離脱症候群 (with drawal syndrome)
ステロイドを長く投与していて急に中止すると食欲不振、筋肉痛、関節痛、悪心・嘔吐、傾眠、頭痛、発熱、体重
減少、起立性低血圧などがおこる。
これは急性副腎皮質機能不全によるもので、離脱症候群(with drawal syndrome)とよぶ。

同時に抑制されていた臨床症状が再び出現し、ときに投与前より強く出現することがある。
これを反跳現象(rebound phenomenon)とよんでいる。


ステロイドが体外から投与されると、その間は自己の副腎からのステロイド分泌は抑制されます。


その為、内服ステロイドの減量あるいは中止後に一時的な副腎皮質ホルモン(コルチゾール)欠乏状態が起き、

急性副腎不全に類似した症状を呈する現象を意味する。

コルチゾールは肉体を活性化する作用があり、その不足は全身倦怠感や低血圧を引き起こします。
そのため長期ステロイド剤の減量は慎重さが求められます。
コルチゾール不足を疑った場合は、採血で血液中コルチゾール値を測定して過不足を確認します。



−がまだすcatsライフ−