとも横書きの場合にはピリオドをつけたり、最近ではびっくりマークこと「!」
や、はてなマークこと「?」をつけることも普通に見られるようになってきた。
今回の話題は、疑問符や感嘆符の後ろに句点をうつなよ、かっこわるいから、
とかいう種類のものではない。読点は「、」のほうが、カンマである「, 」より
好きだとか、そういう話題でもない。小さい時の話である。

文章の最後につく、句点、たとえば、「今日は晴れました。」を
「きょうははれました マル」なんて遊びで読んでいた時期があった。
実は兄弟喧嘩なんかしたときに、その伝で、兄貴に、
「お前はバカですマル」なんて言われて、ムキになって、
「マルじゃなくてバツ!」なんて言い返していたことを思い出したのだ。
句点としてのバツ、なんて意識はなかったのだが、よくよく考えてみると、
疑問符や感嘆符がその文の性質を示しているように、
ちょっと嘘を言うときに句点としてバツを使うなんてのも、
なかなか悪くないアイディアではないかな、なんて思うのである×

(2000.11.09)
−−━−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80 

近くの工場の塀にからみついたカヅラを見た。
葉は切れ込みにより複雑な形となっている。
やはり秋だということでまん丸の実がなっていた。
そういえば、葉っぱや花はその形態が様々であるが、
実の形はけっこう単純で丸いだけのものが多いような気がする。
ここで「実」なんて一くくりにしてしまっているが、
植物学的な話は、さておいといて欲しいのである。
その実の中に入っているタネなんかはほっとくのである。
豆や楓、変わったところでは仏手柑、いくらでも例外はあるが、
主立った「実」は丸いのである、と思いついたのである。
木の実草の実大きさや色は異なれども球形のものが多い。
アスパラガスの赤い実、藪欄の黒い実、朝顔、トマト、蜜柑、
いっそのこと林檎も球に分類してしまおう。ちと季節はずれだが
西瓜も球である。おなじ瓜科の胡瓜なんかも無理矢理球に分類と。
ちょっとのばしただけだもんね。そこまで拡張すれば何者も
怖くない。茄子?ぜんぜんオッケー。キャベツ?丸い丸い。
でもソレ、実じゃないけど。
てな具合でいろんなものが丸いことに気がついた。
何故だろう。葉っぱはいろんな形があるのに。

ちょっと科学的な考察。きっと表面積と体積の関係に違いない。
実はある意味貯蔵目的の倉庫だから風船みたいにただ膨らんで、
丸い球形のものが多い、と。そういえば、シランの実を割って、
その種を見たとき、自分の中のタネのあるべき姿とのギャップに
驚いた覚えがある。

ココ数日寝不足なんで話がとりとめない。脈絡もおかしいかも。
まぁ丸いモノの話ということで丸く納めるということで。
(追記) …ここまで大急ぎでアップしてからスーパーに買い物に行って来て… やってしましました。本当にそういうことをやってしまうから 事実は小説より奇なり、などと昔から言うわけで。 ほら実りの秋だし、さっきまであんなこと書いていたので、 サブリミナル効果で果物を食べたくなったわけで、 梨などを買ってしまったわけで、レジを通ったあと、 いろいろなものを袋につめこんでいたんですが、梨は丸いわけで、 ころっと転がるわけで、あっと気がついた(音で)時には、 後の祭り、強者どもが夢の跡。床の上でひしゃげておりました。 何がいいたいかというと…落ちが梨だと。 (普段なら、あぁこの200円どうしてくれよう、などと 地団駄を踏んで(すくなくとも心の内では)悔しがるところを、 今日は我ながら可笑しくて、まぁネタになったからイイか、 なんておおらかな気持ちでいられました。)
(2000.11.10) −−−━+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  休みなのでゆっくりしようと思ってご飯などを炊いてみた。 いや、さほどたいしたことはしていない。ただ、米を研いで、 電気炊飯器にしかけてスイッチを押すだけのことである。 米は一度にたくさん炊いた方が美味いときいたことがあるので、 炊飯器の限度いっぱいである4合を炊いた。 雨ニモ負ケズの中で一日に米を4合食うように書いてあったように 記憶しているが、力仕事をしているわけでもない自分には 4合の米を一日に食らうのは無理なので、余ったぶんは 冷凍しておいて、あとで電子レンジであたためて食うことにした。 確かに炊き立てのメシは美味いものである。 おかずなどなくても食えてしまう。おかずなど、… …本当のところをいうと、おかずの用意を忘れていたのである。 仕方なくみそ汁なぞというものを作ってみる。完璧である。 一汁一菜。おや、まだ、菜のほうがないではないか。 ついでにサイついでに妻もない。それはそれ、おいておくことにして。 そういえばアレがあった。最終兵器のご登場。 いつぞや買ったわさびふりかけである。これは重宝この上ないことに、 メシのともにもなれば、蕎麦の薬味にもなる。 むしゃむしゃむしゃ。うん、美味い。 しかし同じ味ではだんだん飽きてくるので台所をさがしたら、 煎り胡麻があるではないか。よしよし、とこれをメシに大量に ふりかけて混ぜてみる。なんやらビタミンもあるというし、 なかなか美味いではないか。 とにもかくにも腹はいっぱいになったし、 腹くちくなりたれば気持ちも和らぐ。 うまいことごまかしたということで一件落着。 (2000.11.12) −−−−╋−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  円周率をあなたは何桁まで言えますか。 3.141592653589793238462643383279 これで下30桁である。このくらいまではチョロいチョロいという方も多かろう。 有名な覚え方なんかもあるのである。 産医師異国に向かう産後厄無く産婦み社に虫さんざん闇に鳴く とつづくのである。様々なバージョンがあるのだろうが、ボクの知っているのはこれだ。 小学校のころ競い合って様々な無駄なものを覚えあった名残で、まだ言えるのである。 実は、これ、音として「さんてんいちよんいちごーきゅうにーろくごーさんごー…」 という呪文として覚えてしまっているのであって、覚え方もへったくれもないのだが、 セットで覚えているのである。当時、更に先を覚えるのに挑戦したかったのだが、 あのころ、58桁ほど以降、円周率がその後どうつづくのか、調べてもわからなかった。 まぁ調べる範囲も小学生のこと、限られていた。しかも、当時ネットサーフィンなんて できなかったから、なおさら情報の範囲はせまかった。 今ならいくらでも調べることができるし、パソコンの上で動く円周率計算ソフトなんて いうものもある。それこそ何千桁でも何万桁でも知りたいだけ数値は知ることができる。 だがなんというかまあ、今はもう、そういうことを覚えたいような年頃ではないのだ。 実際的なことに目を移して、円周率の何桁までが必要か、ということになると、 計算に使うのはせいぜい3.1416(下4桁目は5であるが、その下の9を切り上げたもの) がせいぜいだろう。電卓を使うなら表示桁いっぱいうちこんでやってもいいが、 他の数値の精度がそこまでなけれ意味がないんで無駄である。 数学的な精確さを要する場合はπ(パイ)という文字で書けば無限桁の精度なのだし。 それでも小学生であった自分は円周率を覚えたかった。必要、不要は関係なく。 いまどきの小学生は、円周率を3とちょっと、というような教え方でしか 教わらなくなるらしいということを聞きかじった。なんとかわいそうに。いや、 知りたければネットで調べることのできる彼らのほうがめぐまれているのだろうか。 (2000.11.13) −−−−+━−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  以下ニュースタイトルは、いずれも http://www.asahi.com/ からの引用 2000.11.07 クローン人間禁ずる規制法案、審議入り 2000.11.13 クローンヤギ、国内で初めて誕生 >> 人間は駄目で山羊はオッケイか。もちろん、アニマルライツを認め  ていない自分としては線引きがあってもぜんぜんへっちゃら。  でも、自分の子供が自分の所有物でないように、クローンされた人間  にも人格を認め、細胞の提供者等の所有物では無いということさえ  はっきりさせておけば、クローン作ったっていいじゃない、と思う。  ちなみに11/7記事に引用された大島理森科技庁長官の発言は、  「技術の進展でクローン人間が生まれる危険性が高まっている」だそうだ。  危険性ねぇ。危険なのは、クローン人間が生まれることそれ自体  というより、クローンに対する社会の認識不足、議論不足、  で土壌が形成されていないこと、なのだと思うのだけどね。  あ、でも遺伝子レベルでの選別が許されると、遺伝子プールが小さく  なる危険性があるか。でも、それはクローンに限った話ではなく、  遺伝子差別という別のカテゴリにあたる話になるのだろう。 