Thanks for your visiting!


トップページへこのサイトについて掲示板メール
花京院を探る
花京院典明データ
性格分析
スタンドの特徴
花京院はなぜ死んだのか

荒木世界検証
奇妙な例え
遊び心
作風の変化について

短編を読み解く
デッドマンズQ

登場人物
キャラクター紹介
「無駄無駄」を分析

作品紹介
連載作品
短編作品

その他
編集後記
本の紹介

掲示板

Mail

Link

トピックス過去掲載分
2005年3月〜10月
2005年1月〜2月
2004年11月〜12月
2004年5月〜10月


 

トピックス 過去掲載分 2004年11月〜12月



アメフト日本一

アメリカンフットボール日本一を決める「ライスボウル」が1月3日、東京ドームで開催される。管理人は今から楽しみでしょうがないのだが残念ながらアメフトの日本での知名度はいまひとつ。恐らくルールの複雑さやポジションの多さが一般のひとの理解を妨げていると思うのだが、いったんルールを憶えてしまえれば、これほど見栄えのする競技はないのではないかと思う。ゲームの構造が理解できればアメフトが派手で戦略的で見せ場の多いスポーツだと分かるのではないだろうか。エネルギッシュでチアリーディングが盛んなのもいかにもアメリカ的だ。普段スポーツ観戦をしない人でもルールを知っている人と一緒に楽しく観ることができる様に思う。 (上は週間少年ジャンプで連載されているアメフト漫画「アイシールド21」のキャラクター達) icon by S*SPECTRE MATERIAL ROOM
【2004/12/25】


更新履歴
登場人物>>キャタクター紹介のページ、「ゴージャス☆アイリン」の項を完了。記載の予定はなかったのだが憎めないキャラだったのでオカマも追加。管理人はこのような間が抜けていて笑える脇役キャラが大好きであります。
【2004/12/21】


気になる人物
私が最近気になる人物に関川夏央(せきかわなつお)という人がいる。1949年生まれの男性、結婚せず一人で生活しており、文筆業を営んでいる。自身の生活を書いたエッセイが興味深い。世間では結婚すべき歳を過ぎても一人で暮らす理由をこう記す。「好んでひとり暮らしをするのかと聞かれたら、違うという。家庭をつくりたいのにがまんしているのかと聞かれたら、それも違うと答える。ひとりで生きるのはさびしい。しかし誰かと長くいっしょにいるのは苦しい。そういうがまんとためらいに身をまかせてあいまいに時を費やし、ただただ決断を先送りにしつづけてこうなった。つまりひとり暮らしは信念などではない。ひとり暮らしとは生活の癖に過ぎない」。

世間に生涯独身という人や、結婚生活は経験したが離婚した後はずっとひとりで暮らしているという人は思いのほか多い。彼らの人生、生涯を語るとき、なぜひとりで暮らすのかという事に話題が至ると「何かかしらの事業のためには犠牲が必要だ」と言われたり、「自分の生活を貫くため、勇気を持ってそれに臨んだのだ」という語られ方をすること多い。しかしこれは彼らの本質を掴んでいない見方だと思う。荒木飛呂彦氏の『変人偏屈列伝』もそうなのだが平均からずれた生き方をする人は別に特別な勇気とか英断ではなく、幼年期・少年期からの習慣でそれ以外の道を選ぶ術がなくて、いつのまにかそうなったと解釈する方が正しいのではないかと思うのだ。これは荒木作品を愛すればこその意見なのだが、そういった意味で私は同作の描かれ方には多少の疑問を覚える。ちょっと変わっている人物が強い信念で何かを貫いていると思った方がどうしたって格好がいいのだ。絵にもなるというものだ。だが実際は関川氏が叙述するように生活の癖が長じてそれが日常になったというのが本当のところではないだろうか。
【2004/12/19】


新コンテンツ
久しぶりの更新です。新コンテンツを作りました。荒木飛呂彦作品に登場する人物をご紹介します。

こちら>> キャタクター紹介
現在のところ表示されている人物はごく僅かですが、少しずつ数を増やして多くのキャラクターが記されるページにしたいと思います。「ジョジョの奇妙な冒険」以外にも「ゴージャス☆アイリン」や「魔少年ビーティー」、「バオー来訪者」などに登場する悪役、脇役たちも紹介してゆく予定です。
【2004/12/11】


康芳夫

奇妙な人物が揃った『変人偏屈列伝』。好きなストーリーは「ウインチェスター・ミステリー・ハウス」なのですが一番に奇妙に感じられた人物は康芳夫。彼の奇抜な発想と着想、思考には信じられないな、という思いがする一方で、(同じ日本人というせいなのか)共感できる部分もありました。ちょっと調べてみたところ、 こちらのページに経歴が詳しく載せられています。康芳夫を取り扱った出版物もある様です。
【2004/12/2】


更新履歴

その他>>本の紹介 のページを更新しました。今回紹介するのはピーター・フランクル『僕が日本を選んだ理由』です。ピーター・フランクルはハンガリー出身の数学者。11ヶ国語を話し大道芸人としても活躍。富蘭平太(ふらん・ぴーたー)という日本名も持つ。日本に定住するまで世界中の国々を渡り歩き、たくさんの人に会ってきた人で好奇心旺盛、何ごとにも情熱をもって取り組む様が何年経っても青年という印象を与える人物です。数学の研究や大道芸などいつも楽しいことに全力投球という感じがして私の憧れる人物のひとりなのであります。
【2004/11/30】


