What's new
(05.11.24)サイトを全面的に新しく変えています。ルーンの説明なども新しく加える予定です。お楽しみに!






Encounter



最初にルーン文字に出会ったのは、1994年頃、早稲田大学の第二文学部に通っていたころのことです。

シュタイナーを徹底的に研究する中、翻訳をされていた高橋巌がユングについてもたびたび書かれていたので、秋山さと子の本を読んでいるうちに、占いに興味を持つようになりました。ユングは易経を研究してシンクロニシティを体験しますが、当時は易には難しいイメージがあって敬遠していました。

ちょうどそのころ、「伝説のオーガバトル」というシミュレーションRPGにはまっていて、重要な役割を担っていたタロットカードに関心を持つようになりました。

さっそくタロット占いの本を探しに、中野の本屋に行ったのですが、一冊もありませんでした。がっかりして書棚を見ていると、北欧風の美しい装丁の本が目に留まりました。それは鏡リュウジの「神聖ルーン・タロット占術」という本でした。

直感的に魅かれて手に取り、最初のページを開くと、そこに書かれていたのが、ユングのシンクロニシティについての文章だったのです。まさにその時、読み進めていたのがユングの書物だっただけに、二重のシンクロニシティの介在を感じました。

その後ラルフ・ブラムの「ルーンの書」も勉強し、以来ルーンは私にとって単なる占いに留まらず、自我を取り巻くマクロコスモスとミクロコスモスに橋をかけてくれる神秘文字として、大切なものになっています。

結婚の時、それまで友達としか思っていなかった、眼中になかった人と、趣味や感性の波長がやたらあうのが不思議で、試しにルーンを見たら、結婚相手だと出てびっくりしました。それから、そういう目で相手を見ているうちに、本当にそうだということがわかってきて、その年のうちにつき合い始め、三年後に結婚しました。いまはとても幸せな結婚生活を送っています。

また今回、ルーン・カウンセリングを始めるに当たって、友人がスウェーデンの湖畔で拾った石で作ったルーンを持ってきてくれました。そのときは、まだそんな気持ちはなかったのですが、半年も前にちゃんと準備されていたことがとても不思議でした。ありがとう>Chihulia

ブログはこちら
















検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!
検索エンジン登録代行


申し込み | お客様の声 | ルーンの本
Lutelieberの日替わりルーン(Weblog)
毎日ルーン占いをブログとメルマガにて配信予定




Lutelieberのルーン・カウンセリング

 

Lutelieberです。ごらんいただき、ありがとうございます。

恋愛や仕事で選択に困ったとき。とりわけ自分自身について知りたいとき、ルーン文字は心を映し出す鏡になってくれます。

自我の奥に潜んで通常は見えない無意識・潜在意識の中の自己。その意志を把握し、統合調和を図るとき、自分自身に対する認識がより深まると共に、さまざまな現実の問題にも、対処の仕方が見えてくるものです。環境のせい、人のせいと、周囲に責任があると思う限り、それを変えることは難しく、逃げ出すことしかできません。

しかし、すべての原因は、自分の中にあると思えば、それは変えることができます。自分を変えることができたとき、変わらないと思っていた周囲の環境が、思いも寄らない形で変化していくことがあります。そういう意味で、私たちは環境や運命に縛られた存在ではなく、自由を与えられているのだと思っています。

ルーンに映るものは、決定論的な未来ではなく、今のままで進んでいった時になり得る予想図に過ぎません。しかし、それを今知ることで、チャンスを逃さずに手にする準備ができますし、リスクを回避する手段を用意する時間が生まれます。

「本当の自分」である自己・本性の思いは、自我が捉えているそれとは、大体正反対であることが多いものです。

「結婚したい」と思っているのになかなかできない場合、本性が「結婚するよりもやるべきことがまだある」と決めているのであれば、じたばたしてもそれを先に済ませないことには、次に進んでいきません。

「こんな職場は嫌だ」と思っていても、「その環境中で気付くべき課題がある」と本性が決めているのであれば、それをやりとげなければ、次の職場でも同じ問題に取りつかれるだけです。

私自身、結婚相手に出会ったとき、仕事の面で行き詰まったとき、ルーン文字の刻まれた石達が伝えてくれた、私自身の言葉を見て、びっくりしたり、はっと気付かされたりしたことが、その後の運勢を大きく変えてくれました。

そんな経験が、すこしでもお役に立てれば、と思います。


ルーン・カウンセリングの流れ

 

ルーン・カウンセリングはすべてメールで文字によって行われます。

・氏名(本名、あれば通称)、誕生年月日時間場所、血液型、性別、既婚か未婚か、子供がいるか、を教えてください。ただし、差し障りがある場合は、その旨書いていただき、伏せていただいても構いません。

・何について悩んでいるのかを、教えてください。その際、できるだけ選択肢を具体的にしてください。

・その他、関係者の人間関係や、主観的な自分自身の性格、価値観、生い立ちなどを必要な部分だけでも書いていただけると、さらに共感が深まると思います。

最初は、以上の項目で結構です。さらに聞きたい事柄については、追って質問させていただきます。

ルーン・カウンセリングは、Yahooの占いなどによくある、すでにプログラムされている内容をランダムに提示するだけの占いとは異なります。「決断の神託」を除くオーダーをいただくと、その後ルーンをたてるまでに数度にわたりメールの交換を行い、心理的なカウンセリングを行います。