2000.11.13 「自殺マニュアル本」青少年への販売禁止 都が方針 >> こういう記事に対しては、かなり過敏に反応してしまうのだが、  これって、言論統制じゃん、と思う。そもそも、自殺本、ポルノ本  の類が「悪である」ということが「自明である」のかどうかの議論  さえせずに取り締まるのは言論・思想の自由を侵すのではないか。  極論をいえば「殺人のススメ」の様な本があったとしても、  (個人的にその類の本を認める訳ではないけれども)その本を発禁  とすることには抵抗を覚える。自分の倫理観に悖る他人の発言は、  それを覆い隠すのではなく、その発言の存在を認めた上で、それに  対して反論していく、あるいは、そのような教育をしていく、  ということのほうが本質的に大切であると思う。  ちなみに焚書にて本が燃えはじめる温度は、華氏451度である。 2000.11.13 京都議定書早期発行へ詰め COP6始まる >> 実質削減無しのまま数値目標を見かけ達成させようとしている  かのようにも見える日本政府の主張がどれだけ通るかが見物か。  いずれ、国民が意識しなければ二酸化炭素の削減は難しいだろう。 2000.11.13 モーグルの上村選手らがホームページ >> モーグリといえばジャングルブック。 (2000.11.14) −−−−+−━−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  巷にて流行りたる占いのさまざまなること。 いろいろな占いが流行っているようで、ウェブサイトをおとなうと毛色の変わった 占いがある。火付け役は、動物占いではないだろうか、と思う。(調べてみたわけ ではないが、あの動物占いというのも、実のところまったくのオリジナルではなく、 四柱推命の干支に動物を割り当てたものだろうと想像している)そのほかにも、 オーソドックスなところでは、血液型やら星座やら、姓名判断、誕生石やら、また、 回転寿司やら、カクテル(プースカフェ)、パン(パニーニ)、おさかな(めだか)、 さまざまな占いがある。まぁ出てきた卦を読んでみても、あぁ中たっているよ、 と思うものと、ぜんぜん違うぢゃないか、と思うものがある。所詮おあそびと割り きってしまうのがよろしい、ということになるのだが、それはそれ、おいそれとは ゆかぬ。週刊誌の今月のあなたの運勢なんてところを読んで、感じ入ってみたり、 保険のセールスレディが残していったバイオリズムに見入って、一喜一憂している。 いや、本来、動物占いではトラで、あまり星回りなどを信じる方でも無いのだが。 (2000.11.14) −−−−+−−━−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  今朝、目覚ましに起こされて、時計を見て、まずやったこと。 窓から外を見て朝なのか夕方なのかの確認。 なぜか、時刻の感覚がまったくなくて。 外をみたら明るいし、どうも朝であるようなので、 起きなくてはいけないとおもいたってシャワーを浴びました。 無意識に目覚ましをとめて2度寝するときの感覚って、 きっと、これに近いものがあるんじゃないかなぁ。 (原因は判っていて、起きる数時間前まで本読んでたからなんだけど) (2000.11.14) −−−−+−−−━+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  SSといったらショートショートのことだと信じていた私は、SS系と示された、 あるウェブサイトを訪れて驚愕に打ちのめされた。SSとはサイドストーリーのこと、 との註釈があったのだ。蜜柑のサイズにもSSを使うのはさいておいて (蜜柑は小振りなほうが美味いらしいですね。)、ショートショートを読もうと 思っていたのに違うところへとばされてしまうのは、いかにもショッキングではないか。 いや、すぐに戻ってこれるからいいんだけどさ。PC なんてのもとりあえず パーソナルコンピュータの略であると読みとっても問題のない場合が多いと思うが、 書いているヒトは PC-9801 のつもりだったり、マッキントッシュのパワーPC の ことのつもりなのかもしれない。HP などは、イマドキノワカイモノは ホームページのことだと認識している場合が多いのかもしれないが、 ヒューレット・パッカード社が先にこの略号を用いていたなぞという話もある。 (ここでは論旨からはずれるので、それに第一面倒なので、もともとホームページが ウェブサイトを示す言葉では無かっただのという議論は、やめておこうと思う。) そういえば、SFなんて文学を私はたしなむ。これも様々な言葉の略であるらしい。 サイエンスフィクションなんてのが一般的な認識だと思っていたが、 ソフィストケイテッドなんたらかんたらとか、なんたらかんたらファンタジーとか、 あぁもうおぼえてないや、さまざまなSFの複合体をSFと呼ぶのだという論を 読んだことがあるのだ。でも最近、SFと言われてハインラインだのアシモフ だのっていう小説の分野を思い出すヒトよりもなんたらフレンドを思い出すヒトが 増えてきていたりなんかしたりして。あぁ、私好みのSFが欲しいよう。 (2000.11.15) −−−−+−−−−╋−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  他人のちょっとクールなウェブサイトのページを見つけたりすると、参考のために、 ソースを見てみたいと思う。文字コードの違いにより他人のウェブサイトのソースが 文字化けして読めないときの対処方法。実際、ジオシティーズのファイルマネージャで htmlファイルに変更を加えて保存すると、EUCの文字コードになってしまう様で、 たいていのジオ上のサイトの「ソースを表示」してもボクのPCでは文字化けしてしまう。 ブラウザから自分のPC上に、自分の読める文字コードで、そのウェブサイトを保存する。 フレームの中など、ブラウザから「保存」を選択できない場合は、文字が読めなくても そのままソースをテキストエディタ等のソース表示用のアプリケーションから保存。 拡張子を「htm,html」などに変えてブラウザで表示し、別の文字コードで保存し直す。 フレーム表示を司るファイルはブラウザの保存コマンドで保存されるため、画面上には 表示されないがソースを見ることができる。txt 形式にして、テキストビューアで読む。 この方法では、ブラウザが html ファイルを再生成しているようで、テキストの構造は、 必ずしもページ作成者の記述とは同じにならない。また、DOCTYPE や、文字コードを 規定する META タグが変化する。さらに、コメント文など(特に HEAD や BODY パート の内部に含まれない場合)の表示に関与しない部分が消えてしまうことがある。 以上は自分のネット環境(IE4 使用)において、経験から割り出したことなので、 再現性についての保証はありません。 (2000.11.15) −−−−+−−−−+━−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  更新日記にも書いたけど、read me! という読み物系のランキングサイトに登録してみた。 一番すごいところは一日に数万ヒットを稼いでいる。すっげぇ。 一日に1000以上のヒットを稼いでいるところが30くらい。 綾倉さんのエレメンタルノートで一日約300人が見ていることになるらしい。 さらにデイリー逆ランキングをさかのぼっていく。雑文祭で、なかなかすごいなぁ なんて思って見た名前のサイトがちらほら見られるが、そうやってみてみると、 一日に100人が見るということがもの凄いことであることがわかってくる。 一日に20人に見てもらえるだけでランキングの中位より少し上くらいの位置だ。 あぁ遠い道のり。千里の道も一歩からとはいえなんだか気が遠くなってきた。 (2000.11.15) −−−−+−−−−+−━−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  出藍の誉れ。酒の名前みたい。まぁいいや。 たとえば、がっこの先生が教えた学生ががっこの先生になったとする。 弟子のほうの先生が教えた学生の中からいずれがっこの先生がでるとする。 そういうことをずっとくり返して世の中は進んでいく、のだろう。 でもって1つ仮定をしてみる。がっこの先生は教わったことしか教えられない。 で、計算。何事にも100%ってないと思うわけ。というわけで1未満の任意の 数値を持つ An という数を考えてそれらの積をとる。 A(n) = A1×A2×A3×… …×An n の無限大の極限では、その積 A(n) は0に収束する、と。つまり、がっこの先生は どんどん無能になっていくと。出藍の誉れがないかぎり。というわけで、 がっこの先生はいろんな知識を貪欲に吸収して勉強しなくてはいけない。 ちょこっと。ちょこっとだけ思うんだけれど、ゆとりの教育だの、 繁分数を教えなくていいだのとか言っている政治家って自分が 理解できないから、そういっているだけなんじゃねぇのかなぁ。 (2000.11.16) −−−−+−−−−+−−━−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  もしかしてオレって超能力者かも、って思った瞬間。 夜の交差点で右から車が走ってくる。あ、この車、この交差点で曲がるぞ、 って予感があって、本当にその通りになった。 うふふ、すっごーい。いいことあったなぁ。なんて喜んでみたけど、 よくよく考えてみたら、本当はたいしたことないのかもしれない。 夜なので、比較的空いている道路を、自動車はとばしている。 さて次の交差点で曲がろうとおもったら、スピードを落とすだろう。 んでもって、むこうから来るその車のヘッドライトを見ているわけで、 スピードが微妙に落ちていることを無意識のうちに察知したに違いない。 なぁんだそれだけのことか、とちょっとがっくりきてみる。 悔しいから、ちょっと考察。そういう無意識下で分析した情報を 我々は第6感だの虫の知らせだのという言葉で認識しているのかもしれない。 書いてみてから思ったが、上の論にも既視感を感じる。昔読んだなにかから、 無意識のうちに引用してしまっているのかもしれない、というか多分、そう。 (2000.11.16) −−−−+−−−−+−−−━+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  以下ニュースタイトルは、いずれも http://www.asahi.com/ からの引用 2000.11.14 奉仕活動義務化に6割が消極的 国民会議への市民意見 >> 意見募集に対し2086件が10月末までに寄せられたとのこと。  そのうち、奉仕活動に対するものは697件で、積極論は183件、消極論は392件。  なににせよ、権力に強制されることを嫌うのは当たり前かもな。 2000.11.15 バリアフリーの道路標識が登場へ >> 交通バリアフリー法が15日に施行されるのにあわせ、エレベーターのある方向や、  障碍者の利用できる駐車場の場所などを示す新しい道路標識を定めた、とのこと。  標識をたてるだけではなく、また、予算消化的道路工事では掘り返すだけではなく、  バリアフリーを実現する方向の「建設的な」工事をしてもらいたいものだ。 2000.11.16 ブラックバス密放流の疑いで男性を書類送検 >> 「自分の釣り場にして、楽しもうと思っていた」というのが理由らしい。  なるほど、そういう動機だったのか、とあらためて納得。でもまぁ、それによって  誰にどういう迷惑をかけることになるか、の教育がきちんとされていないのが、  原因なんだろうな。 2000.11.16 試写会入場券は携帯の「画面」 仙台市 >> こういうサービスが増えると、さらにケイタイデンワの普及率があがるんだろうな。  オレもそろそろ潮時か? いや、もうちょっと抵抗しとこ。 2000.11.16 「発泡酒増税」反対、ビール主要各社 >> この記事を読んで一番に思ったのは、  「ビールに似ているからといって税率を引き上げるのはこそくだ。」という意見の中の  こそく、ってひらがなで書くと間抜けだなぁ、ということ。  二番目に思ったのは、来春までの新規参入を予定しているアサヒビールの、  「まずはビールの高税額を是正すべきだ」という意見が、政治的に感じたこと。  でも、そもそもの、 2000.11.03 好調の発泡酒、増税を検討 政府・自民  で引用された増税の検討理由が、  「ビールとあまり変わりないのに税率に差があるのはおかしい」とかで。  あんたら同じ値段だったらビール飲むんちゃうん?それって差があるからやろ?  っとつっこみたくなるようなアホな話やし。 2000.11.17 電気がなくても携帯で届く 森首相APECで無責任発言 >> こういう、パンがなければお菓子を、みたいな発言を大まじめにするもんだから、 2000.11.16 死に体政権が集合 APEC首脳会合  なんて書かれるんやで、と思ったのはオレだけ?  ただ、この記事には「任期切れ目前のクリントン米大統領や、弾劾裁判を控えた  エストラダ・フィリピン大統領など」が死に体政権の例として上がっていただけだが、  日本政府に「オマエモナー。藁」とのつっこみが多数あったはずだと、愚察。 (2000.11.17) −−−−+−−−−+−−−−╋−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  獅子座の流星群も今朝からのあいにくの雨で、今晩は望めそうもない。 流れ星を見たら消えるまでのあいだに願い事を3回繰り返せば、 その願いは叶う、というおまじないをきいたことがあるが、無理だよなぁ多分。 そうだ、どうせ願い事をするのなら、ルール改正を願おう。 「流れ星を見てから10分以内に願い事を3回唱えればその願いは叶う」 にすれば、ちょっとぼけっとした人にも、等しくチャンスが訪れるだろう。 「3つの願い」の一つ目に、願い事の数を増やして、って頼むのに似ている ような気がするが、まぁ良いか。誰か抜群に運動神経の良い人、代わりに 流れ星に願ってくれないかなっ。神頼みみたいだけどさ。 (2000.11.17) −−−−+−−−−+−−−−+━−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  今日聴いた印象に残った台詞。 人生の中で仕事をする期間は長いのだし、 一日の中でも仕事をする時間は長いのだから 「こころ踊るような仕事をしましょう」 (2000.11.17) −−−−+−−−−+−−−−+−━−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  ボクの前世ってなんだろう。ちょっと考えてみた。 えっと、食べ物ではアブラゲが好きだから、狐か鳶。 いつもくだらないから、梅田旭屋書店のエスカレータ。 オチになってないやん。やりなおし。そわそわした人。 (2000.11.17) −−−−+−−−−+−−−−+−−━−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  なんか最近せちがらくなってきたのか知らないけれど、 2千円札の偽札がもうでたらしい。というか、今が程良い時期なのだろう。 オレなんかまだ2千円札を所有さえしていないのに。 あぁでも一度だけ手の中をとおりぬけていったことはある。 結構そんな感じの人が多かったりして、それでいて、 いまさら2千円札が手に入ったからと言って人に見せびらかすほどでもなくて。 最新技術をつぎ込んだために偽造がきわめて難しいだなんて 鳴り物入りで登場しときながら、現物がなかなか流通してないために カラープリンタかなにかで印刷した安っぽいような偽物を目の前にしても、 人々がその真贋の区別をつけられない、だなんて、チャーミングすぎるよね。 (2000.11.19) −−−−+−−−−+−−−−+−−−━+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  一生のうちに使えるチョメチョメ(古い!)の量は決まっていて… チョメチョメ(だから、古いって。)にあてはまる言葉は何でしょう。 幸運だの、雑文のネタだのなんていうのは凡人でもすぐに思いつくところだ。 なんか奇抜なもん、ないかなぁなんて探してみる。 爪楊枝でどうっすかね? ほら、いつものメシ屋でメシ食ったあと、 いつものように手を伸ばそうとすると、奥のほうから店主がでてきて 「すんませんけど、お客さん、もう打ち止めですから」と楊枝さしを とりあげられちゃう。連れが「オレの分っすけど、使ってください」 なんてこっそりと渡してくれて、見つからないように、こっそり楊枝を使う。 みつかったら連れまで「お客さん、困るんですよね」なんて怒られちゃうから。 あ、平凡すぎます? じゃ、次。「ええっと」という発声。これ、結構希望が はいっています。話するたびに「ええっと」っていう人いるでしょう? これ、結構気になりません? オレ、だめなんすよね。話の内容より、 何回「ええっと」って言うかを数えることに集中してしまう。 そんなEさんがある時突然、「ええっと」を言わなくなったら、これって 画期的じゃないですか。「オレも若い頃に無茶したからなぁ。最近はソレを 言わなくなったんだよ。」「ソレってなんですか?」「ほら十二支の…」 ええっと、って言えないからこんな会話がきっと… ええっとダメ? じゃ、次。やっぱお金でしょ。私はついいつもの癖で有り余る現金をバッグに 無造作に詰め込んで街へ出た。そしていつものようにすーぱー百貨店で 一目見て気に入った高価そうな腕時計を貰おうと、札束を出そうとすると、 「お客さん、困りますよ。お客さんはもうお金を限度までお使いですからね。 しょうがないからただで持っていってくださいな」なんて、無料で腕時計ゲット。 んー、なんか得した気分。問題は、限度額まで使うほどカネもってないことだな。 次。オヤジギャグ。ある時を境に、オレの口をつく言葉はすべて、 上品であってさりげなくユーモアが漂ってしまう。昔オヤジギャグを 言い過ぎたが故にオヤジと化すころには紳士となってしまうのだ。恐るべし。 