◆◇◆◇◆◇◆ あのひとは今・・・ ◆◇◆◇◆◇◆
   
その1は、本年4月より松本大学学長に就任された住吉廣行氏です。
~皆さん彼がどんな生徒だったのか、覚えていますか…?~
       
 
あのひとは、今・・・ その1 住吉廣行さん
 
 
 
2012年 3月
(現在の住吉氏)
1964年 4月
(豊高在籍時の住吉氏)

【略歴】
 ・豊中市立熊野田小学校卒 ⇒ 豊中市立第三中学校卒
 ⇒ 大阪府立豊中高等学校卒 (1年時A組(担任:上田先生)、
 2年・3年時F組(担任:長瀬先生)、所属クラブ:WV部・顧問西岡先生と仲先生)
 ⇒ 茨城大学理学部物理学科卒⇒ 九州大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)
 ⇒ 東大原子核研究所及び宇宙線研究所研究員(専門:素粒子物理学)
 この間カリフォルニア大学バークレー校客員研究員等も 
 ⇒ 昭和61年4月松商学園短大(現松本大)の公募に応じて専任講師に就任 
 ⇒ 平成16年松本大学副学長就任 ⇒ 平成24年4月同学長就任。 
 

【松本大学のご紹介】
 ・平成14年4月に設立される。経営母体は学校法人松商学園です。
 高校野球の常連校として有名です。現在総合経営学部、人間健康学部の2学部があり、
 短期大学部(今年創立60周年を迎える)を併せて学生数は約2,000人。
 そして同大学は建学以来一貫して「地域貢献にこそ、本学の存在意義があると表明」。
 ⇒詳しくは下記の同大学ホームページをご参照ください。
  http://www.matsumoto-u.jp/about/message/index.html
 
  
【現状の暮らし】 
 ・松本市寿北で妻、長女と3人暮らし。他に長男、次男も県外に。

【趣味】
 ・ソフトボール:町内会チームでは投手を務め、市民祭では優勝したことも。
 ・(その他の趣味):昆虫(蝶々)採集、囲碁観戦、卓球

【ご本人からの同期生へのメッセージ】
 「地方の大学に着任して、進展の早い素粒子物理学を続けるのは無理だと悟った。
研究の方向を変えてみて、多くの同期の学友に出会うことが出来た。
ORでは石井博昭さん、観光では白幡洋三郎さん、大学のことでは河村洋先輩などなど。
多くの同窓生が多方面で活躍されているので、心強い限りです。
これを機会に、どこかで旧交を温めることが出来ればと思っています。
私自身は随分体重も増え、髪も薄くなり、誰だか分かってもらえないかも知れませんが・・・。」