文章を書ける方でしたら、来談者中心のカウンセリングになりますし、文章が書けなかったり、うまく表現できない場合は、精神分析的カウンセリングや論理療法・行動療法的なカウンセリングになります。そのあたりは、相談者の状況により変化します。

問題点をブラッシュアップすると同時に、相談者の思考や感情を客観化・俯瞰できるような質問をいくつか投げ掛け、それに対して答えていただきます。ルーンへの問い掛けがはっきりした時点で、選択していただいたキャスティングに応じてルーンをたて、その結果をpdfファイルにまとめます。

ダウンロードしていただけばAcrobatReader等で読み、プリントアウトしていただけます。プリンタがない場合は、印刷したものを送付させていただくこともできます。このファイルをお渡しして終了となります。

最終的なルーンの結果をまとめたサンプルpdfはこちらです。

お客様のご感想はこちらです。


ご了承いただきたい事柄

 

・守秘義務は厳守させていただきます。

・カウンセラーの力量不足等で、途中でルーン・カウンセリングをお断りすることもありますので、その節はあしからずご了承ください(もちろん料金はいただきません)。

・多くの時間をかけて丁寧に見ていくために、すでにプログラムされた占いなどに比べれば料金が高めの設定になっていますが、通常の心理カウンセリングの相談料金よりは割安かと思いますので、ご了承下さい。

・期待する答え、自分に都合のいい答えだけを求めてみえる方は、おそらく期待に沿えないと思います。多くの場合、自己実現に伴うアドバイスは、耳に痛い答えになる場合が多いからです。カウンセリングは不要で、占いだけでいいと思われる方は、「決断の神託」を選んでいただくか、他の占いをあたっていただきますようお願いします。

・未来は、心の変化に応じて揺れ動き、変化します。宿命的なものでない限り、確定的な未来を予測することはできません。現在の自分自身の潜在的な心理状態、天命、本性の声を知ることが本意ですので、ルーン・カウンセリングの結果を受けどうするかは自己責任でお願いします。占者は相談者に対し一切責任を負いません。


Lutelieber (リュートリーベル)のプロフィール

ルドルフ・シュタイナーの人智学を高橋巌から、カール・グスタフ・ユングの心理学を秋山さと子から学ぶ中、ルーン文字と出会う。鏡リュウジ、ラルフ・ブラムの書で基本を学び、自分自身や友人達を占う中で10年近く経験を積んだ。また心理カウンセラーの研修も2年受けており、河合隼雄の箱庭療法にはとくに大きな影響を受けた。現在、本田健の通信講座などでライフワークや豊かさについても学びを続けている。




申し込み | お客様の声 | ルーンの本
Lutelieberの日替わりルーン(Weblog)



Copyright Office Einetrie 2005.All rights reserved.

ルーンの刻まれた金属が本革のストラップについています。このルーンはTIR(ティール)で「戦士」「勝利」を示します。恋愛でライバルに勝ちたいとき、仕事で上司を打ち負かしたいとき、弱気になった自分を克服したいとき、もちろん受験などにも最適です。前に進む強い意志を援護してくれるでしょう。別の製品ですがこういうTIRもあります。


ルーンの刻まれた金属が本革のストラップについています。このルーンはWYN(ウィン)で「喜び」を示します。ドキドキ感やわくわく感を取り戻したいとき、ノリノリでいきたいとき、いつも笑顔を絶やさずにいたいとき、現実にも、精神的にも、性的にもエネルギーが溢れてきます。私もこれを付けています。


ルーンの刻まれた天然石が本革のストラップについています。このルーンはGEOFU(ギューフ)で「贈り物」を示します。心からの贈り物は恋人や友人へのなによりの愛の表現です。これは「友愛」「利他愛」を示すルーンです。恋人同士でGEOFUストラップを持ち、互いに思いやりながら、愛を育むのに最適のルーンです。私もパートナーと婚約したとき、互いにGEOFUのルーンを使って儀式を行いました。おかげで今でもラブラブです。


ルーンの刻まれた天然石が本革のストラップについています。このルーンはUR(ウル)で「野牛」を示します。とてもパワフルなルーンです。チャンスを引き寄せ、どんな障害があっても突き破り、前へ進んでいく力を与えてくれます。反対されているカップル、とくに不倫の二人、ビッグプロジェクトに向っていくビジネスマン、起業家にもおすすめです。


ルーンの刻まれた天然石が本革のストラップについています。このルーンはYR(ユル)で「檪の木」を示します。死、そして再生を意味するルーンです。今、大きな問題を抱えている方、たとえば病気にかかった、流産してしまった、離婚を言い渡されたなど、難しい問題も、後で振り返れば「それまでの生活を精算し、よりよい人生へとシフトする」ための産みの苦しみだったとわかる時が来ます。そのような悩める人に、明るい未来を引き寄せてくれるルーンです。


ルーンの刻まれた天然石が本革のストラップについています。このルーンはEOLH(エオロー)で「鹿の角」「防御」を示します。身に覚えの無い悪意は恐ろしいものです。多くの犯罪が起こる中で、いつ自分にその矛先が向けられるかわかりません。子供さんのお守りに、ストーカーにつきまとわれている方、訴訟を起こされた方、霊に敏感な方などに最適です。また孤独で友達が欲しいという方にもオススメです。
キーワード出現頻度解析