なんつうか、今でも紳士だけど。うそです。ごめんなさい。 待っててください。そのうち正直者になりますから。 (2000.11.20) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−╋−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  どうせしょうもないことを書いてしまったついでにもう一つ… こんな超能力者だったら、ってネタでまた妄想。 透視だの、時間旅行だのなんていうのは凡人でもすぐに思いつくところだ。 なんか奇抜なもん、ないかなぁなんて探してみる。 ちょっと欲しいなぁなんて思うのが、シャボン玉をきれいに作る超能力。 しゃぼん液は合成洗剤を使って、洗濯糊を少しまぜて…なんてことしなくてもOK。 さすが超能力だけあって、なんでもシャボン玉にしてしまえる。 先ほどまで飲んでいた紙パックのジュースからストローを取り出して、 つるつるつるー、なんて、オレンジジュースのシャボン玉がぽこぽこぽこ、 なんてとびだしていく。わーお、ちょっとカッコ良くないっすか? 他人の誕生日を当てる超能力。道ですれ違った人達のなかに、偶然にも、今日、 誕生日を迎える人がいたりなんかした日には、なんか陽気になってしまって、 その人に、おめでとう、なんて話しかけちゃったりして。で、ちょっとびっくり されつつも、なんでわかったんですかぁ、なんてところから話がもりあがっちゃって、 そのきっかけが縁で、むふふ… テレビのチャンネルのリモコン能力。ほら、リモコンって何処にいったか、 よくわからなくなるじゃないですか、それを超能力で代行してしまおうという。 あと、いつものラーメン屋のテレビのチャンネルをかえてしまうなんて、 極悪非道な楽しみかたもございます。プロ野球のここぞという場面で、 さて明日は日本全国的に良いお天気になるでしょう、なんてことになって、 箸をとめて画面に釘付けになってたおっちゃんらが息荒くして、奥のほうの ご主人が人の良さそうな顔できょろきょろしてる姿なんぞが眺めらます。 まったく、アンタは人がわるいですねぇ。 裸の王様からヒントを得たんですけど、つまらない文章が見えなくなっちゃう能力。 あ、これ、便利ですよ。いろんなサイトを訪ねていって、読めるとこだけ読むと、 みんな面白い。なんか真っ白いサイトがあったら、つまんねぇことばっか書いてる やつだなぁなんてニヤリとだけして、無駄な時間を使わず次のサイトへGO。 でもね、学校で教科書を読もうと思っても真っ白だったりして。うむ、恐るべし。 自分のサイトをみたら真っ白だったら目の前真っ暗になりますな。 うーん、なるかも。こわ。 (2000.11.21) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+━−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  朝起きた時に幽体離脱していないか、確認する便利な方法。 その1、自分の視点の高さに注目しましょう。 天井付近に視点があれば幽体離脱している可能性があります。 その2、自分をみてみましょう。 鏡もないのに自分の顔が見えたら、幽体離脱している可能性があります。 その3、目を閉じてみましょう。 幽体離脱していなければ、目を閉じたときに視界はさえぎられるはずです。 もしまだなにかが見えていれば、幽体離脱している可能性があります。 以上にあてはまらない場合は、大抵だいじょうぶでしょう。 もしあてはまった場合でもあわてる必要はありません。 たんに寝起きが悪くて寝ぼけているだけかもしれませんし、 夢の続きを見ているだけかもしれません。冷たい水で顔を洗ってみてください。 顔が洗えるようなら、幽体離脱ではありませんので大丈夫です。 以上、今朝、寝ぼけた頭にシャワーを浴びながら考えていたこと。 (2000.11.22) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−━−−+−−−−+−−−−+−−−−80  2足歩行のロボットが、ホンダ、ソニーから相継いで発表された。いわゆるロボ ットらしいロボットである。実物を見たわけではないのだがウェブサイトでみた 写真を見て、あぁロボットの形をしているなぁ、と安心した。これまで実用化さ れているロボットといえば産業用ロボットであり、機能優先の形状をしていて、 しかも、単一の機能に特化されていたのだが、こんどのロボットは何をするとい う目的が先にあるわけではないところが優れている。たとえば計算機能に特化さ れた卓上電子計算機や、通信機能に特化されたi-mode なんかとちがって、パソ コンは汎用に設計されており(いや、パソコンが汎用コンピュータだと言ってい るわけぢゃないが)いろいろな場合に応じてCDなどの音源を演奏したりテキスト エディタとして用いてつまらない雑文をかいたり、情報の発信に用いたり、エト セトラ、使いわけることができる。また人間と同じ形状をすることにより人間用 に開発されたインターフェースを共用することが可能になる点もすぐれている。 たとえばお年寄りに代わってバスに乗って買い物に行くのにも、ヒト型をしてい ることが重要なのだ。単にヒト型をしているからといってすごいのではない。ヒ ト型をしていても阿波踊り(ぱらぱらではなく)に機能特化されたロボットの開 発が報道されていたように記憶しているが、踊るだけのロボットならオレは要ら ない。やはり何をさせることができるかが今後の課題となるだろう。そしてロボ ットをきちんと使いこなすこと。オートマの自動車も出はじめてすぐのころには 問題があって、それに関連した事故が報道されたりしたのだが、最近は広く受け 入れられ、同時にその性能もよいものになっていると思われる。ロボットが我々 の生活圏に入ってくるのも、すでにアイボなんかが売られている事実を考えると、 そう遠くない未来なのかもしれないと思わされた。 え、おれ?デフォルメされた猫型の青いロボットが欲しい。 (2000.11.22) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−━−+−−−−+−−−−+−−−−80  正式公開からはや一月。よくもつづいたもんだ : よくも飽きなかったもんだ、という言い方にしても良い。ほぼ毎日の : 更新というのは結構しんどいので、そのうちにペースが落ちていくだろう。 と自分なりに思う。 : 自分がこのウェブサイトを立ち上げた理由で云々した、くだん : : うちのIMは今ATOKをつかっているのだが、デフォールトでは : : 件とは変換してくれない。登録作業も面倒だし、件と書いて、 : : 何人がくだんと読んでくれるかどうか怪しい : : : 自分の場合は小松左京氏の「くだんのはは」という怖い話 : : : : 筆者はアノ駄洒落を書きたかったが為に、あの文章を書いたのでは : : : : ないか、と踏んでいるのだが。 : : : に、くだんの : : : : 前にでてきたくだりの : : : : : あ、この「くだり」でも同じ件 : : : : : : こういう場合、目で見るのでは特に問題ないのだが、 : : : : : : 朗読をする場合はどう読むのだろうか。 : : : : : : 「けん」?「にんべんにうしという漢字」? : : : : : という字を使うのだ。 : : : : : もともとくだりからくだんが発生しているので : : : : : あたりまえといえば当たり前だ。 : : : : : : (クラッカー笑) : : : : という言い方に置き換えることもできる訳だ。 : : : 文字が出てきたために、中学生のころにその文字の読みを知っていた。 : : ものだから、ひらがなのままでよしとしておく。 : のお祭りの方では、登録件数は右上がりの曲線 : : 単調増加であるが、直線ではない。そろそろ収束しつつあるのが惜しまれる。 : : : もちろんネズミ講 : : : : 変なたとえで失礼 : : : と同じように無限というものはあり得ない。 : : : : 1人で複数件の登録で無限も可能か?などとも考えたが、 : : : : それ以前に、サーバーの容量制限もあるだろうからな、やっぱり無理だ。 : を示し、すでに98件まで : : わざわざ、うざいかも知れないが、この場合「けん」である。 : 達している。あと2件で100件。誰かにがんばって欲しいものだ。 今のところ、アクセス数は日に30人前後。なかなか嬉しい数字ではあるが、 : 今日の数字をみて、がっくりきちゃって : : 昨日分の更新報告を、Read Me! のカウント時刻の前に : : おこなっちゃったのがひとつの理由なのかも知れないけど。 : : : 雑文速報さまのお力に感謝。 : ちょっと訂正。多くて30人くらい。涙。 せっかくだから、もっとたくさんの人に見てもらう : もちろんそれは、見て何かのヒントを得るなり、こんなアホもおるんやと自信をつけて : もらったり、楽しい思いをしてもらったり、なにかの見返りを提供することが : 必要になってくる。 