映画

TVで放映された「もののけ姫」を観ました。もののけ姫は97年に劇場で公開され私も観に行ったのですが大変な人気で立ち見でさえも画面がよく見えず、一緒に行った友人と私は人のいない場所を探して結局映画館の床に座って観たのを憶えています。当時は私はあまり面白く感じられなかったのですが時間が経って観直すと大変面白い作品だと感じました。上映当時、一部の評論家にあまり受けがよくなかったのですが、それを「もののけ姫が知識人に受けないのは、もののけ姫が娯楽ではなく芸術だからだ。知識人は芸術を嫌う」と分析した文章を後に読み(確か書いたのは高橋源一郎だったと思います)、「ああそうかも知れない」と腑に落ちる思いがしたことがこの作品に関する一番の思い出なのです。「ハウルの動く城」の上映も始まりました。
【2004/11/23】


ニュース「ドラえもんの声優交代へ」

人気テレビアニメ「ドラえもん」で、四半世紀にわたりドラえもんの声を務めてきた 大山のぶ代さんら主な役の声優5人を交代させる方向で制作側が検討に入っているそうです。慣れ親しんできた声なので寂しい限りですがなんと大山さんは68歳、他の主要キャラクターの声優の方もみな60歳代半ばを過ぎており随分長い間務めてらしたのだなと感じます。物心ついた頃から観て来た作品なので大変感慨深いのですがひとつ感じるのはこれでまた「ドラえもん」の在り方が変化するだろうなということです。原作者の藤子・F・不二雄氏が先年亡くなったときの事もよく憶えているのですが、それまでスクリーンの中で動くだけであったドラえもんが菓子の箱やスキー板など小売り商品に多く印刷される様になり妙な違和感を感じたものです。それ以前にも似たものはあったはあったのですが量は比ではなく、原作者の死から「ドラえもん」の位置付けが変わったのだとはっきり感じました。恐らく声優交代により「ドラえもん」の売り出す路線というものも大きく変化してゆくでしょうが願えば藤子・F・不二雄氏が作ったような品のいいものであってほしいと思います。声優の後任は人選中だそうです。
【2004/11/22】


科学ニュース
興味深い科学ニュースをご紹介。 睡眠不足は肥満のもとという記事について。米コロンビア大の研究チームが睡眠時間が短い人ほど太る傾向が強く、肥満の危険が増すという研究結果を発表。同チームによると「生物は食物の豊富な夏季に栄養を蓄え、冬に備える。睡眠時間が短い人の体は、夜が短い夏と同様の状態が続くので太りやすい」とのこと。ふむふむなるほど。私の印象では精力的で活動的な人ほど短時間睡眠、内にこもることを苦にしない芸術家肌の人ほど痩せていて長時間睡眠という感じを受けるのですがどうでしょうか。以前荒木飛呂彦氏が「最近、睡眠時間が少なくても済むようになった」と書いたのを読みましたが氏の体型が変化するなんてことはあったでしょうか。
【2004/11/20】


「宝の山だなここはッ!」リンク追加
長い年月が経ち著作権が消失した文芸作品を収めた電子図書館をご紹介します。小説、エッセイなど膨大な量の作品が収められており非常の量に驚かされます。文芸に興味をお持ちの方にお勧めです。
こちら>> 里実文庫  青空文庫
最近のニュース、気になること
米国パウエル国務長官が辞任へという報道を耳にし非常に驚きました。氏は政権の中で穏健派とされるだけでなく、その発言から人格者と私は感じていたので辞任は落胆とも無念とも言い切れない思いです。辞任の理由は政権内に居場所がなくなりつつあるせいだとされていますがパウエル国務長官の辞任から米国が強行一辺倒になりそうな気配が感ぜられて非常に不安に思われます。影響力の大きい国だけに大変なことになってきたなという思いがします。
【2004/11/17】


ファンタCM
pya!にファンタCM集が掲載されていたのでご紹介します。私は校長先生しか知らなかったのですがこんなに個性的な面々が揃っているとは思いもしませんでした。個人的にはドラゴン先生の授業を見つめる男子生徒2人、将軍先生の横暴に「どうすりゃいいのよ…」とつぶやく女子生徒、一学期のロスタイムに「もういやー!」と叫ぶ生徒たちが一番に笑えました。真剣な表情ほど笑いを誘うのが不思議な話です。
・関連
>>3年S組 黒ひげ先生
>>夏休みだよ!校長先生

【2004/11/12】


サイトリニューアル
サイト全体の構成を変えました。リニューアルばかりで更新がさっぱりなのも何ですがサイトの構成が気になっていました。大急ぎで作ったのでもしリンクが切れている所などありましたらお知らせください。
【2004/11/10】


スティール・ボール・ラン新刊発売

SBR3巻『2nd.STAGE アリゾナ砂漠越え』と4巻『ジャイロ・ツェペリの宿命』が同時発売。描き下ろしの表紙のイラストがカッコイイ。
【2004/11/4】

トピックス過去掲載分
2005年3月〜10月>>
2005年1月〜2月>>
2004年11月〜12月>>
2004年5月〜10月>>


画面上へ
home
Copyright(C) 2004-2005 荒木飛呂彦論 All Rights Reserved