ことを目指して精進します、と宣言して簡単 : 今回は意図的に : : ほら、こういう文章は「段落文体」 : : : これについて詳しく知りたい方はリンクを貼ってある「テキスト庵」 : : : : 別に喧嘩を売っているわけではありません。m(_ _)m : : : をみてください。 : : では書きにくいでしょ? : : : 後で見直してみて<blockquote>タグを使えば簡単じゃん、と思いついた。 : : : いいんだいいんだ。実験だし。 : : : : ネタだし、というのが本音。 : : そういう実験的な意味もこめて。 : : : ハイパーリンクを使えばいいじゃん、っていわれるとその通りだなとも思うが、 : : : : あまりにもハイパーリンクを多用されると、ターゲット : : : : : HTMLの用語で、リンク先を表示させるエリアの指定。 : : : : に_blancを指定された場合、あまりにもウィンドウが多くなりすぎるし : : : : それ以外の場合、あまりにもいろいろなところにとばされてしまうので、 : : : : メインルートが見えにくくなる、などの不都合がある。 : : : まぁそれはそれ。 : : : マウスがある単語の上にある場合にキャプションを表示するような設定も : : : あるようだが、ブラウザに依っては対応していないかもしれないのと、 : : : そもそも、その方法を自分はまだ勉強していないのが致命的な欠点。 : : : 紙の上に表示する場合は、脚註の形で下にまとめて示すのね。 : : : : ページの下に書いてくれるのは親切だが、章末にまとめて示すのは : : : : 不親切だと思いません? : : : それが普通。 : ネスティング構造 : : プログラミングなどをする際の用語かもしれないが、 : : 入れ子構造の事である。 : : : 言い換えるとマトリョーシカのように何重にもなっている構造のことである。 : : : そんな例ではわかりにくいならタマネギ : : : : もちろんパタリロの中にでてくるヤツらではなく、 : : : : ましてや黒柳大先生のことでもなく、ユリ科の野菜の一種。 : : : 構造でもよい。 : : : : 猿が辣韮を剥き過ぎて、食べるところをなくしてしまうのにも似て、 : : : : この文章にも内容が無い。 : : : : : 内容が無いようだ…さむ。 : を有した文章 : : まぁこれも今回のネタのうち、ということなのだが。 : : : そして普段の自分の思考様式に近いと思うのだ。 : : : : いつも意識が発散している。 : を書いてみた。そのため非常に読みにくくなっているので、簡単なんていう : 言葉は似合わないかもしれないが、 : : ここまで読んでくださってありがとう。いや、ホント。 : : : などと書くとサイト閉鎖の挨拶みたいだな、でもちがいます。 : まあ修辞的な使い方ということで、ご勘弁いただきたい。 : : そもそも読みにくいものを書くなよ、という指摘もあるだろう(笑) : : 何回も書くようだが、これはネタなのね。 ではあるが、これをもってご挨拶としたい。 (2000.11.23) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−━+−−−−+−−−−+−−−−80  ニュースクリップ第3弾(11/17-11/23) 以下ニュースタイトルは、いずれも http://www.asahi.com/ からの引用 00.11.17 1本の茎に2331輪の花をつけた菊 福島   写真付きのこの記事を見つけて、なかなかすごいけど、写真じゃ迫力が   伝わってこないよな、なんて感想を持っていたのだが、 00.11.23 「世界一」の菊 1本の茎に2331輪の花咲いた   ほとんど同じ内容で、同じ写真を使い回した記事が載ってたのよ。   それだけ社会が平和だということなんだろうけどさ。   ちなみに温室で越冬させ、3年かけて作るそうだ。菊は盆栽にもできるけど、   このサイズになると持ち運びだけでも大変だろうね。 00.11.17 ネットで「少年ジャンプ」配信 集英社とスクウェア 00.11.23 「ケータイ欲しい」小中学生6割 シンクタンク調査   若年層が経済のターゲットになっているのだねぇ。   そもそも、欲しがるから与える、という訳ではないのだろうけど、   携帯電話(新聞記者がケータイとカタカナ書きする理由がわからないので、   漢字表記にしておく)を子供に持たせることに対する母親の不安要素として   経済的負担が理由に挙げられていないのだが、それほど皆、金持ちなのだろうか?    経済観念を教えずに、そういう(維持費もふくめると非常に)高価な装置を   子供に使わせるのはどうかと思う。月額の利用最高金額を設定し、それを越えた   場合は指定した番号(家庭、緊急用電話番号など)のみにアクセスできるような   サービスがなければ、自分の子供には持たせようとは思わないな。 00.11.18 HPから入社志願者の履歴流出 進研アド、指摘受け閉鎖 00.11.21 330人のメールアドレスばらしちゃった 東京都平謝り   後者なんかは、「電子メールの操作に不慣れだったことが原因」と言い訳している   らしいが、まだそんな言い訳が通じるんでしょうかね。いずれにせよ   セキュリティの概念だとか、情報発信者としての自覚だとかが足りないよね。 00.11.19 障害の可能性あれば中絶したと医師を訴え勝訴 フランス   外国でのお話。「障害を持つ恐れがわかっていれば母親は中絶をしたのに、   医師が診断を間違えたために重度の障害を負って生まれた」として、   医師に賠償金を支払うように求めた子供名義の訴えを認める判決が   フランスの最高裁に相当する破棄院で出た、とのこと。   医師側は「自分は生まれたくなかったのにと、親に賠償請求するようなケースにも   道を開きかねない」として、生まれない方がよかった場合もあることを認めるべき   ではないと主張していた。 というのが記事からの引用なのだが。   では、中絶された子供が、たとえ障碍をもっていようとも   生まれたかった、生きたかった、という裁判を起こすことが可能か?    結局、産む産まないは胎児が妊娠後一定期間までは親に選択権があるのだろう。   その親の判断を間違わせた責任、という意味では、判決を支持してよい様な   気もするが、訴訟の当事者本人は、裁判に勝つことによって金銭的な   利益が得られるかもしれないが、自分の存在意義を否定しかねないのであれば   考えもののような気もする。 00.11.19 小3女子児童7人に「反省を」と服脱がせる 熊本の教諭   ペドかこいつは? でもホントにやっちゃいけないよな。そもそも、   「自分で考えないのは動物と同じ。動物の気持ちになって反省しなさい」   と言って服を脱ぐように指示した、だなんてちょっと面白すぎ、   どこかでネタとして使ってやろうか、なんて考えていたら、 00.11.20 女子児童に全裸罰の教諭、自宅待機処分に   では、「写生大会の絵の題材に絡み、女子児童7人に指示して全裸にさせた問題で」   だなんて書いてある。まるで、ヌードモデルをさせた、とでもとれる表現だねぇ。   わざと? 記者の方が、文章が下手なだけ? 00.11.20 瀬戸内寂聴さん「寂庵法話」が幕閉じる ツアー客殺到で   あり得る自衛手段として、参加者からお金をとるだとか、いろいろと勝手なことを   考えたけど、カネが絡みはじめた時点で、腐敗した「新興宗教の教祖様」と同じに   なってしまうだろうから、やめてしまうという英断は正しかったのだろう。 00.11.20 制止きかずトイレでたばこ 航空機、成田に引き返す   久しぶりに記事よんで大笑いしました。やるね、機長。   一度出発した飛行機を空港にもどして迷惑なヤツを引きずりおろすだなんて。   こういう煙草のみがいるから喫煙者の立場が悪くなるんだよね、まったく頭悪い。 00.11.20 ニホンオオカミ? 九州で写真撮影、専門家から疑問も   オクリオオカミなら多数生息してますがね。週刊誌などに写真も多数。 00.11.20 2足歩行の小型ロボット「ASIMO」 本田技研が発表 00.11.21 「パラパラ」も踊れます ソニーもヒト型ロボット開発   すでにネタにつかっちゃったけど、アシモって、アシモフからとってるよね、多分。   それともアイボと足の合成語? 命名者に聴いてみたい。   伸長50センチのソニーのロボットSDR-3Xは、実はとってもキュートなのだ。   オレの前でぱらぱらおどってくれたら、もうなんでもしちゃう(SDR-3X限定)って感じ。   やばい、危険な愛が芽生えそう(笑) 00.11.23 発泡酒に続き日本酒、ワインの税率引き上げ検討 大蔵省 00.11.21 日本酒・ワインで老化防止?「知能指数高傾向」と長寿研   どうも金持ち以外は早くぼけて早く死にしなさい、ということらしい?(嘘)となると、 00.11.22 「発泡酒増税」に抗議署名1万5000件   は、オレたちも長生きしたいぞ、という魂の叫びなわけだね。(嘘) 00.11.22 「京都議定書に魂を」川口環境庁長官が演説 COP6   「我々は京都議定書に魂を吹き込めるかどうかの重要な岐路に立たされている。   2002年までに発効させるよう、英知と建設的妥協、政治的決断を   下さねばならない」 と訴えたとのこと。   建設的妥協! そんな言葉があったとはしらんかったが、これを意地悪く   翻訳すると、「そんな、お堅いこといわんと、実現可能な目標にしときましょうや、   効果の程は知らんけど、まずは形からはいるのも大事なんとちゃいまっか」   って言いたいわけやね? (2000.11.24) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−╋−−−−+−−−−+−−−−80  友人たちと酒蔵の見学にいって、付属のレストランなんぞで、 こじゃれたランチなんかをとったあと、ショップで自分用の 土産物を物色してたときのことです。実はお酒なんぞも好きなのですが、 瓶を持ち歩くのも重いので、お酒の味のキャンディーなぞを発見して これにしようと即座に決定し、千円札握りしめてレジへ行きました。 はい、いくらいくらです、おつりはこちらになります、と言われて 小銭を手渡されました。ふと、目をやって、一瞬とまってしまいました。 なんか違うんです、500円玉が。 いや、今更、新500円玉の話題でひっぱるつもりではないんですが、 それともちがうんですね。とりあえず、きらきら光ってる。 見慣れないものを見て一瞬止まってしまった自分をみて、 レジのおねえさんは、首を傾げてこちらを見て、 どうかなさいましたか?とたづねます。 往年の東京大学物語ばりに一瞬のうちに思考をめぐらせます。 なんか見たことのないコインがあるけど、コレ、欲しい。 ここで文句いったら取り返されちゃうかもしれない。 (そんなことないですけどね。どきどきしてますから、 そういう変なこと思いつくんですね。) ゲーセンのコインかなんかだったら後で申し出て換えて貰おう、 とりあえずここはなんでもないふりをしよう。 そして、冷静なふりを装って、いいえ、なんでもないです、と応えます。 冷静なふりをしてたつもりですが、ちょっと目が泳いでたかも、です。 で、レジのすぐわきで確認してみました。 そうしたら、長野冬季五輪の時の記念硬貨だったんです。 なんていうか、ちょっとラッキー。 出回ってないじゃないですか、こういうコイン。 というわけで、これは見せびらかし専用の保存コインに決定。 きっと、これも数日前に、三宅島噴火等災害寄付金付きの グリーティング切手(額面80円、発売額100円で、差額が寄付金)を 購入したのを神様がみておられて、そのご褒美をくださったんでしょう。 え?手持ちのお金が500円少なくなってしまったって? そんなちいさなこと、気にしない気にしない。 (2000.11.25) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+━−−−+−−−−+−−−−80  自由席の新幹線にのりました。その電車は、その駅が始発だったのですが、 立っている乗客は居ませんが、空き席もほとんどありません。 いざとなれば数駅立っていてもよかろうと覚悟して席をさがしていましたら、 丁度上手い具合に空いている席を見つけました。3人掛けの真ん中です。 通路側に座っている方に、ここ、空いていますか?と声をかけてから席に座ります。 もちろん、空いているのは見てわかりますから、声などかけなくても よいのでしょうが、ちょっとした心遣い、コミュニケーションです。 とりあえず席を確保した自分は、キオスクで買ったお弁当で遅い目の昼食 をとり、ゆったりとした気分で電車ライフを過ごします。 自分は最終駅までなのですが、何人かの乗客は、当然ながら途中の駅で降り、 そしてまた新しい客が乗ってきます。そうこうしているうちに、 さきほどまでは品の良いオールドレイディが座っておられた通路側の座席も 空きました。もしこの駅で誰も乗ってこなければ、自分は今、 真ん中の席にいますから、通路側へ移ろうなどと考えています。 3人掛けに2人で座るのなら両端に2人という構図がバランスが良いからです。 でも、ここで乗客がたくさんあるようなら、今席を動いてもあまりメリットが ありません。様子をみておりましたら、入り口の外ならんでおられる方たちは 思いの外多いようです。それにしてもいろいろなお客さんがおられます。 まぁ当然ですね。ビジネスの格好をした方、若い女性の方、お年を召した方。 ちょっとした人間観察の機会で、通路を動く人々を横目でちらちらと眺めます。 そうこうしているうちに、先ほどまで乗客が降りてできたいくつかある空席も ぱらぱらと埋まっていきます。自分のとなりには、どんな方が… 突然のことでした。どさ。と、おばちゃんがお座りになりました。 いえ、空いた席ですから、ご自由にすわっていただいて構いません。 もちろんそうです。ただ、ちょっと自分が理不尽にも憮然とした気分で おりましたのは、ひとことだけ、ここ空いてますよね、なんて (あぁ、自分の席ではないのは重々承知の上です。理不尽なのも承知の上です。) ちょっとした、ほんのちょっとしたひとことをかけていただけなかったのに、 大人げなくも反応してしまっただけでありまして、決して、前の方におられる ちょっと若い方がとなりに来ていただけなかったから、 だなんてことはございませんです。 そんなちょっと大人げない電車ライフをおくってしまいました。後悔。 (2000.11.26) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−━−−+−−−−+−−−−80  テレビから聞こえてきた話題なのですが、ブランドの偽物が横行しているそうで。 特定のブランド名をだしてしまって良いのかわかりませんが、その番組によると、 ポロラルフローレンなんぞ、専門店と百貨店以外で流通しているお値段がそこそこ 安いものは95%以上がいわゆる偽物だと言っていました。(テレビでの調査時現在で) そんな話題が巷に流れ、いくつかの不正業者等が取り締まられているなか、 スーパー等は在庫商品をチェックして偽物を棚からおろしたりと、大変な騒ぎに なっているようです。ちょっと疑問に思ったのが、その偽物どうするんでしょうね。 仮にあるスーパーで偽物をつかまされてしまっていても、それが偽物とわかって しまった以上、本物と銘うって売るわけにいきませんよね。 といわけで、リサイクル時代にあった提言をひとつ。「偽」という漢字を、 ブランドロゴの近くにミシンで刺繍してしまって、「偽ブランド」ブランドを 立ち上げちゃうんです。ほら、無印とかのノーブランドがひとつのブランドに なっちゃってるじゃないですか。そのノリで。いま、漢字がデザインとして ブームになっているから、きっと売れますよ。 え、ぼく? ホントのところ、安けりゃなんでもいいです。 (2000.11.26) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−━−+−−−−+−−−−80  ヨーグルトが好きで、たまに食べます。 いろんなことに対し中途半端なのが嫌いな性格なせいか、 ヨーグルトも中途半端には食べません。 近くのスーパーで安売りしているのをまとめ買いしておいて、 500グラムのパックをいちどにひとつずつ食べるのです。 そうなると食事がわり(さいきん、胃が大きくなって、 それだけじゃ足りなくなってきてますが)になってしまいます。 15グラム入りの砂糖がついているのですが、 そんなものは使いません。生(き)で食べるのです。 閑話休題。生そばは「きそば」であり、「なまそば」では ありません。ナマの蕎麦なんて食えるか。 当然、そのお砂糖は余ってゆきます。コーヒーにも 砂糖は入れないので、使い道がありません。 そもそも一杯のコーヒーに15グラムの砂糖は入れすぎです。 というわけで、パソコンの上にその砂糖が積んであります。 これ、どうしたらいいんでしょうね。 基本的に砂糖を使わない私としては、 そのすばらしい使い道を教えてくれたかたに、 まるまるその砂糖をプレゼントしてさしあげたいくらいです。 ちなみに今、飲んできた帰りなので酔っぱらっています。 なんの脈絡もありません、すみません。だれか、砂糖の良い 使い道を教えてください。 (2000.11.27) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−━+−−−−+−−−−80  もみまんといったら紅葉饅頭なのだが、日本の心、京都のお菓子といったら、 八つ橋であらう。今時は軟弱なナマ八つ橋などといふものがはばをきかせて 居て、それはそれで悪くないのだが、基本はあの堅い、ぱりぱりとした、 和琴を形取ったともいわれる褐色のニッキの風味の煎餅であらう。 (こだわっているといふわけでもないのだが、話の流れとして、そうしておく。) さて、何故そんな話題をふったかというと、いちごチョコ八つ橋なるものを 食したからである。ナマ八つ橋には、いちご餡、チョコバナナ餡、などと さまざまなバリエーションが在ることは知っていたのだが、これは、はじめて見た。 まるで、短めのぽっきーが帯化したような構造をしていて、茶色の非ナマ八つ橋の 半分ほどがプリティーなピンク色をしたいちごチョコに覆われていたのである。 それを見た時の衝撃は、はじめてチョコ柿の種を見た時の驚きの様であった。 食べてみての感想は、さほど奇異なものでもないが、いちごチョコレイトの味と シナモンの味には微妙な違和感があって、あたかも、番茶でシュークリームを 食すような感じであった。さほど酷い感じでもなかったので、 そしてそこには甘ければ何でもオッケイという何人かが居て、 みるみるうちに容器は空になった。おそるおそるそれを購入して 持ってきていた自分はちょっとほっとしたのであった。 (2000.11.27) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−╋−−−−+−−−−80  今日はニュースクリップでも書こうかな、ネタもうかばないし、とおもいながら、 新聞ネット記事をつらつらと見る。おお、間が抜けている。(マが抜けて いるのではなく…そうかもしれないが、まぁおいといて、…あいだが、 と読んで欲しい。)そっか、そういえば、週末におでかけしていたので、 その間(こんどは、かん、ね。)のニュースが無いのだ。アサヒ新聞のサイト では、無料で読める記事に時限があるので、毎日チェックしないとだめなのだ。 それがあるから、こまめにチェックするんだけどね。それが良い証拠に、 毎日新聞のサイトは、過去の記事をさかのぼって見ることができるんだけど、 そちらの方はあとでイイやなんて思っているうちに溜まりに溜まって、 最近チェックしてないし。灯台もと暗し?ちょっと違う。なんていうか、 歩いてでもいけるほどの近くの観光地には、なかなか行かない法則? でっちあげだけど、それに近いものがあるね。明日でもできることは明日まわし、 っていう性格だからかしら。自転車操業な生活しているから、昨日やるべき だったことを今日になってやっているうちに、今日のことは明日まわし、 なんてことになってるもんだからね。(そんな中でも、サイトの更新とか、 本質的には無駄な?ことも、やっちゃうオレって、っても思うがね) なんか短くてオチがないながらもひとつの主張にまとまってしまったけど、 ちょっと一言書きたかった今日の記事があるので、それふたつだけ。 例によってニュースタイトルは、いずれも http://www.asahi.com/ からの引用。 2000.11.28 「都の大型ディーゼル車税は逆効果」 建設省が試算  環境対策のため首都高速道路を利用する大型ディーゼル車に課税する新税案  に対して、首都高速を利用していた大型ディーゼル車が一般道に流入する結果  走行速度が遅いほど排ガス量が増えるために、結果としてトータルでは、  大気汚染の度合いは進むだろう、という試算がでた、ということ。  これに対し、都税調会長の神野直彦・東大経済学部教授の、  「建設省がどういう立場で試算データを出したのか分からないが、  大気汚染を減らすという立場なら、むしろアイデアを出してほしい」との  コメントをしたとのこと。  この税調会長のコメントって、一見、当を得ているようにも見えて、  実はすごく不可解じゃない? 自分の意見(税の導入)に反対の見解が  示されたので腹をたてて、その見解の是非とは異なる視点から  イチャモンをつけているだけのように聞こえるのだ。  たしかに、建設省の試算には政治的判断とかがはいってないとはかぎらないけどさ。 2000.11.28 食事のダイオキシン、2カ所で耐容量超える 厚生省調査  食材を調達して調理してメニュー1日分の中に含まれるダイオキシン類量を  調査したところ、全国16箇所の調査地点のうち、2箇所でTDIを越える値が  検出されたとのこと。「関西のある地点では、TDIの体重1キログラム  あたり4ピコグラムを大きく上回る7.01ピコグラム、関東のある地点でも  4.04ピコグラムを記録」したとのこと。カッコ内は引用。  ここで問題にしているのは、慢性毒性的な影響のはずだから、  ある特定の1日のメニュー中のダイオキシン量がTDIをわずか数倍程度まで  越えたからといってただちに危険があるとは思えなく、連続した数日分の  食事を調べて平均的な量を調べる必要があるのだと思う。  しかしながら、トロを食材に選んだのは、確信犯的な選択だと思う。  マグロや鯨のように食物連鎖のてっぺんにいて生物濃縮されたもののうち、  さらに脂が多いトロの部分なんかに脂溶性の高いダイオキシン類が多いのは、  ある意味であたりまえなのだから。  というわけで、調査方法にかなり恣意的なものがあるという説に1票。  警鐘をならすのはかまわないんだけどね。  それをあたかも関西のその「ある地域」では食材が危険であるかの  ような書き方をするのは、新聞記者が無知なのかもしれないが、  それじゃぁ情報発信者としての責任を果たしていないように思うぞ、と。  ま、オレは毎日トロばっかりは食えないからいいけどね。 (2000.11.28) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+━−−−+−−−−80  北海道では大雪が降ったらしい。また、本州でも、放射冷却の影響で 冷え込んだ朝を迎えた。寒い日には暖房をつける、これはある意味 常識である。だがっ。だが、である。暖房つけすぎは嫌いです。 夏より暑くしてどないすんねん。しかも二酸化炭素が増えて、眠くなるし。 仕方ないからワイシャツを脱いで半袖のTシャツ一枚でいたら、 変な目でみられたじゃないか。この暑いのにそんなに着込んでいる 君たちの方が変だぞ、と、オレは心の中で思ったのであった。 今日のオレの提言。冬の暖房は18度でいい。それで寒かったら厚着しろ。 室外との温度差がありすぎると風邪ひくぜ、てめぇら。 あぁ面と向かって暑いって言えないもんだから、こんなところに書いてもうた。 (2000.11.29) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−━−−+−−−−80  バカは風邪をひかないのか、アホが風邪をひかないのか、どっちだったろうか。 もしや、両方? おバカな友達とアホな友達の、どちらが先に風邪ひくか 比べてみればわかるはずなのだが、残念なことに、おバカな友達はややアホで、 アホな友達はそこはかとなくおバカである。だから、彼らは風邪をひかない。 そういえばオレも風邪をひかない。 類ともともいうし、朱に交わって赤くなっただけかもしれない。オレの近くでは 風邪の菌はうつらぬようだが、バカアホはうつるようである。お気をつけあれ。 (2000.11.29) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−━−+−−−−80  いま、日付を確認していて突然に気付いたのだが、もしかして今日は 全国各地のスーパーの7割(推定)でお肉がお安い、肉の日ではないか。 しかも、今月は特別な「いい肉の日」だ。というわけで肉の話。 肉にもいろいろある。頻繁に売られているのは、牛、豚、柏。 すこし毛色の変わったところでは鯨、桜、紅葉、牡丹。 この辺りまではかろうじて食ったことがある。そういえば、北海道のトドワラの 辺りでトドや熊の缶詰をみたように気がするが、まだ食ったことがない。 北朝鮮なんかも肉の日だったのかどうかはしらないが、 その国では田鶏の養殖を奨励しているそうで、飼育方法のほか、 くし焼き、薫製、揚げ物などの料理法の紹介なんぞを記事で紹介したらしい。 どうも「利用価値が高く、需要が多いので飼育が世界的なすう勢になっている」 らしいのだが、自分なぞどうも流行に疎いせいか、田鶏は一度しか食ったことがない。 足を唐揚げにしてあったのだが、味付けも濃すぎたし揚げすぎてぱさついていて (すくなくともその同じ店では)再び食いたいとは思わないような代物だった。 やっぱり経済的にできているオレは安くて美味い柏で充分なようだ。 (2000.11.29) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−╋−−−−80  ぞうのたまごの玉子やきならぬ駝鳥の玉子のゆで卵を食ったら美味いのだろうか。 こんな大きな卵である。きっと1人では食えないから何人かで取り分けて食うのだろう。 大きいからには茹でるのにも時間がかかる。まずは、黄身が片寄らないように、 鍋のなかでごろんごろんと転がして、1時間くらいも茹で、火がとおるのを待つ。 茹で上がったからといって油断は禁物。殻を剥くのもひと苦労なのである。 強がっておでこで殻をわろうとしたやつが、派手な音だけたてて失敗して、 おでこをおさえてかがみ込んでしまうと、別のだれかが金槌をもってきて、 これで割ろうと言い出す。他のだれかが、いやちょっと待てという。なにかと思って きいてみると殻を粉々にしてしまうのは、もったいないから糸鋸を使うというのだ。 卵の尖ったほうを上にして、丁度赤道にあたる線にそって、切れ目を入れるという。 それだけでは上手くとりだせないだろうというと、用意周到にも持ち込まれた錐で、 北極と南極に小さな穴をあけ、そこから息を吹き込むのだという。まぁやってみろ、 ということになり、殻の切断と穴開けまで上手くいくが、言い出しっぺは小柄な男で、 そいつがちょっと息を吹き込んだくらいでは上手く殻から中味が抜けない。そうこう するうちにオレに任せろとばかりに名乗りでた肺活量自慢が顔を真っ赤にして力むと、 なんとか上手く卵がはずれてくれるが、その肺活量自慢は息をぜいぜいいわせている。 まぁ美味いものをくうためだ、お疲れお疲れなどと皆に言われるが、返事をするには あと2分ほど待て、といわんばかり。取りいだしたるそのたまごは、櫛形に切るのが 一番公平だろう。黄身も、外側のほうはしっかりかたまって、中央に近いところほど 濃いオレンジ色などしているかも知れない。さぁ熱いうちに食いたまえなどと勧められて、 塩と胡椒の味付けでまず食ってみる。うむ侮りがたし、けっこう美味いではないか。 などと、想像だけで楽しいところがステキだ。うむ、駝鳥あなどりがたし。 (2000.11.29) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−━+−−−−80  駝鳥といえば、ちょっと前になるのだが、深夜テレビの直販系の番組で、 オーストリッチのバッグがうんたらかんたらと言っていた。近くにいたヤツに オーストリッチって何ぞと問うたら、駝鳥のことだと教えてくれた。なるほど、 あのブツブツは毛穴なわけか、などと感心し、肉のほうは、どこでどのような 調理で食われてしまったのだろうなどと、バッグになぞあまり感心のない自分は、 方向違いのことばかり考えていた。肉といえばきっと話題になるギャートルズの肉 とは言わないまでも、駝鳥の腿肉で、腿焼きをつくって、片手で持ってかぶりついたら、 きっと美味いに違いない。誰ぞ、それをごちそうしてくれるというなら、 腕立て伏せをして、手の筋肉を鍛えて食べに行っても良いと思うくらいだ。 (2000.11.29) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+━−−−80  極悪非道な某サイトオーナーに、次のようなことを昨日、言われた。 > あ、一応言っておきますと、当サイトではキリ番はワナです。 > 黒ひげ危機一髪みたいなもんです。すなわち踏んづけたんなら > 罰ゲームです。明日は左右色の違う靴下を履いて生活すること。 それを律儀に守っているオレもオレだが、どうせ、誰にも見えないもんね。 見られてもたいしたことないけど。 靴下といえば、前から思っていることがひとつ。 いい年して、濃い色のスーツなんかでばちっと決めて、黒い革靴を 履いているのに、椅子にすわったりしたときに見える足もとは、 真っ白のソックス。どひゃぁ、やめて欲しいよ。 なんでか知らないけど、大のおとなが白い靴下はいてるのって、 なんかマザコンじゃねぇのこいつは、って思わされて、 見ている方が恥ずかしいのだ。 (註。スーツパンツに革靴の時以外なら許容する。) 話をもどして。(ん?もどってないかな?) 靴下って、よく穴があくじゃないですか。それも大抵、片方ずつ。 安売りで5足で1000円みたいなのを履いてるからかなとも 考えたことあるけど、1足1000円くらいの高級品も同じように すぐに穴あいちゃったしなぁ。もっと高くないと本当の高級品とは 言えないのかもしれんが、オレは靴下ごときにそんなにカネはかけない。 で、安売りの靴下ってたいてい皆同じような感じじゃないですか。 というわけで穴があいた片方だけをすてて、半端になった片方だけが タンスの中に結構眠ってるわけ。で、今日は似たような色のその半端モノを ひっぱりだしてきたってわけ。 罰ゲームかなんかしらないけど、実害ないうえにネタにしてやった。 くやしい? > 極悪非道なオーナー (2000.11.30) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−━−−80  もしも癌だと宣告されたら。 医者「心を落ち着けてきいてください。あなたは癌です」 おれ「がーん」 医者「………」 と言おうと思う。 (2000.12.01) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−━−80  一人称にもいろいろあるよね。 とりあえず自分が文章でよく用いるものとしては次のようなものがある。 僕は  : おとなしめの自分の演出用。 ボクは : ナイーブな感じを出そうとしているとき。 俺は  : 自己主張をしたいとき。 オレは : ちょっとやんちゃしたいとき。 私は  : ちょっと知的な文章にしたいとき。 自分は : 客観的な自分を演じたいとき。 ってな具合だろうか。〜なとき、という註釈はかなりいい加減で、 ぱっと思いついて書いてみただけ(このように意識的な操作を避けると、 その結果、案外、的を射て居る場合も多いが)であるので、 適当に読んで欲しい。たぶんナイーブな自分などと意識もせずに オレは「ボクは」と書いている。 ちなみに、友人と話をするときには、 自分は「僕は」を使うヒトである。地ではこれが一番多いと思う。 「俺は」もたまに使うことがあるが、この言葉を使用しだしたのは 比較的年をとってからである。意図的に漢(おとこ)を演じるような 意識で話す場合に使ったりする。だから俺は「オレ」の「レ」の字を 巻き舌で発音して自己主張したりすることもある。 私は思うのだが、下僕なんて字にあるように、僕という字はなんとなく 相手にへりくだっているような印象を与える。それに対して、 俺なんていうのはちょっと男っぽい感じがするのだ。俺という言葉は 僕にとっては山中恒(やまなかひさし)の「あばれはっちゃく」 (テレビ化されて有名だと思うが)の主人公の言葉使いである。 また、一人称が「俺」から「僕」へ変わることで主人公が女の子の 前に出たときの心理をうまく表現している、と解説でのべられていたのは たしか、斎藤惇夫の冒険者たち(これもアニメ化されてたなぁ。) だっただろうか。(たしか小学生の時だぞ、読んだのは。 だから、うろ覚えです。ちがってたらすみませんです。) そういえばワシは「ワシは」なんてのもたまに使うなぁ。 これはもともと言語圏のちがう友人が用いていたものから 拝借したもので、わざわざふだんは使わない方言を混ぜて 話をするときのように、ちょっとふざけている自分を演出 するときにでも使うかしら。 そのほか。無意味に思いついた一人称を列挙しておこう。 拙は、ワタクシメは、まさとは、我は、吾は、吾輩は、 あたしは、わちきは、あちきは、わては、おいどんは、σ(^^)は、 うちは、 ようけあるなぁ。今度こいつらを使いこなす練習でもしてみよっと。 (2000.12.01) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−━80  星空を見上げた。 太陽や月が地平線の近くにあると 目の錯覚と同じような原理で それらが大きく見えるということは 知識として知っていた。 星座も同じだった。 工場の屋根の上にかかった オリオンは大きかった。 (2000.12.02) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−80  冷蔵庫を漁って、でてきたものでメシをつくる。 熱したフライパンにグレイプシードオイルを落とす。 普通のサラダ油で良いのだが、貰い物なのだ。 そこに冷凍してあった薄揚げとほうれん草をぶち込んで炒める。 これはみそ汁の具にしようと、洗って刻んだほうれん草と 薄揚げの刻んだモノを独り分ずつ冷凍しておいたもの。 煮てしまったり炒めてしまえば冷凍してあったことは ほとんどわからない。良い具合にしんなりしてきたので、 卵を落としてスクランブルエッグのようにかき混ぜる。 そうして水気をとばす。その間に、冷凍してあるメシを 電子レンジで半解凍する。これも、面倒なので、いちどに 何食分かをまとめて炊いて、あとは冷凍しておいたもの。 冷凍のご飯を暖めて食べるときの1/3ほどの時間で、 固まりだったメシはぱらぱらになる。これを水気のとんだ フライパンに入れ、炒める。香り付けにちとばかりの ごま油を足してやり、しょうゆをさして味を整える。 すこしよけいに炒めて、ちょっとお焦げができて、 香ばしい香りがしてきたらできあがり。 汁物の方は昨日のつくりおき。 豚肉と笹がきにした牛蒡と白菜をしょうゆ味で煮付けたもの。 白菜は芯の部分に近いところで、甘みがあって美味い。 豆腐があればけんちん汁かなと思うが、あるものでのまにあわせ。 それをちょっと温め直す。良い具合に白菜に味がしみている。 今日たべた昼飯。ほうれん草入り炒飯と豆腐ぬきのけんちん汁。 一緒に誰に食べさせたかったかは、ナイショ。 結局、独りで食べたけど。 (2000.12.02) −−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+−−−−+